『首都各界抗敵後援会』発行の市民への警告ポスター

南京虐殺は中国軍の蛮行のミラーイメージだ!

いわゆる南京虐殺なるものは真っ赤な嘘です。日本軍が南京市民に対して組織的な大虐○を行ったなどという事実はありません。事実はむしろ逆です。当時、中国人に対して残虐行為を働いていたのは他ならぬ中国軍の方でした。

その当時、中国軍はいったい何をしていたのでしょうか? じつは彼らこそが大虐○を働いていたのです。南京戦の前後、とくに上海から南京への敗走途中、沿道の住民に対して掠奪、○人、強○をほしいままにしていたのは日本軍ではなく中国軍だったのです。

いまの中国人が非難しているのは現実の日本軍ではありません。日本軍に投影された自国軍のミラーイメージです。要するに中国人は鏡に映った自分の姿に怒りをぶつけているだけなのです。

そのミラーイメージのもとになった中国軍のおぞましい行状を、左翼勢力によって長い間隠蔽されてきたその歴史の裏面を、これから五回にわたり暴き、白日の下にさらしていきます。

五回シリーズ「南京虐殺」の裏に隠された中国軍の蛮行

その1 漢奸狩り ←今ココ
その2 支那兵の正体
その3 督戦隊による残虐行為
その4 安全区内での中国兵による犯罪
その5 通州事件

第一回目の今回は、漢奸狩りを取り上げます。

「南京事件」の前後、中国軍が行っていた蛮行のまとめ その1 漢奸狩り

 

検閲回避のためお手数ですが、続きはこちらでお読みください→

 

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

One thought on “【拡散希望】「南京虐殺」という捏造話が隠蔽する中国軍の蛮行 その1 漢奸狩り”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。