【拡散希望】「南京虐殺」説の裏に隠された中国軍の蛮行 その5 通州事件(閲覧注意!)

【拡散希望】「南京虐殺」説の裏に隠された中国軍の蛮行 その5 通州事件(閲覧注意!)

南京虐殺は中国軍の蛮行のミラーイメージだ!

日本軍による南京虐殺など真っ赤な嘘です。それどころか、一般の中国人に対して蛮行を働いていたのはむしろ中国軍の方でした。

南京事件の前後、中国軍はいったい何をしていたのでしょうか? じつは彼らこそが掠奪、殺人、強姦を含む非道な残虐行為を働いていたのです。

いまの中国人が非難しているのは現実の日本軍ではありません。そこに映し出された自国軍のミラーイメージです。じつのところ、中国人たちは鏡に映し出された自分たち自身の姿に怒りをぶつけているだけなのです。

そのミラーイメージのもとになった中国軍のおぞましい行状を、左翼勢力によって長い間隠蔽されてきたその歴史の裏側を5回にわたるシリーズで白日の下にさらします。

第一回 漢奸狩り
第二回 支那軍の実態
第三回 督戦隊による非人道的行為 
第四回 安全区内での中国兵による犯罪 
第五回 通州事件 ←今ココ

「南京事件」の前後、中国軍が行っていた悪行のまとめ その五、通州事件

本日7月29日は、ちょうど80年前の今日、日中戦争を不可避にしたといわれる通州事件が発生した日です。

通州事件とは?

通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年7月29日に中国の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊に所属する中国人部隊が日本軍守備隊および特務機関を襲撃し、同時に在留日本人223名を惨殺した事件です。その殺害方法がきわめてむごたらしく猟奇的だったことから日本人の対中感情の悪化はピークに達し、国内世論も「支那討つべし!」の一色に塗りつぶされたと伝えられています。盧溝橋事件後に発生した中国側による度重なる挑発事件と相まって日中戦争を不可避にさせた事件といわれています。

駆けつけた日本軍救援部隊

新聞記事

東京日日新聞
「通州で邦人避難民三百名殆ど虐殺さる/半島邦人二百名も気遣はる」
「通州の事態 憂慮消えず」「惨たる通州叛乱の真相 鬼畜も及ばぬ残虐極まる暴行」

東京朝日新聞
「掠奪!銃殺!通州兵変の戦慄/麻縄で邦人数珠繋ぎ/百鬼血に狂ふ銃殺傷」
「ああ何といふ暴虐酸鼻、我が光輝ある大和民族史上いまだ曽てこれほどの侮辱を与へられたることがあるだらうか。悪虐支那兵の獣の如き暴虐は到底最後迄聴くに堪へぬ……恨みの七月二十九日を忘れるな」
「痛恨断腸の血 衂られた通州」「惨!痛恨の通州暴虐の跡」

アメリカ人記者が報道した通州事件

当時中国を取材していたアメリカ人ジャーナリストフレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズは1938年11月にBehind the News in Chinaを刊行し以下のように報道しています

検閲回避のためご面倒ですが、続きはこちらでお読みください→

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

中国共産党カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。