歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

「南京大虐殺の嘘」を証明する第一級の資料だ!日本軍入城直後の南京市内を映した記録映画が発見される。

time 2016/04/16

広告

日本軍入城直後の南京市内を映した幻の記録映画に対する海外の反応

戦線後方記録映画「南京」 1938年東宝文化映画部作品.avi

今回取り上げたのは占領直後の南京城内外の様子を撮影した日本の記録映画です。長年、空襲で焼失したものとされていた幻のフィルムでしたが、1995年に北京で発見されたものだそうです。

日本兵が通るすぐ横で爆竹を鳴らして遊ぶ笑顔の子供たちなど、いわゆる南京虐殺が本当にあったとしたらとうていありえないような平和で穏やかな光景が記録されています。

そこについていたコメント(外国語および日本語コメント)の中からいくつかピックアップしてご紹介いたします。

なお上記の北京版には欠落があり、2014年にその欠落部分が発見されたそうです。下はその欠落部分を補った完全版です。

戦線後方記録 映画「南京」 完全版 70分

 

 

【以下、コメント】
●大日本帝国の皇軍は邪悪な蒋介石政権の首都南京を攻略した。国民党土匪軍に捕らえられていた20万の南京市民を解放した。


●日本鬼子

●でたらめ言うな!これは日本側が撮影した映像だ。信憑性はまったくない。(なりすまし日本人)

広告

 

●これはプロパガンダ映画だ。この裏では何十万人も殺されていた。(なりすまし日本人)

 

●日本人を騙る支那工作員がいるな。

 

●すぐ隣で大虐殺が進行中だったとしたら、軍人が通るそばで子供が爆竹投げて遊ぶなんて無理だろ。

 

●こんな平和な光景の裏で大虐殺が起こっていただと?

 

●虐殺を隠すために作ったプロパガンダ映画だ。(なりすまし日本人)

●これの英語版はないの?


興味をもってくれてありがとう。「precious film of soon after the Fall of Nanking」という英語版の動画があるよ。

 

●心温まる映像だ。松井石根将軍が子供と一緒にいる映像をもっとみてみたい。

 

●爆竹で新年を祝っている子供たちがとっても可愛い。

 

続きはこちらでお読みください。→https://note.mu/propagandawar/n/n30a4c0ff9638
有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

広告

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

広告

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


スポンサー
スポンサー

コメント

  • こちらも併せてどうぞ
    【米中韓の歴史捏造プロパガンダに対抗するツール「ひと目でわかる『日の丸で歓迎されていた』日本軍」を、著者・水間政憲が徹底解説】
    https://m.youtube.com/watch?v=IJv_2rlLe_U

    by 匿名 €2015年4月21日 5:28 AM

    • 人目でわかるなんて主張する奴は大抵の場合、大嘘。

      by 匿名 €2017年3月4日 1:32 AM

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

※最近、弊サイトのコンテンツをYouTubeなどで拡散してくださる方が多いのには感謝しています。しかしながら、上記の「お願い」を無視してリンクも張らず、出所も明記しないまま公開している人もなかには見受けられるようです。著作権がどうのと面倒なことを言うつもりはありませんが、社会人として最低限のマナーだけは守っていただけるよう切にお願い申し上げる次第です。

スポンサー