検閲回避のため続きはこちらでご覧ください→http://propagandawar.info/hakkou/archives/5919

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


11 thoughts on “【南京事件論争】自信たっぷりに日本を非難していた中国人が東京裁判の秘匿映像を見るや・・”

  1. 南京事件は結局、国民党が敗走するときに一般市民を無差別に略奪したりして混乱していたのが真実じゃない?
    日本軍は便衣兵を掃討してただけなのに、それが民間人を殺したことにされただけ。
    もちろん、双方に巻き込まれて無実なのに犠牲になった人もいないとは言わないけど、「虐殺」という言葉の定義には当てはまらんよな。

  2. 原爆の犠牲者名簿、被曝者名簿はきちんとあるし、戦没者名簿は残っているのに、南京資料館(各地)にそれがないのはなぜなんでしょうか。
    私が知らないだけで、どこかにあるのでしょうか?
    アーリントン墓地みたいなのは中国には存在しないのかな?

  3. 南京事件で重要なのは無差別虐殺や大規模なレイプが実際にあったかどうかだろう。

    街中で無差別虐殺やレイプがあった筈なのに、証拠とされる写真では処刑をのんびり見物する市民がいたり、女子供を処刑する写真はなかったりする。さらに混血児も存在しないという不思議。

    日本軍は一般市民を虐殺したのではなく、民間人に化けたゲリラや反乱したり脱走した捕虜を戦争犯罪者として処刑していたのだ。
    しかも日本軍は安全区を攻撃せず、ゲリラとの誤認を避けるため日の丸の腕章を配布し、一般市民の安全も図っている。

    南京事件は原爆やベトナム戦争での虐殺とは全く異なり、無差別虐殺ではなかったのである。

  4. 動画へのリンクがコメントごと消されてるというのが最低
    you tubeの運営会社ってそんなレベルなのか
    戦勝国だと「不都合な真実」は消し放題なの?
    彼らの言う言論の自由とはその程度のものなのかw

    1. 正直YouTubeの削除基準はよく分からない。
      中韓を批判する動画の全てが消されるわけではないし、アメリカ批判の動画も山ほどある。
      政治に限らず音楽でもアニメでもスポーツでも、何がダメで何がOKなのかさっぱり分からない。
      ただし、少なくとも運営側が自主的に積極的に動画を削除して回ってるというわけではなさそう。
      あくまでも『どこかの誰か(達)』が削除要請を出していると思われる。
      その要請に応じるに足るどんな理由や基準があるのかが一番の謎だな・・・

  5. この程度の事も自分で調べられない人間が、人の言う事を鵜呑みにしていないと言い張っても、それを信じる者は誰も居ない。

    自分では、正義を行い規律を正し、愚かな相手を諫めているつもりだったんだろう。
    相手の言う事が理解できないのは、相手が幼稚だから。
    でも、実際は自分よりも先に行っている人間だったから、幼稚な自分には理解できなかった。

    その事を理解して自分の恥を認められただけでも、マシな中国人なのかも知れんね。

    相手を舐めて見下すというのは、愚か者しかしない行為。

    相手が自分よりも下手だと思っているなら、その相手は自分と同レベル。
    相手が自分と同じだと思っているなら、その相手は自分よりも上。
    相手が自分よりも上手いと思ってるなら、その相手はお前より遥か先を歩いている。

    謙虚さの無い人間は成長しない。
    人間としての文化や脳みそを持っているにも関わらず成長できないのであれば、それはただの害悪。
    そう言う人の事を、生きる価値の無い人間って言うんだよ。

  6. >私は以前、左よりの人間だった。南京虐殺も日本の戦争犯罪もみな事実だと
    >ずっと信じていた。歴史を勉強しようと思ったのもある種の贖罪の気持ちか
    >らだった。あのような悲劇が将来二度と起こらないよう、その発生原因を知
    >りたかったんだ。ところが、徹底的に調べた結果、私はそこに政治的な詐欺
    >が存在することに気が付いた。おそらく日本の右派と呼ばれる人のなかには
    >僕と同じようなケースの人も少なくないと思う。

    私も全く同じでした。

  7. 俺はそもそも右派とも左派とも違う考えだ
    南京が事実かなんて俺にとってはさしたる問題ではない
    仮に事実だったからと言って何が悪いのか全くわからん

    相手は敵国だろ?
    虐殺して何が悪いんだ?
    短期間で数十万も殺傷できたならむしろ日本軍の屈強さを誇るべき案件

    戦争にもルールがあるとか言うのがそもそものまやかし
    戦争にはルールなんてねー
    だから戦争にならないよう最大限努力すべきであって一旦起きたならそっからは実質ノールールよ

    だから真珠湾の不意打ちとかも立派な奇襲戦法だと思うのになんで非難されるのかさっぱりわからない
    少なくとも原爆がルール違反でなかった以上それ以下の罪は戦時中のは全部無罪だ

  8. 中国人のほうが韓国人よりマシだという事は、理解できた。0.5ゲーム差だけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。