今回ご紹介するのは私が以前、YouTube上で論戦を繰り広げていた際に何度か受け取った脅迫メールです。

いまはもうありませんが、数年前までYouTubeには発言者同士で直接メッセージのやりとりができるプライベートメッセージ機能があり、これはその機能を通して見ず知らずの人物から複数回にわたって送られてきたものです。

(1)送信元が複数であること、(2)恐怖をかきたてる上でよく計算された感覚的な表現であること、(3)似たような文面のメッセージをもらったという海外の人の証言があることなどからすると、単独の人物による衝動的な犯行というより、何らかの組織的な関与があるとみた方がよさそうです。

またそのうち一人の差出人名である「Fewafewafaew Gwaefawe」という綴りからは中国系の人物の関与が疑われます。

ネット上で歴史戦を戦う人の間では以前から指摘されていたことですが、この世界には「歴史の真実」が表に出ないよう監視し、工作を行う何らかの組織があると考えた方がやはりよいのかもしれません。

以下、脅迫メールの文面とその訳文です。

(その1)
Die painfully okay? Prefearbly by getting crushed to death in a
garbage compactor, by getting your face cut to ribbons with a
pocketknife, your head cracked open with a baseball bat, your stomach
sliced open and your entrails spilled out, and your eyeballs ripped
out of their sockets.

I really hope that you get curb-stomped. It’d be hilarious to see you
begging for help, and then someone stomps on the back of your head,
leaving you to die in horrible, agonizing pain. Faggot

Shut the fuck up f aggot, before you get your face bashed in and cut
to ribbons, and your throat slit.

You’re dead if I ever meet you in real life, f ucker. I’ll f ucking
kill you.

I would love to f ucking send your f ucking useless ass to the
hospital in intensive care, fighting for your worthless life.

(訳文)
苦しんで死にたいか? いいだろう。お前の体を切り刻んでゴミ箱に捨ててやるよ。お前の顔をポケットナイフでリボンのように細切れに切り刻んでやるよ。野球のバットで頭をかち割ってやる。胃袋を切り開いて内臓を引きずり出してやる。目玉をえぐりとってやる。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

俺は本当にあんたを地面に叩き付けて踏みつぶしてやりたいんだよ。助けを乞うお前の姿を見るのはいい気分だ。だけど誰も助けてくれやしないぜ。それどころか、また別の奴に頭を踏みつけられるだろう。そうしてそのままお前は恐怖の中で死んでいくんだ。苦しみもがきながらな。いい気味だぜ、このオカマ野郎め!

よけいな口を叩くんじゃない! このホモ野郎が! 現実世界で会った時は、殺してやるからな。顔をぶん殴り、細切れに切り刻んだ上、喉を切り裂いてやる!

お前のような何の役にも立たないゴクツブシは、俺が病院送りにしてやるよ。集中治療室でせいぜい苦しむがいい。

(その2)
fucking cunt
Isn’t the internet great. It allows shitheads like yourself to say shit that would, in real life
get your head cracked open.Hopefully you’ll suffer the same fate fucking cunt.
Please turn to the loaded gun in your drawer, put it in your mouth, and pull the trigger,
blowing your brains out. You’ll be doing the whole world a favor. Shitbag.
I would love to smash your face in until it no longer resembled anything human, faggot.

(訳文)
このくそったれが!
インターネットってのはいいものだろ? お前のそのたわごとを世界に発信できるんだからな‥。だけどな、現実世界では気をつけろ。あんたのその頭、そのうちかち割られるからな。それと引き出しの中に拳銃があるだろ? 弾丸を装填し、それを口にくわえるんだ。そして引き金を引くんだ。あんたの脳みそがバアーッて弾け飛ぶぞ。そしたらあんた、自由になれるぞ。な、そうだろ?
俺はあんたの顔を切り刻みたくてしかたないんだよ。それが人の顔だとわからないくらい滅茶苦茶にしてやるからな。このホモやろう!

 

ネットで調べたら、どうやらかのマイケル・ヨン氏も同じ脅迫メールを受け取っているようでした。
「Fewafewafaew Gwaefawe」という差出人名も一緒でした。

My Latest Death Threat: Someone needs a doctor –Fewafewafaew GwaefaweNov 1st, 9:28pmIsn't the internet great. It…

Michael Yonさんの投稿 2014年11月1日土曜日

文面はいくつかのテンプレートに分かれていて、工作員は相手に合わせてそれを適宜組み合わせて使用するという感じのようです。

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


5 thoughts on “【閲覧注意】「お前を切り刻んでやる」謎の組織から送られてきた脅迫メールが示す某国の影”

  1. あ、これ俺にも来たよ。Googleに通報したらBAN食らったみたいで、その後一字だけ変えたアカウントで数回来たっけ。
    G+(登録内容は出鱈目)にそのままコピペして晒したら来なくなったな。

  2. 脅迫文の「お前の……引き出しの中の拳銃を使って……」って部分に日本人として違和感がある。脅迫メールの送り主の国では一般人の銃所持が容易なのかな?

  3. 「工作を行う何らかの組織があると考えた方がやはりよいのかもしれません。」とのことだけど、考えるもなにも中国や韓国では周知の事実です。というか世界中がそう。日本ぐらいのものだよ、そういう組織がないのは。

    どうせ警察には対応出来ないだろうな。政府も全くやる気なし。
    それどころかそういう国の人間を受け入れようと必死なんだから・・・・このままじゃ日本は内部からめちゃくちゃに破壊されちまうわ。

  4. 脅迫罪で被害届出した方がいいと思う。
    こういうのこそ言論の自由を脅かす下賤な行為なのに、マスコミは一切報じませんからね。
    反日的な言動は全力で擁護するというのに、この逆差別は何なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。