欧米人も真実に目覚めつつある!?「アジア解放戦争と日本」をテーマにした動画に欧米からも賛同コメントのラッシュ!

欧米人も真実に目覚めつつある!?「アジア解放戦争と日本」をテーマにした動画に欧米からも賛同コメントのラッシュ!
目次

Truth of World War II – What did Japan fight for
第二次世界大戦の真実–日本は何のために戦ったのか?

前回に引き続き『第二次世界大戦の真実』を取り上げます。今回、焦点を当てたのは欧米系と思われる視聴者からの賛同コメントです。内容から察するに多くはユダヤ陰謀論系の人たちのようですが、日本と第二次世界大戦を扱った動画でこれほど明確に日本の肩を持つ欧米人のコメントは珍しいので、翻訳してご紹介したいと思います。

IP(アジア系)
私はこの動画に同意する。ある意味、私たちはたしかに日本に感謝すべきだと思う。私たちアジア人は何世紀にもわたってヨーロッパ人の奴隷となっていたし、日本はその境遇から解放してくれたのだから。

もちろん日本もまた私たちの国を占領した。短期間だったけどね。しかし日本はそれに対しても賠償金を支払ってくれた。であればヨーロッパ人も我々に賠償すべきじゃないのか。なのに彼らはどうしてそうしないんだ? 彼らは何世紀にもわたって我々を奴隷にし、我々の女性を強姦し、そして経済的に搾取し続けてきたんだぜ。

 

AB(アメリカ)
これはアメリカから日本へのメッセージです。
第二次世界大戦で私たちの国があなたがたの国と戦ったことを許してください。
その昔、私たちは自主防衛を旨とする独立した国家でした。
アメリカ人は敬けんなキリスト教徒です。私たちは自由を愛しています。私たちの歴史に誇りを持っています。
しかし、そんなアメリカ社会に知らぬ間に忍び込んできた者がいます。ユダヤ人です。古代から伝わる魔力を持つ彼らはいつしか私たちの社会を乗っ取ってしまいました。私たちは彼らが繰り出す悪魔的な呪文に免疫を持っていなかったのです。そうして私たちは盲目にされ、やがてその魔王の完全な支配下に置かれてしまったのです。
誇り高い正義の国だったアメリカはあの戦争でおぞましい犯罪を犯してしまいました。私はその現実に目覚めた多くのうちの一人です。
私は、このユダヤ人という名の呪いができるだけ早い時期に取り除かれることを望んでいます。
私たちアメリカ人は、神の名の下に、そしてあふれる涙とともに、日本人の皆さんに謙虚に謝罪いたします。
私たちを許してください。私たちは頭を下げるだけでなく金銭的な補償も含めできる限りのことをしたいと考えています。
旭日旗があなたがた日本国民の誇りの象徴として堂々と空にはためく日が来ることを、そして正しい歴史が取り戻されることを祈っています。ありがとうございました。

 

U8(不明)
私は40年以上にわたり、第二次世界大戦について勉強してきたけど、この動画が言ってることは正しいし、真実だ。現在、共産中国と韓国、北朝鮮が日本ばかりを目の敵にしているけど、それじゃ日本がかわいそうだ。しかもそうした非難の多くは、彼らが日本人に対して抱いている劣等感の裏返しでしかない。私は日本を愛しているし、日本人を尊敬している。それは一年間日本に滞在した私の経験から導き出された結論でもある。

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/propagandawar/n/n0405744ad0f4

また本サイトの記事は下の「歴史ニンシキガー速報電子書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたく存じます。

なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

大東亜戦争カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。