North Korea warns of possible strike on Guam
北朝鮮がグアムへの攻撃を警告

北朝鮮がグアムへの攻撃を検討しているというニュースが飛び込んできました。それを報じるアメリカのニュース番組についたコメントをご紹介します。

●日本に憲法9条を破棄するようアメリカが圧力をかければいんじゃね? そうすりゃ中国も交渉のテーブルに座り直すと思うぜ。どうだいい考えだろ?

●アメリカは北朝鮮が何を考えているか、すべてお見通しだよ。仮にミサイルが飛んできても即撃ち落とせる体制ができている。お前ら何を言ってもかまわんが、アメリカの威信を貶めるようなことだけは言わないでくれよな。

●そんなことさせてなるもんか! みんな、俺と一緒に戦おうぜ!

●トランプ大統領がそうはさせないわ。

●やったろうじゃねえか。北朝鮮へ行って、あのまぬけなヘアスタイルの男をぶっ殺してやる。

●もしアメリカが攻撃してきたら、われわれはお前らを叩きのめす。金正恩万歳!

泥に突っ伏して死んでほしい‥。

お前らはアフガニスタンでムスリムに打ち負かされた。イラクではローブ姿のやさ男たちにやられた。ベトナムではチビの黄色人種に負けた。次の相手はわれわれ北朝鮮だ! われわれは70年間このために準備をしてきた。お前らの首と胴体を切り離してやる!

●これは戦争屋どものプロパガンダだよ。これは新たな「奴らは大量破壊兵器を持っている作戦」だ。目を覚ませ!

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

●理想的には、そして可能であれば金正恩と首脳部を取り除く必要があるな。北朝鮮を草木一本生えない荒れ地にするのが一番手っ取り早いんじゃないか?

●グアム攻撃はありえないと思うよ。きっとただの脅しだよ。考えてもみろよ。仮に戦争を始めたとして、グアム攻撃にいったいどんな戦略的価値があるんだ?

●北朝鮮はグアム攻撃を肩ならしのようなものとして考えてるんじゃないか? 自分たちの攻撃力が実際どれくらいなのかを確かめるための実験台としてグアムに白羽の矢が立ったんだと思うよ。

●グアムは世界最大の軍事基地だ。ばかなことを言ってないで宿題でもしてな。

●北朝鮮はアメリカとオーストラリアに何百発ものICBMを打ち込むかもな。

●グアムはアメリカのものだ。

●よしかかってこい、デブ。一発でお前らを灰にしてやるからな。

●おい、この太っちょ、まずお前が最初に死ね。

●仮に北朝鮮がグアムを攻撃し、戦争へとエスカレートした場合、それはかなり一方的な戦いになるだろう。北朝鮮の味方は中国とロシアの二カ国しかない。一方、他の周辺諸国はみなアメリカ側につくはずだ。したがってこれはただの脅しとしか思えない。

●やってみろよ、こら。トランプはもう堪忍袋の緒を切らしたぞ。

 


管理人後記

あるいはこれ、裏でアメリカがお膳立てしていたりして‥。「リメンバーグアム」を口実に開戦するとか?

ちょうど太平洋戦争の際、日本に真珠湾を攻撃するよう仕向けたように‥。

開戦間近? 「リメンバーグアム」から始まる米朝戦争

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


3 thoughts on “【速報】「リメンバーグアム」のはじまりか? 北朝鮮がグアム攻撃を警告”

  1. でも、アメリカ陣営は大黒柱のアメリカが倒れたらじ・えんどだけど
    あちらさんは
    北・中国・ロシアの三番柱だからなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。