歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【速報】マイケル・ヨン氏「連合軍は日本の圧政からアジアを救った?」「逆だろ!日本はアジア独立の母だ」

time 2017/09/08

マイケル・ヨン氏のブログからもうひとつ、最近の記事をご紹介いたします。

プロパガンダ: 日本とインドネシア対米国 第二次世界大戦 第一部 – YouTube

マイケル・ヨン氏もしだいに大東亜戦争の真相がわかりかけてきたようですね。

しかし、そうであればこそ私たち日本人もいつまでも人頼みではいられないはずです。

事実上の火元である国内の反日パヨクは私たち自身でつぶさないことには‥。

 

プロパガンダ: 日本とインドネシア対米国 第二次世界大戦 第一部 – YouTube

今日は興味深い日です。修正主義の「歴史家たち」が、あたかも連合軍が日本の支配からアジアを救ったかのような話を披露していました。

実際はその反対です:日本は西洋の悪の支配からアジアを救った(あるいは再び自ら動けるようにした)のです。中国は次の時代の問題ある帝国ですが、、、話が脇にそれるのでやめておきます。

日本は米国海軍が黒船外交で1854年にやってくるまで鎖国していました。西洋の帝国はアジア全土をくまなく蹂躙しました。日本とシャム(現在のタイ国)のみが抵抗した、タイ国はフランスと戦わなければなりませんでした。日本はその短い戦争を助けました。タイは勝利しました。
続きは元記事でお読みください→http://michaelyonjp.blogspot.jp/2017/08/youtube.html

歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

恩を仇で返すのはなぜ?

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論からは助けてくれた相手を1000年恨むその独特の思考パターンと病理が見えてきます。

メルマガ始めました!

自虐史観の嘘を暴き、反日プロパガンダを粉砕するための情報をお届けします。
※「新・真相はかうだ!」は「歴史ニンシキガー速報」の姉妹サイトです。当メルマガは両サイトにまたがる共通メルマガになります。
※当面は「新・真相はかうだ!」をはじめとする関連サイトに書き散らした記事の再利用が中心になりますが、今後はサイト上で非公開の書き下ろし記事も配信する予定です。

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

イノベーター理論

イノベーション普及理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!

知行合一

全員が真実を知った暁には、誰かが真実に反することを行おうとしてもできなくなります。政治も同じです。そうなればどんな詐欺師のような政治家であっても真実を行う以外、道はなくなるでしょう。つまり、私たちが真実を知ることは、それがそのまま社会を変える「行動」になるのです。それが知行合一ということです。


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


詭弁と火病の民 論理的な議論ができない韓国人 あの戦争を引き起こしたのはアメリカです。アメリカ人として日本人に謝罪します。

捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • 当時アジアはアメリカとヨーロッパの植民地だらけだった時点で察しろよ。

    by 匿名 €2017年9月11日 11:27 AM

  • 大層な見出しをつけてるが
    マイケル・ヨン?
    その人は国際的に影響力が有るの?

    by 匿名 €2017年9月9日 2:52 AM

  • こまけえことはどうでも良いだよ
    要は日本は侵略戦争をシたかシなかったか
    そして世界は日本が侵略戦争をやらかしたって認識でかたまってんだ
    ぶっちゃけ、今はまだグッドルーザーとしての立ち位置しか許されないんだよ

    by 匿名 €2017年9月9日 2:48 AM

  • 日本の東南アジア侵攻は確かに欧米植民地への侵略だったし、現地住民を抑圧していた植民地軍を彼ら現地住民の目の前で徹底的に叩き潰した。
    それは、単なる軍事的勝利よりも遥かに価値のある光景だったと思う。

    局地的勝利ではなく戦略的大勝だったことも大きかった。
    でも統治で躓くのは、占領軍にとって慢性病みたいなものだ。
    日本軍は苛烈な支配と搾取で、それまで数百年君臨していた欧米と同じくらい現地住民に憎まれ恐れられた。
    しかし建前とは言え、占領行政の要職に現地住民を登用したり、独立に向けた動きを援助・黙認した事は、欧米の支配下ではもっと時間がかかっていただろう。
    まあ、フィリピンは他の植民地とは民族/自治意識レベルが二桁ほど違うから、フィリピン侵攻だけはガチで侵略戦争であるが……

    by 匿名 €2017年9月8日 10:50 PM

    • 建前なものか。
      当時は民間のアジア主義者が大きな影響力を持ち国民人気も高かったから政府・軍がそれに便乗した。アジア解放は国民主導。
      建前なら敗戦後も多数の軍人がアジアに留まり白人と戦った説明がつかないだろ。

      それと、外人の前では絶対に「アジア解放は建前、結果論」だの言うな。
      嬉々としてどっちもどっち論を使い白人の侵略と日本の戦争をクソミソにしてくるぞ。
      日本人の、1割でも悪い事したら謝罪する潔癖症・譲歩癖が外人と討論する際の足手まといになる。
      外人は正義が3割・悪が7割でも絶対正義を主張してくるぞ。
      外人にとっては歴史議論も商談も同じ。
      ちょっとでも相手が弱みを見せたら徹底攻撃して譲歩させ無茶な主張を通す。

      by 匿名 €2017年9月10日 2:35 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

Facebookで最新情報をお届けします

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttps://hakkou-ichiu.com/feed/です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。