みんなで大満洲国を再建しようぜ! 満洲国の動画をめぐる海外の反応と議論

みんなで大満洲国を再建しようぜ! 満洲国の動画をめぐる海外の反応と議論

「王道楽土満洲国万歳!」「日本人は満洲人を助けてくれた!」

Manchukuo (Manchuria) 1938
満洲国 1938

ひさしぶりに満洲国の動画を取り上げます。今回取り上げたのは、ここ1年ほど新しいコメントのついていない比較的静かな動画ですが、それ以前はかなり活発な議論が繰り広げられていたらしく、なかには驚くほど洞察に満ちたコメントが数多く見られました。その中から興味深いものをピックアップしてご紹介いたします。

 

●戦前、日本は満州に電線網や鉄道ネットワーク、製鉄所、灌漑設備などを建設した。戦後、シナ人はそれをただで使った。

 ↓
日本は満州人(中国人)のために満州国をつくったわけではない。満洲人を日本人の奴隷として使役するために作ったんだよ。

 

●アメリカ、中国、そして韓国は、戦前の日本が悪辣な国だったという嘘を世界中に広めている。しかしこの満州国に関していえば、日本の何が悪かったのか私にはさっぱり理解できない。このビデオをみるかぎり日本人が中国人、満州人、朝鮮人を奴隷にしていたようには見えないし、むしろ医療や教育など多くの社会インフラを建設したことがみてとれる。このビデオはたぶんアメリカや韓国、中国では閲覧禁止になるんじゃないかな?

 

●大满洲国王道乐土(楽土) 关东军(関東軍)万岁(万歳) 满洲国万岁(万歳)!

 

●日本人は満洲人を助けてくれた。

 

●いくつかの国はチベットを独立させようと画策している。しかしその表向きの看板とは異なり、目的は人権保護などではない。やつらが目論んでいるのはチベットを満洲国のような傀儡国家にすることだ。ここはよく理解してほしいところなんだけど、チベットは中国にとってきわめて重要な場所だ。なぜかといえば、チベットには長江と黄河という中国の二大河川の源流があるが、万が一チベットに混乱が発生した場合、中国にとって死活的ともいえるこのふたつの河もトラブルに巻き込まれるからだ。それというまでもなくチベット族は中華民族の五大民族のひとつだ。それは五本の指の一本だ。たとえ一本であっても自分の指を失くしてもいいという人はいないだろう。

 

●どこにも飢えた人なんていないじゃないか? 歴史の先生、あんたは間違っていた!

 

mankokki

 

●中国人は言う。「チベットは13世紀以来中国の一部だ。なぜなら両者とも元朝と清朝の領土だったからだ」。そんな馬鹿なことがあるか! それはこういうのと同じだ。「アメリカはインドの領土だ。なぜなら両者ともイギリスの領土だったからだ」。


「赤いインディアン」の歴史は無視か? タミール人はインド人じゃないのか? 世界には複合民族国家なんぞいくらでもあるぞ。なのにどういうわけか中国だけがやり玉に挙げられるのは不公平だ。

すべてのチベット人はみな「チベットが中国の一部でない」ことを知っている。すべてのチベット人はみな「チベットと中国が元朝と清朝の一部だった」ことを知っている。すべてのチベット人はみなチベットの自由を望んでいる。2008年の抗議活動といまも続く焼身自殺は、チベット人がいかに自由を望んでいるかの証拠でもある。私は彼らを支持する。ばかげた喩えでごまかそうとする前に私のコメントをちゃんと読め。何を言わんとしているのか理解する努力をしろ。それと「赤いインディアン」てのは何だ? 「ネイティブアメリカン」の間違いだろ?

満州は中国の一部という嘘の始まりについてはこちらをお読みください↓
革命の美名に隠れ領土拡張を図った革命詐欺師・孫文

 

●ビデオのタイトルには「中国の一地方である満洲への旅」とあるようだが…。笑っちゃうぜ。中国は1644年から1911年まで満洲(清)の一部だった。満州族の支配下に置かれた中国人は弁髪をふくむ満州族の風俗を強制された。1860年代、清朝はその領土をロシアに奪い取られた。北満洲はいまもロシア領だ。満洲が中国の一部だという奴は、そこへ行ってこう言ってみるといいよ。「お前が住んでいる土地は中国の領土だ」ってね。ハハハハ。

 

●みんなで大満洲国を再建しようぜ!

 

●満洲独立。中共崩壊。

 

●チベットは中国の一部だ。白豚どもは黙りやがれ!

 
続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/propagandawar/n/ne5e94686849c

また本サイトの記事は下の「歴史ニンシキガー速報電子書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたいと思います。

なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

海外の反応カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。