歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

「みんな騙されるな!これは日本のプロパガンダだ」大東亜戦争の真実を語る動画に中国の五毛党が焦りまくるも各個撃破されるの巻

time 2016/07/11

Truth of World War II – What did Japan fight for
第二次世界大戦の真実。日本は何のために戦ったのか?

元ネタは大東亜戦争の真実を語るこの界隈ではけっこう有名な動画です。久しぶりに覗いてみたところ、賛同するコメントが多いのに焦ったのか中国の五毛党(中国政府の工作員)が湧いていて、必死に反論コメントを上げていました。しかし、いずれも事実に基づかない感情的なコメントのせいもあり、ほとんどが日本側に論破され、あえなく撃沈されていました。

 

LY(中国)
あんたらすっかり洗脳されちまってるな。アメリカが経済制裁を発動したのは日本が虐殺を行ったからだろ? やつらはその事実を無視して、自分らが解放者だったとほざいてるんだぜ。あいつらの歴史教育はどうなってるんだ? 本当にムカつくよ。


AH(日本)
(LYへ)で、聞くが、一体どんな虐殺があったんだい?

LY(中国)
(AHへ)WIKIを参照してくれ。日本の戦争犯罪で検索すると出てくる。

AH(日本)
(LYへ)調べたよ。で君は本当に調べたのか? 書かれてある内容をちゃんと理解したのか?

LY(中国)
(AHへ)だとしたら君は洗脳されているってことだよ。どんな極悪カルトにも信者はいるものだ。信じるか信じないかは君次第だよ。

yk(日本)
(LYへ)洗脳され、極悪なカルトを信仰しているのは君の方だ。君はいわゆる南京大虐殺のことを言っているんだろ? 僕たちはそれについて50年以上にわたって徹底的に調査し、また議論してきた。その結果、それがまったくの作り話だということがわかったんだよ。異議があるなら答えるから質問してくれ。

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/propagandawar/n/n466e66f09005

また本サイトの記事は下の「歴史ニンシキガー速報電子書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたく存じます。

なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

kindle本

コメント

  • 中韓のプロパガンダを冷静に論破している良識ある日本人には頭が下がる思いです。
    私も英語が分かれば参加したい所ですが残念です。
    youtubeのコメを分かりやすく訳してくれる管理人もありがとう
    なんの力もない私ですが、真実を理解する事で日本に貢献したいと思っています。

    日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。
               ↑
    2ちゃんでたまに論戦する時にこれを思い出して汚い言葉は使うまいと思ってます

    by ポリス €2016年7月12日 4:59 PM

  • 中国と子分の韓国は戦争おこしたくてたまらないみたいですね
    自分達できちんと管理せず荒れ放題になった国を、とりあえず周りの国を巻き込んで戦争起こしてどうにかしようって事かしら
    ろくに教育せずに学校側に問題児を押し付けて脅迫する無責任なモンスターペアレントと一緒ですね

    by 匿名 €2016年7月11日 4:14 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

Facebookで最新情報をお届けします

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttps://hakkou-ichiu.com/feed/です。

Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。