『首都各界抗敵後援会』発行の市民への警告ポスター

南京虐殺は中国軍の蛮行のミラーイメージだ!

いわゆる南京虐殺なるものは真っ赤な嘘です。日本軍が南京市民に対して組織的な大虐○を行ったなどという事実はありません。事実はむしろ逆です。当時、中国人に対して残虐行為を働いていたのは他ならぬ中国軍の方でした。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

その当時、中国軍はいったい何をしていたのでしょうか? じつは彼らこそが大虐○を働いていたのです。南京戦の前後、とくに上海から南京への敗走途中、沿道の住民に対して掠奪、○人、強○をほしいままにしていたのは日本軍ではなく中国軍だったのです。

いまの中国人が非難しているのは現実の日本軍ではありません。日本軍に投影された自国軍のミラーイメージです。要するに中国人は鏡に映った自分の姿に怒りをぶつけているだけなのです。

そのミラーイメージのもとになった中国軍のおぞましい行状を、左翼勢力によって長い間隠蔽されてきたその歴史の裏面を、これから五回にわたり暴き、白日の下にさらしていきます。

五回シリーズ「南京虐殺」の裏に隠された中国軍の蛮行

その1 漢奸狩り ←今ココ
その2 支那兵の正体
その3 督戦隊による残虐行為
その4 安全区内での中国兵による犯罪
その5 通州事件

第一回目の今回は、漢奸狩りを取り上げます。

「南京事件」の前後、中国軍が行っていた蛮行のまとめ その1 漢奸狩り

 

検閲回避のためお手数ですが、続きはこちらでお読みください→

 

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


One thought on “【拡散希望】「南京虐殺」という捏造話が隠蔽する中国軍の蛮行 その1 漢奸狩り”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。