台湾で日本統治時代のこま犬が壊されたようです。しかも犯人は先日、日本人技師八田與一像を壊したのと同一人物とのこと。これは中共による文化破壊工作の一環とみるべきでしょう。

歴史ねつ造をふくむ文化破壊工作は、現代戦の一形態とみるべきです。武力を用いず、敵を意のままにコントロールできるのですから‥。そして中共がいまもっとも力を入れているのが、そのような「超限戦」であることを忘れてはなりません。

超限戦 21世紀の「新しい戦争」

中古価格
¥28,473から
(2017/5/29 15:07時点)

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

もちろんこの日本にもその魔の手はすでに忍び寄っているはずです。

おそらく皇室にも‥。

(産経ニュースより転載)

日本統治時代のこま犬壊す 八田與一氏像損壊の元台北市議

http://www.sankei.com/world/news/170529/wor1705290034-n1.html

29日付の台湾紙、自由時報などによると、28日夜、台北市内の小学校にある日本統治時代のこま犬の石像が壊された。4月に台南市で日本統治時代の日本人技師八田與一の銅像を壊した李承竜元台北市議と仲間の女性が、フェイスブックに壊す様子を掲載した。警察が2人を拘束して調べている。

壊されたのは台北市北部の逸仙小学校入り口の両脇にあるこま犬2体。同小はかつて「北投神社」のあった場所に建てられており、神社時代から約100年の歴史があるこま犬は児童の安全を守る「鎮守のこま犬」として大切にされていたという。

2人は警察の調べに対し、こま犬は日本文化を代表するものだとして、ハンマーでたたいて壊したとしている。石像は前足の部分がなくなっていた。

台湾と中国との統一を目指す政党、中華統一促進党に所属する2人は八田銅像を壊し、器物損壊容疑で今月11日に書類送検されていた。(共同)

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


4 thoughts on “【速報】台湾で日本統治時代のこま犬が壊される”

  1. 親日国と言われている国の人間になりすまし、あたかも友好関係ではないように工作活動をする。
    子供のような承認欲求を持った中国人の常套手段。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。