歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

「南京大虐殺の嘘」を証明する第一級の資料だ!日本軍入城直後の南京市内を映した記録映画が発見される。

time 2016/04/16

日本軍入城直後の南京市内を映した幻の記録映画に対する海外の反応

戦線後方記録映画「南京」 1938年東宝文化映画部作品.avi

今回取り上げたのは占領直後の南京城内外の様子を撮影した日本の記録映画です。長年、空襲で焼失したものとされていた幻のフィルムでしたが、1995年に北京で発見されたものだそうです。

日本兵が通るすぐ横で爆竹を鳴らして遊ぶ笑顔の子供たちなど、いわゆる南京虐殺が本当にあったとしたらとうていありえないような平和で穏やかな光景が記録されています。

そこについていたコメント(外国語および日本語コメント)の中からいくつかピックアップしてご紹介いたします。

なお上記の北京版には欠落があり、2014年にその欠落部分が発見されたそうです。下はその欠落部分を補った完全版です。

戦線後方記録 映画「南京」 完全版 70分

 

 

【以下、コメント】
●大日本帝国の皇軍は邪悪な蒋介石政権の首都南京を攻略した。国民党土匪軍に捕らえられていた20万の南京市民を解放した。


●日本鬼子

●でたらめ言うな!これは日本側が撮影した映像だ。信憑性はまったくない。(なりすまし日本人)

 

●これはプロパガンダ映画だ。この裏では何十万人も殺されていた。(なりすまし日本人)

 

●日本人を騙る支那工作員がいるな。

 

●すぐ隣で大虐殺が進行中だったとしたら、軍人が通るそばで子供が爆竹投げて遊ぶなんて無理だろ。

 

●こんな平和な光景の裏で大虐殺が起こっていただと?

 

●虐殺を隠すために作ったプロパガンダ映画だ。(なりすまし日本人)

●これの英語版はないの?


興味をもってくれてありがとう。「precious film of soon after the Fall of Nanking」という英語版の動画があるよ。

 

●心温まる映像だ。松井石根将軍が子供と一緒にいる映像をもっとみてみたい。

 

●爆竹で新年を祝っている子供たちがとっても可愛い。

 

続きはこちらでお読みください。→https://note.mu/propagandawar/n/n30a4c0ff9638
有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。

また本サイトの記事は下の「歴史ニンシキガー速報電子書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたいと思います。

なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

kindle本

コメント

  • こちらも併せてどうぞ
    【米中韓の歴史捏造プロパガンダに対抗するツール「ひと目でわかる『日の丸で歓迎されていた』日本軍」を、著者・水間政憲が徹底解説】
    https://m.youtube.com/watch?v=IJv_2rlLe_U

    by 匿名 €2015年4月21日 5:28 AM

    • 人目でわかるなんて主張する奴は大抵の場合、大嘘。

      by 匿名 €2017年3月4日 1:32 AM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

Facebookで最新情報をお届けします

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttps://hakkou-ichiu.com/feed/です。

Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。