WW2 – Japanese Invasion of China | The Second Sino-Japanese War | 1937-45 | World War II Documentary

戦前の日本が悪玉だったのか、そうでなかったのか? 当時アメリカで制作された反日プロパガンダ映像をめぐって議論が百出していました。以下、その中から両サイドの典型的なコメントを拾ってご紹介いたします。

 

●(中国)
この映画を作った人たちとアメリカ人に感謝する。だが、日本、お前らはクソだ!

●(日本)
あの当時、大日本帝国は、アジアで唯一の大国としてふたつの課題に直面していた。ひとつはソ連の赤化政策を封じ込めることであり、もうひとつは白人による植民地政策を終わらせることだった。日本兵はアジアの自由を守るためその命を捧げた。それは賞賛を受けるに価する行為だった。
あの当時、ほとんどのアジア諸国が植民地もしくは半植民地状態にあった。同時に共産主義の脅威にもさらされていた。そうした状況下、日本にとって最重要課題となっていたのは、中国を共産主義から守ることだった。しかし、アメリカは日本を打ち負かした。その後、どうなったか? 中国、北朝鮮、ベトナムとアジアは共産主義の波に完全に呑まれてしまった。そうして民衆は多くの災厄に見舞われた。歴史の教訓に学ぶべきだ。

●(日本)
思った通り、欧米の偽善者どもとチャンコロのコメントばかりだな。

●(中国)
中国人は平和愛好者なのに、どうして日本人はそうじゃないんだ?

●(中国)
当時の中国は、5000年の歴史の中でもっとも弱い時期だったが、それにもかかわらず日本は中国を打ち負かすことができなかった。残念ながらそんなチャンスはもはや二度と来ないだろう。それと、中国は日本にさまざまなことを教えてやった。手づかみじゃなく箸で食べることを教えてやったし、身にまとう着物も教えてやった。文字も教えた。このように中国は3000年前から日本の文明化を手伝ってあげたのだ。なのに日本人は感謝すらしようとしない。とんでもないやつらだよ。ところで原爆の味はどうだった? もっと欲しいか? 欲しけりゃやるぞ。いまの中国にはいくらでもあるからな。僕は世界中の人々を尊敬する。だが、第二次世界大戦時の日本人、てめえらはだめだ! やつらはナチス以上に残虐だった。

(シンガポール)
ちょっと質問なんだけど、今の日本人についてはどう思ってるの?

(中国)
そんなに嫌いじゃないよ。

(シンガポール)
じゃあもうひとつ聞きたいんだけど、日本人の何がそんなに嫌いなの? ちなみに私はシンガポール人と日本人のハーフよ。あなたが日本をどう思っているのかもう少し知りたいだけなの。

(中国)
戦時中、日本が中国に何をしたか、ググってみればわかるよ。やつらは当時の首都南京で大勢の中国人市民と捕虜を殺害した。それも、焼きコロす、人ニクを食らう、生き埋めにする、レイプする、といったきわめて残虐な方法でね。それと化学兵器を使用したり、非人道的な行為もたくさんしたんだよ。中国は3000年にわたって日本に文明というものを教えてやったんだ。いわば先生だ。なのに日本人はその先生に対して、その恩に対して残虐行為で報いたんだぜ。領土と石油が欲しくて侵略したんだって? まあいいだろう。だけどなぜ何百万人もの無実の人を殺さなきゃならなかったんだ? 僕が日本を嫌う理由はこれさ。君の母国を悪く言ってごめんよ。だけどこれが僕の偽らざる気持ちなんだ。僕はシンガポールは好きだよ。

 

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。また複数の記事がまとめて読めるマガジン(有料)もあります。→https://note.mu/propagandawar

また本サイトの記事は下の「反日プロパガンダ撃退書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたく存じます。

なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。
韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!


韓国の歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造

韓国人は日本に対してなぜあれほど不可解な行動を取るのか?

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

4 thoughts on “【海外の反応】日本は悪玉それとも善玉? アメリカの反日プロパガンダ映像に対して議論百出”

  1. 見てて腹たちますね。
    思うに、アメリカが作ったとか言いながらアメリカに住んでる中国人が作ってたりする。客観的な第3者目線で作られたように仕向けて、中国マネーでプロパガンダ作る。
    そんなお金があるのなら1人あたりGNIを上げる為に国民に使えば良いのに。国民総生産は上昇してるのに1人あたりGNIは相変わらず底辺。軍事費やプロパガンダに国民の血税が使われている。天安門事件や歴史の史実を隠す事、領土拡大を狙うばかり。都合の悪い人間は消えていく。
    中国政府がいかにおかしいか。国民は何も考えないのだろうか?
    政府に洗脳され、日本に矛先を向けるばかり。
    中国を見ていると人間とは、教育が全てなのだと思わされる。

  2. >日本は韓国にも同じことをした。第二次世界大戦に関していえば、韓国と中国は同じ歴史を共有している。
    中国から見れば、当時日本領だった朝鮮も日本と同類だろうよwww

  3. >●(韓国)
    >日本は韓国にも同じことをした。第二次世界大戦に関していえば、韓国と中国は同じ歴史を共有している。

    ありえんわ。
    歴史を全く知らないとしか言えない。

  4. 中国の3000年の歴史?
    当時と全く違う民族の癖に何を抜かしてんだよ。
    本当の英雄達はとっくにいなくなって卑怯者しかいない国が偉そうに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。