南京虐殺は中国軍の蛮行のミラーイメージだ!

日本軍による南京虐殺など真っ赤な嘘です。それどころか、一般の中国人に対して蛮行を働いていたのはむしろ中国軍の方でした。

南京事件の前後、中国軍はいったい何をしていたのでしょうか? じつは彼らこそが掠奪、殺人、強姦を含む非道な残虐行為を働いていたのです。

いまの中国人が非難しているのは現実の日本軍ではありません。そこに映し出された自国軍のミラーイメージです。じつのところ、中国人たちは鏡に映し出された自分たち自身の姿に怒りをぶつけているだけなのです。

そのミラーイメージのもとになった中国軍のおぞましい行状を、左翼勢力によって長い間隠蔽されてきたその歴史の裏側を5回にわたるシリーズで白日の下にさらします。

第一回 漢奸狩り
第二回 支那軍の実態
第三回 督戦隊による非人道的行為 
第四回 安全区内での中国兵による犯罪 
第五回 通州事件 ←今ココ

「南京事件」の前後、中国軍が行っていた悪行のまとめ その五、通州事件

本日7月29日は、ちょうど80年前の今日、日中戦争を不可避にしたといわれる通州事件が発生した日です。

通州事件とは?

通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年7月29日に中国の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊に所属する中国人部隊が日本軍守備隊および特務機関を襲撃し、同時に在留日本人223名を惨殺した事件です。その殺害方法がきわめてむごたらしく猟奇的だったことから日本人の対中感情の悪化はピークに達し、国内世論も「支那討つべし!」の一色に塗りつぶされたと伝えられています。盧溝橋事件後に発生した中国側による度重なる挑発事件と相まって日中戦争を不可避にさせた事件といわれています。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

駆けつけた日本軍救援部隊

新聞記事

東京日日新聞
「通州で邦人避難民三百名殆ど虐殺さる/半島邦人二百名も気遣はる」
「通州の事態 憂慮消えず」「惨たる通州叛乱の真相 鬼畜も及ばぬ残虐極まる暴行」

東京朝日新聞
「掠奪!銃殺!通州兵変の戦慄/麻縄で邦人数珠繋ぎ/百鬼血に狂ふ銃殺傷」
「ああ何といふ暴虐酸鼻、我が光輝ある大和民族史上いまだ曽てこれほどの侮辱を与へられたることがあるだらうか。悪虐支那兵の獣の如き暴虐は到底最後迄聴くに堪へぬ……恨みの七月二十九日を忘れるな」
「痛恨断腸の血 衂られた通州」「惨!痛恨の通州暴虐の跡」

アメリカ人記者が報道した通州事件

当時中国を取材していたアメリカ人ジャーナリストフレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズは1938年11月にBehind the News in Chinaを刊行し以下のように報道しています

検閲回避のためご面倒ですが、続きはこちらでお読みください→

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


4 thoughts on “【拡散希望】「南京虐殺」説の裏に隠された中国軍の蛮行 その5 通州事件(閲覧注意!)”

  1. 【毎週のように日本で起こる中国人が関与している殺人事件 しかし中国政府が二回もコメントを出すのは異例 この売春婦は重要人物だったのか!?】

    横浜中国人姉妹風俗嬢死体遺棄事件のきな臭い話 
    まあ某記事の一部だけ貼る 関連の組織の事はかなり濁してある、まあ興味がある奴は探してみるといい

    「宝蘭さんは専門学校に席を置く一方で、横浜市中区の福富町から伊勢佐木町に点在する風俗店で働き、現在は、いわゆる連れ出しクラブに在籍していたという。最近では宝珍さんのほうも時折、店に顔を出していたようで、中略~~~~~不法滞在で御用になった』との情報が同業者間で駆け巡ったほどなのです」
    客は主に中国人で本国から来るかなり幹部クラスの~~~~~~や国内にいる~~~~~~などで中略
    略~~不法就労を続けた上に在留期間を引き延ばすために留年をしていたふしがある。その発覚を恐れていた彼女が、3月に専門学校を卒業後に偽装結婚の斡旋を依頼した~~~~~

    不確定情報「第三者に依頼されてスーツケースを捨てに行った」遺体が入っていた認識を確認中
    複数の風俗店に在籍、風営法未許可のもぐりの店にも勤務、横浜界隈ではタブーとして語られない事件

  2. 横浜で殺された売春婦姉妹は福建省、北海道で行方不明の自称教師の中国人も福建省!偶然か!?

    中国人が短期の旅行で来て売春、留学生も売春、中国人が雇用、客は中国人と外人
    (日本人だと顔尾覚えられて逮捕される可能性があるのと日本人は中国人売春婦が嫌いだから)

    東京・渋谷区で、就労ビザを持たない中国人女性を100名以上雇い、外国人客に性的サービスをさせていた風俗店が摘発され、経営者が入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで逮捕された。同店は、2008年から現在までに、約5億円を売り上げていたという。
     しかし、同様の風俗店は、ほかにも複数存在しているようだ。風俗事情に詳しいジャーナリストは話す。

    「経営者も風俗嬢も客も外国人という、日本人には知られざる風俗店が、都内にいくつも存在します。全員外国人のため、警察の捜査の手が及びにくいことが特徴です。池袋には、中国人客専用の本番風俗店が存在しています。経営者は中国人で、入店するためには、中国人であることと、会員の紹介を受けることが条件。店内ではオープンシートのネットカフェのような座席に数十人の女性が座っており、会員はその中から気に入った女性を指名し、2万円を料金として店に払い、一緒にホテルに向かうという手順です。そこで働く女性は、留学ビザか短期滞在ビザで日本に滞在している中国人。特に、短期滞在ビザで入国している女性の中には、中国に子どもを残して出稼ぎに来ているケースも多い」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。