生活保護と住民税免除を要求して長田区役所に押しかける朝鮮人(1950年11月27日)

 

朝鮮半島がこういう状況でもありますので、この際、こうした動画に目を通しておくのもいいかもしれません‥。

以下、動画説明文から重要な部分を抜粋します。

→在日韓国人の犯罪発生率が日本人の十数倍に上ること、犯罪者や密入国した韓国人の送還を韓国政府が受け入れないこと、摘発された密入国者を日本国内へ解放するよう韓国政府から要求されるなどの治安上の問題や、在日韓国・朝鮮人をとりまく生活保護費の予算捻出に苦慮していた日本政府は、このキャンペーンに応じた。

→韓国はこれを「北送」と呼んで非難し、韓国居留民団は「北送事業」への反対運動を展開した。韓国政府は日本に工作員を送り込み、テロ活動によって帰還事業の阻止を図った(新潟日赤センター爆破未遂事件)。また、「在日韓国・朝鮮人は強制連行された人々である」と主張するようになった。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

→日朝間を頻繁に行き来する帰国船は、北朝鮮による朝鮮総連への指導・連絡や日本・韓国への工作員送り込みにも利用された。

あれ、君たち帰国しなかったの? 1959 在日朝鮮人帰国事業 (1)

あれ、君たち帰国しなかったの? 1959 在日朝鮮人帰国事業 (2)

北朝鮮帰国事業のプロパガンダ映画 『千里馬』

【解説文】
北朝鮮帰国事業の運動を盛り上げるために制作された映画『千里馬』。
どうやって在日朝鮮人を騙して9万3千人を地獄送りにしたのかが良く分かる映画。
後半には在日朝鮮人を使って嘘の宣伝に利用しているのがありえない。

北朝鮮が「地上の楽園」は大嘘・・地獄だったと朝鮮総連を訴える

【解説文】
在日朝鮮人の帰国事業で、朝鮮総連に「地上の楽園」と騙され北朝鮮に帰ったら・・

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


One thought on “【北朝鮮帰国事業】秘蔵映像で知る在日朝鮮人の戦後史”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。