【原爆をめぐる海外の議論】原爆を正当化するコメントの絨毯爆撃を前に劣勢を強いられる日本側の巻

【原爆をめぐる海外の議論】原爆を正当化するコメントの絨毯爆撃を前に劣勢を強いられる日本側の巻

Hiroshima: Dropping the Bomb
広島への原爆投下

原爆動画の続編です。何人かの日本人が懸命に反論していますが、都合の悪い議論は無視した上で、「悪かったのは日本だ。アメリカは悪くない」という自分勝手な主張を絨毯爆撃よろしく一方的に投下していく敵さんの「物量作戦」の前にやや苦戦している様子が伺えました。

 

●ys(日本)
アメリカは言う。「降伏を拒んだのは日本だ。だから我々は原爆を投下して戦争を終わらせたんだ」と。しかし実のところ、アメリカと戦争する気など日本には最初からなかったんだ。なのにアメリカは日本を追い込み、開戦させるようしむけたんだよ。

アメリカ人の理屈はなんて身勝手なんだ!

日本はやむなく命を盾に立ち上がった。だからそうやすやすと降伏できるわけなんてないだろ。できるくらいなら最初から戦争などしなかったよ。当時ハルノートを受け入れることと、無条件降伏を受け入れることは他の有色人種がみなそうだったように日本人もまた白人の奴隷になるのと同じことを意味していた。日本人にとってそれは死ぬことより不名誉なことだったんだよ。

この歴史の流れを見てくれ。

1853年 ペリー来航 砲艦外交で日本に開国を強いた
1899年 門戸開放宣言 中国分割にアメリカも参戦
1905年 ポーツマス条約 アメリカはなぜわざわざ仲介の労を取ったんだ?
1906年 南満州鉄道共同運営の提案 日本はこれを拒絶
1909年 南満州鉄道の中立化案が国務長官ノックスにより提案される
1917年 石井ランシング協定 日本はアメリカの門戸開放政策を認めさせられる
1922年 ワシントン会議 アメリカによって日本の軍事力が削減される
1920年代 オレンジ計画 来るべき日本との戦争に備えた戦争準備計画がアメリカで進められる
1936年 米華銀協定 中国経済がアメリカの銀行の支配下に
1941年 米義勇軍フライングタイガースが中国軍とともに日本軍を攻撃
1941年 ハルノート 日本の満州からの撤退を要求
その後、真珠湾攻撃という流れだ。


KM
ペリーは流血なしでミッションを完遂した。相手がアメリカで日本は幸いだったよ。相手がロシアやプロシャ、フランスだったらどうなってたと思う?
それとハルノートに満洲への言及はないよ。

ys(日本)
(KMへ)
ハルノートが満洲のことを言外に含んでいたのは明らかだよ。
それとペリーの砲艦外交はアメリカがいかに野蛮だったかを示している。そんな野蛮な国が「俺たちは原爆でもって日本に平和を教えてやったんだ!」なんて言ってるんだぜ。いったいなんのジョークだよ?

KM
(ysへ)
無血で開国させたのがなんで野蛮なんだよ? 満洲、中国、モンゴル、インドネシアで何十万もの人が犠牲になったのはいったい誰のせいだ? どっちが野蛮なんだよ? 原爆は最少の犠牲で日本を降伏させたんだ。日本が開戦した1941年12月8日に、原爆がなかったのが残念だよ。


ys(日本)
(KMへ)
あんた正気か?
>無血で開国させたのがなんで野蛮なんだよ?
大砲で開国を強要したのが野蛮じゃないというのか?

満洲、中国、モンゴル、インドネシアで何十万もの人が犠牲になったのはいったい誰のせいだ?
なんだって? 中国人が大勢の自国民を殺したこと、そして白人の代理人としてインドネシア人を搾取していたのは僕も知っている。だけど日本軍がいつどこで現地の一般人を殺したんだよ?
>原爆は最少の犠牲で日本を降伏させたんだよ。
これは詭弁だ。もしそんなことがいえるなら、こうもいえるはずだ。「真珠湾攻撃は最少の犠牲でアメリカを降伏させるためのものだった。しかし愚かなアメリカは抵抗した。だから多くの犠牲者が出たのはアメリカの責任だ。日本の責任じゃない」ってね。

KM
(ysへ)
戦争の原因は、「八紘一宇」のコンセプトに基づく日本の際限のない領土的野心だった。だから日本の敗北は避けられなかったんだよ。

Mm(日本)
(ysへ)
このKMってやつだけどさ。何年か前に議論した時、「自分は弁護士だ」って言ってたんだよね。だけどこんな能無しの弁護士がいるなんて信じられるかい?

ys(日本)
(Mmへ)
ハハ、こんな馬鹿な弁護士がいるなんて僕も信じられないな。仮に詭弁を弄するにしても有能な弁護士ならもっとうまくやるはずだし。
そういえば、僕も以前、南京虐殺は真実だって言い張る自称ハーバード卒の歴史研究家だとかいうやつと議論したことがあるんだけど、そいつも言ってることがまったくのでたらめで、論理も事実も一切なくてまともな議論ができなかったなあ‥。

 

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/propagandawar

また本サイトの記事は下の「歴史ニンシキガー速報電子書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたく存じます。

なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

原爆カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。