歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【北朝鮮帰国事業】秘蔵映像で知る在日朝鮮人の戦後史

time 2017/04/17

生活保護と住民税免除を要求して長田区役所に押しかける朝鮮人(1950年11月27日)

 

朝鮮半島がこういう状況でもありますので、この際、こうした動画に目を通しておくのもいいかもしれません‥。

以下、動画説明文から重要な部分を抜粋します。

→在日韓国人の犯罪発生率が日本人の十数倍に上ること、犯罪者や密入国した韓国人の送還を韓国政府が受け入れないこと、摘発された密入国者を日本国内へ解放するよう韓国政府から要求されるなどの治安上の問題や、在日韓国・朝鮮人をとりまく生活保護費の予算捻出に苦慮していた日本政府は、このキャンペーンに応じた。

→韓国はこれを「北送」と呼んで非難し、韓国居留民団は「北送事業」への反対運動を展開した。韓国政府は日本に工作員を送り込み、テロ活動によって帰還事業の阻止を図った(新潟日赤センター爆破未遂事件)。また、「在日韓国・朝鮮人は強制連行された人々である」と主張するようになった。

→日朝間を頻繁に行き来する帰国船は、北朝鮮による朝鮮総連への指導・連絡や日本・韓国への工作員送り込みにも利用された。

あれ、君たち帰国しなかったの? 1959 在日朝鮮人帰国事業 (1)

あれ、君たち帰国しなかったの? 1959 在日朝鮮人帰国事業 (2)

北朝鮮帰国事業のプロパガンダ映画 『千里馬』

【解説文】
北朝鮮帰国事業の運動を盛り上げるために制作された映画『千里馬』。
どうやって在日朝鮮人を騙して9万3千人を地獄送りにしたのかが良く分かる映画。
後半には在日朝鮮人を使って嘘の宣伝に利用しているのがありえない。

北朝鮮が「地上の楽園」は大嘘・・地獄だったと朝鮮総連を訴える

【解説文】
在日朝鮮人の帰国事業で、朝鮮総連に「地上の楽園」と騙され北朝鮮に帰ったら・・

歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

恩を仇で返すのはなぜ?

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論からは助けてくれた相手を1000年恨むその独特の思考パターンと病理が見えてきます。

メルマガ始めました!

自虐史観の嘘を暴き、反日プロパガンダを粉砕するための情報をお届けします。
※「新・真相はかうだ!」は「歴史ニンシキガー速報」の姉妹サイトです。当メルマガは両サイトにまたがる共通メルマガになります。
※当面は「新・真相はかうだ!」をはじめとする関連サイトに書き散らした記事の再利用が中心になりますが、今後はサイト上で非公開の書き下ろし記事も配信する予定です。

歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

イノベーター理論

イノベーション普及理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!

知行合一

全員が真実を知った暁には、誰かが真実に反することを行おうとしてもできなくなります。政治も同じです。そうなればどんな詐欺師のような政治家であっても真実を行う以外、道はなくなるでしょう。つまり、私たちが真実を知ることは、それがそのまま社会を変える「行動」になるのです。それが知行合一ということです。


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


詭弁と火病の民 論理的な議論ができない韓国人 あの戦争を引き起こしたのはアメリカです。アメリカ人として日本人に謝罪します。

捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

  • 死者の楽園

    by 匿名 €2017年4月17日 11:06 AM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

Facebookで最新情報をお届けします

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttps://hakkou-ichiu.com/feed/です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。