慰安婦「連行」文書提出 公文書館、内閣官房に

https://this.kiji.is/226439326585487363

国立公文書館が内閣官房に提出した公文書の中に「日本海軍のインドネシアの特別警察隊元隊長が戦後、法務省関係者に「200人くらいの婦女を慰安婦として奥山部隊の命によりバリ島に連れ込んだ」と証言した記述があったとのことです。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

 旧日本軍の従軍慰安婦問題で、国立公文書館が新たに関連する公文書19件182点を内閣官房に提出したことが17日、分かった。専門家は「軍の関与と強制連行を示す記述が随所にある」と指摘。一方、内閣官房は取材に「強制連行を示す記述は見当たらないという政府認識は変わらない」としている。

19件は、法務省がまとめた戦後の東京裁判やBC級戦犯裁判の記録。このうち「バタビア裁判25号事件」資料には、日本海軍のインドネシアの特別警察隊元隊長が戦後、法務省関係者に「200人くらいの婦女を慰安婦として奥山部隊の命によりバリ島に連れ込んだ」と証言した記述があった。

敗残兵やその部隊全部が匪賊化することはよくあることです。しかしそうした末端の規律の乱れをもって日本軍もしくは日本政府が組織的に婦女子を誘拐していたと非難するのは論理の飛躍ですし、比較対象となる「土俵」の意図的なすり替えだと思います。

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


14 thoughts on “【速報】公文書に「200人くらいの婦女を慰安婦として連行した」という記述が発見される”

    1. 従軍じゃなくて、軍が移送の便宜を図っただけだろ。
      「従軍」てのは軍の組織図の中に配置されるってことだからそんな簡単なものじゃない。
      従軍医師や従軍看護婦、従軍記者、従軍僧侶なんてのはちゃんと軍の管理下で軍の命令に従う存在。
      従軍の売春婦ってのは実在しない。

  1. 賃金発生していたんだから、ただの売○婦。
    ようするに、売○婦を連れてったって事。

    韓国人中国人の主張するイアンプは、強制労働、強制連行、性奴隷。
    大黒柱として高級イアンプ希望する人が多かったのは事実だし、
    実際に銀行を使用していて給料明細書も見つかっているから奴隷でもない。
    自分で来て、自分で働いているし、客取る時に断ってもいいル-ルもあったから強制じゃない。
    更に、軍艦島で働いていた韓国人イアンプは「ザイニチ韓国人」専用。
    あの時、日本軍には韓国人が多かったから韓国人イアンプは韓国人が利用していたと考えるのが妥当じゃない?

  2. 速報】公文書に「200人くらいの婦女を慰安婦として連行した」という記述が発見される

    ↑タイトルが釣りすぎる。この記述はかなり前から確認されてるし(4年前だったかな)、内容に軍部が「強制的に連行し慰安婦にしろ」などの指令書は確認されていない。オランダが行った裁判の証言のみだ。

  3. こんなので騒ぐのは一体なんの専門家でしょう?
    韓国の専門家か、民進、共産の専門家ですね。わかります。

  4. 連行で「強制」とは断定出来ない。金銭の受け渡し以降、自らの意思で慰安婦達が同行した可能性が高いだろう。こんな文書は何の法的根拠にもならない。

  5. TOYOTAだって200人以上の従業員をアメリカに連れ込んでるぞ
    ただの派遣だろ
    そもそも朝鮮人慰安婦とは書いてないじゃん
    慰安婦の半数以上は日本人やし
    もっとも朝鮮人も当時は日本人やったけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。