今回新たにスタートした『海外の反応と論戦・名場面集』シリーズ。過去記事の中から議論として面白い部分を厳選して再度ご紹介していく特別企画です。第一回目の今日は「慰安婦・火病編」。内容はタイトルからも想像できるように、議論を戦わせているうちに向こうさん(韓国側)が火病を発症、ちゃぶ台をひっくり返して終了というものです。さて、どんな火病ぶりを見せてくれたのでしょうか? とくとご覧ください。

 

(日本には謝罪する必要がないという動画主の主張に対して)
●(韓国人A)
嘘こくなよ、トニー(動画主のこと)。ドイツの首相たちはいまでも毎年のように謝罪し続けているぞ。
(以下、ドイツを見習え。日本はドイツに学べ。歴史を書き換えるのはやめろ。自分がもし日本人だったら恥ずかしい。宮崎駿も安倍晋三に反対してるぞ。ドイツの方がよっぽど誇りがある、とかなんとかかんとか延々と続きます)


(日本人A)
たしかに日本がドイツに学ぶところはあるだろう。しかしそれなら他の国はどうなんだ。アメリカやロシア、フランス、オランダなどの旧連合国は、過去の植民地支配や虐殺、強姦などについて謝罪したことがあるか? 少なくとも日本は何度も謝罪したし、すでに賠償金も払っている。それと最近、ドイツはギリシャからの賠償要求を拒絶したが、それについてはどうなんだ。


(韓国人B)
∩#`Д´>”) 何言ってんだ、あんた。日本は戦争中、何百万人も女性をレイプし、人々の財産を略奪し、無辜の市民を虐殺したんだぞ。何千万人も奴隷労働に駆り立て、その上残酷な人体実験まで行っていたんだぞ。その事実を日本は認めたか? いつ? だれが認めた? ドイツはホロコーストを否定したりしないぞ。
(以下、他の国は歴史を修正したりしない。国民に嘘も教えていない。多くの国はすでにアジア、アフリカ諸国に何度も謝罪し、記念館などを建てている。日本軍兵士の60%は戦闘ではなく、飢えで死んだ。脱走の嫌疑で殺された者もいた。負傷兵は見殺しにされた。人肉を食っていた。日本人はそんなやつらを「神」と崇めている。ワロス。安倍が騙しているんだ。アイヌ人、沖縄人、サイパン人、共産主義者などもみな虐殺された等々、あることないことふくらませた非難の言葉がこれまた延々と続きます)


(韓国人A)
(日本人Aに対して)
<丶`∀´> もう一人の馬鹿が出てきたようだな。アメリカはすでに奴隷制度の歴史を謝罪している。それにお前があげた国々はみな旧植民地に対してすでに公式に謝罪した。歴史教育に関しても公平な視点から教えている。
(以下、日本だけが正しい歴史を教えていない。日本がおこなった謝罪はみな「首相としての個人的な謝罪」だった。政府として公式に謝罪したことは一度もない。慰安婦ガー。アジア女性基金ガー。歴史教科書ガー。日本は戦争の加害者ではなく被害者であると描いている。謝罪した後で、それを撤回する。それは真の謝罪ではない!マグロウヒル社にいちゃもんつけんな。ギリシャの賠償請求など知るか。メルケルはギリシャにちゃんと謝罪している。安倍晋三はパールハーバーに行って謝罪したか?アジアの戦争記念館を訪れたことがあるか等々、さらっと嘘を入れ込んで延々40行近くにもわたってしつように書き連ねてあります)


(日本人A)
(韓国人Aに対して)
長文、乙。ところで謝罪のことばかり言及していたようだけど、補償についてはどうなんだ? 僕はおそらく最善の解決策はアジア女性基金だと思うな。慰安婦というのは戦時であればどこでも起こりうる問題だからね。それと朝鮮戦争中の慰安婦問題はどうなんだ? アメリカと韓国は謝罪するどころか隠蔽しようとしているんじゃないか? ああ、それともうひとつ。まとまりがなくてレッテル貼りばかりのコメントを読むとわかるが、君は韓国人のようだね。


(韓国人A)
(日本人Aに対して)
<# `Д´> 笑わせんな! 朝鮮戦争時の売春宿は、韓国国内で韓国人によって自主的に運営されていたものだ。強制連行による日本軍の性奴隷システムと一緒にするな。これらはまったく違うものだ。

 

 

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。また複数の記事がまとめて読めるマガジン(有料)もあります。→https://note.mu/propagandawar

また本サイトの記事は下の「反日プロパガンダ撃退書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたく存じます。

なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。
韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!


韓国の歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造

韓国人は日本に対してなぜあれほど不可解な行動を取るのか?

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

14 thoughts on “【海外の反応と論戦・名場面集】(慰安婦・火病編)「証拠もなしに騒ぐところをみるとあんたやっぱり韓国人だな」”

  1. ・今後日本人の一人として、半島現地人慰安婦募集業者、協力・内通者の戦時における活動について、調査・研究・拡散していこうと思います。

    ・ベトナム民間人・婦女子虐殺・凌辱について、韓国人らは、謝罪・賠償、戦争裁判を実施したのか?

    ・”竹島不法占拠”継続している状態において、他国の過去歴史上の非をあげつらうことが可能なのか?SF条約破壊、日本国領土主権蹂躙を、解消させてから、従軍慰安婦問題を取り上げるべく、世論に拡散しようと思います。

  2. いつも翻訳お疲れ様です。韓国語も英語もできない身として非常にありがたいです。
    このやり取りをもう少し読みやすく英文翻訳して英語圏の人にもぜひ見てもらいたいものですねぇ。
    自分にせめて英語能力があればなぁ……トホリ

  3. 長文、管理人さんも翻訳ご苦労様です。
    しかし、中国人といい、韓国人といい。
    なぜ、彼らは西洋と日本を比較するのが好きなのでしょうね?
    自分の国と他の国を比較することは滅多にしないのに。

    ドイツが謝罪しているのだから、日本も見習えとか話すけど。
    ドイツ政府がやっているのは、ドイツ人のみの謝罪と賠償です。
    ユダヤ人や隣国に対しての謝罪や賠償ではありません。
    ちなみに、現在のドイツにはユダヤ人は住んでません。
    なぜなら、被害を受けたユダヤ人達は祖国へは恐怖で戻れません。
    よって、賠償も受けたことも無いのです。

    韓国人はなぜ、ドイツを見習えと言いながら、
    自分達はポーランドやフランスなどは見習わないのでしょう?
    ホロコーストで被害を受けたユダヤ系の人は、
    今でもドイツへは住みませんし、観光へも行きません。
    なぜ、韓国人と中国人は、日本人から被害を受けたと言いながら、
    日本へ住んだり来たり出来るのでしょうね?怖くないの?

  4. 韓国には「VANK」と呼ばれる民間団体が慰安婦等の歴史捏造を利用した反日プロパガンダを発信してネット工作活動をしている。因みにこの団体のメンバーには日本国内に留学している韓国人留学生が一部関与している事も確認されており、非常に問題だ。早期に日本政府はスパイ防止法や破防法の法整備や専門の情報機関を設置して有効な対処を実行する必要が有るだろう。

  5. 韓国人の知人と話したら、「テレビで言ってたから事実だ」「先生が言ってたから事実だ」ばかりだった^^;

  6. ドイツに見習えとかいうのは韓国人の常套句だから
    擬装してもすぐお里が知れるよね
    それも韓国マスコミの鵜呑みだから
    実際にドイツが何をやったか知らない

  7. 約束も守れない国は滅べばいい
    賠償もして合意したのに銅像とかw
    はよ滅べよ韓国

  8. ネット上だと軽んじずに、こういうウソが広まらないように監視する機関が必要に思うよ。個人の力じゃ限界がある。

    1. その通り。個人的に何度も歴史捏造を発見して外務省に情報提供して来たが、限度が有る。日本は専門の情報機関を早期に設置する必要が有るね。

  9. 笑わせるなとか、話をそらして逃げてるばっかり。
    それが朝鮮人の悪い癖。
    YouTubeの動画を見てもわかるはずなのに、
    やっぱり馬鹿につける薬はないようね。

    日本人Aさん、日本人Bさん、お疲れ様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。