【歴史戦】「でも南京の方が犠牲者は多い」「最初に手を出したのは日本の方だ」通州事件をめぐる日中の議論

【歴史戦】「でも南京の方が犠牲者は多い」「最初に手を出したのは日本の方だ」通州事件をめぐる日中の議論

通州事件【中国兵による残虐行為】

盧溝橋事件直後の1937年7月29日、北京近郊の街で多くの日本人居留民が中国人部隊に襲撃された通州事件。猟奇的ともいえるそのおぞましい殺害、処刑方法が報道されるや日本人の間で対中感情が一気に悪化、「中国討つべし!」という機運が盛り上がったいわくつきの事件です。今回は、この通州事件をテーマにした動画を取り上げてみました。それほど活発な議論が交わされているわけではなさそうでしたので、とりあえず新しいものから順に、歴史戦の参考になりそうな部分をみつくろってご紹介いたします。

コメント主の国籍が不明でしたので、内容から判断して「日本サイド」「中国サイド」に分けてあります。おそらくほぼ日本人と中国人(韓国人)と思われますが、一部欧米系の人もいるようです(ような気がいたします)。

 

 

cn【中国サイド1】

てめえら、ちっぽけな島でおとなしくしてりゃよかったんだよ。そもそも最初に中国にちょっかいをだしたのはお前らだろうが!?

通州事件だあ? 清朝末期、八か国連合軍なんてものを送り込んだのはオマエラの方だろ。それと満州国を中国から切り取ったのは誰だ? 盧溝橋事件を引き起こしたのはいったい誰だ? お前ら小日本だろうが! まずはそっから議論しろよ。

チベット、ウイグルだあ? あそこは昔から中国の領土だぞ。何か文句あるか? 毛沢東はチベットを奴隷制度から解放したんだ。チベット人はそれに感謝している。だからチベットの子供たちはいまも毛沢東の銅像を毎日きれいに磨いている。それに比べてオマエラの天皇はどうだ? アジアの人々はみなののしっているだろうがよ。

 

検閲回避のため続きはこちらでお読みください→http://propagandawar.info/hakkou/archives/11654

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

南京事件カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。