【韓の法則】「ソウル大荒れ」朝鮮半島大乱の予兆か?

速報

 

朴槿恵前大統領を支持するグループによるソウルでのデモが暴動に変わりそうな勢いだというニュースが入ってきました。

ソウル大荒れか…「親朴派」が逮捕後初の集会 熱狂的な忠誠心が怒りに変化
韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が収賄などの容疑で逮捕されてから初となる支持団体の大規模集会が、1日午後からソウル市内で開かれた。逮捕当日には、朴容疑者の自宅…

これはいよいよ、来るべきものが来るのでしょうか?

以前、こちらの記事に書きましたが、韓国の歴史には次のような一定のパターンがあります。

→「告げ口」と「火病」による自爆の韓国史。歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造(後編)

政府の内紛

暴動

外国への事大

外国による混乱収拾

政府の内紛

このパターンでみると、現在の韓国は2番目の「暴動」の段階へいままさに突入するところにあるといえそうです(いや、南北分断以来、混乱状態にあるわけで、ある意味すでに「暴動段階」、さらには「外国への事大段階」にあるといってもいいと思います)。

しかし問題なのはその後です。韓国では一度暴動が発生すると基本的に自分たちだけでそれを収拾することができません。必ず外国への事大(依存)とその介入を招き、それによってようやく混乱が収拾されるという歴史の法則があるのです。

またここにはもうひとつの法則があります。それは事大する外国が複数ある場合、必ずその外国を巻き込んだ国際的な大戦争へ発展するという法則です。

その原因となるのは朝鮮伝統の事大外交です。あっちについたり、こっちについたりする無責任なコウモリ外交が大国間のパワーバランスを崩すことで周辺諸国の対立をいたずらにあおることになってしまうのです。

朝鮮によるコウモリ外交が原因となって発生した戦争は、ここ100年だけでみても「日清戦争」「日露戦争」「朝鮮戦争」などがあります。見方によっては「日中戦争」や「日米戦争」も同様に朝鮮人が火に油を注いだ戦争とみることもできるでしょう。

もし今回も歴史の法則通りに進むとしたならば、この後に来るのは韓国をめぐる周辺諸国同士の対立のヒートアップと、それらの国々を巻き込んだ国際戦争の勃発ということになります。

ということは、第二次朝鮮戦争の勃発はもはや時間の問題なのでしょうか?

 

「告げ口」と「火病」による自爆の韓国史。歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造(後編)

コメント

  1. 匿名 より:

    あいつらの行動を真剣に取り合っちゃダメ

  2. 匿名 より:

    むしろこれが正常だろ
    常に何かに怒り狂ってなきゃ死ぬ民族なんだから

  3. 匿名 より:

    じゃあ、言い様によっちゃあ世界は朝鮮を中心に回ってるって事ね。へ~、ふ~ん。

  4. 匿名 より:

    未開の土人国家はどうしようもないな

  5. 匿名 より:

    歴史知識が偏ってる

タイトルとURLをコピーしました