今回ご紹介するのは先日の9月3日、中国で開催された抗日戦争勝利70周年記念式典に対する海外の反応です。時事的なネタでもあり、うちの守備範囲としては微妙なネタですが、どこも取りあげていないようでしたので、僭越ながら取りあげてみました。

元記事→

ForbiddenCity_MaoZedongPortrait_(pixinn.net)

第二次世界大戦終結を祝う中国の軍事パレード

軍事力を誇示するのが目的という批判も多い中国の対日戦勝70周年記念式典が、中国の首都北京で執り行われた。500以上の兵器、約200機におよぶ軍用機のデモンストレーションが行なわれ、12,000名の関係者と世界30か国の首脳が出席した。(ニューヨークタイムズfacebookより

 

us(アメリカ)

「第二次世界大戦終結」ねえ…。新しい戦争の始まりじゃなきゃいいけどね。軍事力を誇示する中国を見てると不安になるよ。


cn(オーストラリア・中国系)

軍事力を誇示してるのはアメリカの方だろ?+2

 

in(インド)

中国は第二次世界大戦を戦っていたのか? 中国軍が海外へ出兵したなんて聞いたことがないぞ。


us(アメリカ)

中国は戦っていたよ。中国軍はアメリカ軍の支援の下、日本軍を中国大陸に足止めする役割を担っていたんだよ。もし中国軍が早期に敗退していたなら日本軍はその分、太平洋戦線の兵力を増強しただろう。+4


eat2(不明・日本系?)

歴史の教科書を開いてみてよ。中国はナチスの同盟国である日本と戦っていたのよ。


eat2(不明・日本系?)

日本軍がしでかした残虐行為は世界はもちろん日本でもほとんど知られていない。+1


pk(パキスタン)

中国人は日本人から多くの残虐行為を受けた。+1


ph(フィリピン)

中国はこう言うべきだ。「アメリカと連合国のみなさん、助けてくれてありがとう」と。


ph(フィリピン)

もしスティルウエル将軍が生きていたらさぞかし立腹しただろうな。
管理人注:スティルウエルは、中国軍を訓練し、米式中国軍を編成したアメリカの将軍。


ph(フィリピン)

日本が降伏したのはアメリカが原爆を落としたせいだよ。

 

ph(フィリピン)

第二次世界大戦が終結したのは、満州で抵抗していた関東軍をソ連が打ち破った時だよ。その際、ソ連は中国共産党軍の助けなど借りなかったし、それ以前、日本軍と戦っていたのは国民党軍だ。+3

 

in(インド)

中国は世界の脅威だよ。あいつらは近隣諸国の領土を武力で奪った。そしていままた南シナ海を奪おうとしている。中国なぞけっして信じるべきではない。


pk(パキスタン)

ほお、ということは、「中国は世界の脅威だ。そしてパキスタンもまた脅威だ」ってわけか? 停戦ラインに沿って爆撃を行なってカシミールの住民を毎日のように殺しているインドがどのツラ下げて言ってるんだ?


in(インド)

そうさ。アルカイダもタリバンもラシュカレトイバ、ハラカト=ウル=アンサール(以上イスラム原理主義組織)も「インド」が支援してるんだよ。オサマ・ビンラディンもオマール師もインドに潜伏しているんだぜ。バルーチや、シア、アーマディスといった少数民族を虐殺しているのもインドだよな。
*管理人注:これは皮肉であり、実際はインドではなくパキスタンのことです。

us(アメリカ)

これは嘘だ。中国はわれわれアメリカが打ち負かすまで日本に負け続けていた。その後、冷戦になると中国はわれわれの敵となった。そしていまやわれわれは経済的、軍事的、社会的、教育的な面で中国に敗北しつつある。われわれの国はなんてなさけないんだ…。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

 

eat2(不明)

中国共産党は、日本軍と戦ってなんかいない。やつらは日本軍がやってくると山に隠れただけだ。毛沢東はそうした戦術を長征なんて言ってごまかしていたけどね。日本軍と戦い、正面から抵抗したのは国民党軍だ。中国共産党軍は上海でも南京でも戦っていない。だから中国共産党が抗日戦勝記念式典を催すなんてのは、そもそもありえないんだよ。これは嘘であり、偽善でしかない。この嘘っぱちに抗議できるのは、国民党の子孫である台湾人だけだ。彼らは装備も練度も優れた日本軍と勇敢に戦ったんだからね。+2

 

eat2(不明・フィリピン?)

…これがのちの第三次世界大戦の始まりであった。

 

[ad#admax]

 

 

in(インド)

まあ中国製というのは偽物という意味だからな…。+2


cn(中国)

そういう意見はもう時代遅れだから。+2


pk(パキスタン)

(インド人コメント主に対して)お前馬鹿だろ。+4

 

ph(フィリピン)

それは中国製だ。そのうちぶっ壊れるさ。

 

ph(フィリピン)

中国は戦争に勝ってなどいやしないよ。もしアメリカの原爆がなかったら、中国は日本にやすやすと奪われていただろうね。ハハハ。+2


cn(中国)

知ったかぶりするんじゃない。もう一回歴史の教科書を勉強しなおせ。間抜けめ


ph(フィリピン)

知ったかぶりはお前だろ? 英語もまともに話せないくせに。


cn(オーストラリア・中国系)

もし中国が多大な犠牲を払って日本軍の侵略をくい止めなかったら、君たちはいまごろ日本語を話していただろうよ。


ph(フィリピン)

ハハハハ、それはお前のねつ造教科書に書いてあることだろ? 素直に「アメリカ様、ありがとう!」って言ってみなよ。+1


ph(フィリピン・スレ主)

お前ら中国人は日本に負けたんだよ。ハハハ。それに俺はむしろ日本語を話したいよ。ところでお前ら中国人が戦争で勝った事などあるのか? 勝ったのはせいぜいカンボジア人と北方遊牧民に対してくらいだろ? 日本、モンゴル、ベトナム、イギリスと他のすべての戦争でお前ら、連戦連敗じゃないか。


cn(中国)

なんてこと、あなたはまた戦争がしたいの?


ph(フィリピン・スレ主)

したいね。まあもちろん核兵器はなしという前提条件だけどね。

 

eat2(不明・アメリカ?)

(大統領候補の)トランプ氏は正しい。われわれは中国が超大国になるのをひたすら支援してきただけなんだ。

 

ph(フィリピン)

軍事力を誇示しているようだが、上には上がいる。近隣国にしてみればたしかに脅威かもしれないが、超大国からみたら「せいぜいこの程度か」ってことだよ。+2

 

ph(フィリピン)

戦前の負け犬がいまやアジアのいじめっこかよ。

 

ph(フィリピン)

中国は第三次世界大戦をたくらんでいる。


pk(パキスタン)

すべての国が同様のやり方で軍事力を誇示している。それらの国がみな第三次世界大戦をたくらんでいるというのか? それは馬鹿げた考え方だよ。

 

eat2(不明)

眠れる巨人が起きだした(||゚Д゚)

 

in(インド)

たんに力を誇示してるだけだよ

 

eat2(不明)

いじめっこの国だ。

 

cn(中国)

かっこいいぞ!

 


 

中国+パキスタン連合 VS フィリピン+インド連合という感じですね。

それにしてもフィリピンさん、かなりぶち切れているようですね。

とくに

>お前ら中国人が戦争で勝った事などあるのか? 勝ったのはせいぜいカンボジア人と北方遊牧民に対してくらいだろ? 日本、モンゴル、ベトナム、イギリスと他のすべての戦争でお前ら、連戦連敗じゃないか。

 

のくだり。

フィリピンさん、素敵です♡

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


2 thoughts on “中国+パキスタン VS フィリピン+インドで罵倒合戦 抗日戦争勝利70周年記念式典に対する海外の反応”

  1. 中国は対インドの為に周辺国を抱き込んでるから
    元からインドと対立しているパキスタンなんかは特に寄りつく。

    フィリピンは中国に侵略受けてるし,目と鼻の先に軍事基地を作られるわで当然嫌っている。

    ほんと侵略用の火種をばらまいてばっかだ。

  2. 翻訳お疲れ様です。
    フィリピンとインドは領土問題で中国に悩まされているから中国嫌いが多いだろうね。
    パキスタンはインドと対立しているし中国寄りが多いから中国側になるだろうね。
    このような日本人が出てこないコメも面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。