New video Chinese police’s brutal repression on Tibetans in 2008

チベット人を弾圧する中国警察の蛮行 2008

 

2008年にチベットの首都ラサで発生した反中国暴動。その容疑者とみられるチベット人たちを中国警察が次々と検挙していく様子を収めた動画がYouTubeにアップされていました。そこについていたコメントを翻訳してご紹介いたします。

 

●くたばれ中国! チベットに自由を。

 

●中国はチベットに現代文明と多くの観光客をもたらした。チベットに自由を与えることはチベットが自らを統治することを意味するわけだが、しかし、そうなるとチベットはいまよりはるかに貧しくなると思うよ。

 

●チベットに自由を!

 

●好都合なことに、チベット人暴徒が中国人を襲ったり、また中国人商店を焼き討ちしたりする映像は出回っていない。君らが知るべきなのは、旧体制のチベットがどんなひどい状態だったかということだ。ダライラマを頂点とする農奴社会の中で、チベット人は奴隷状態に置かれ、なかには餓死するものも少なくなかった。もちろん、逆らう者はひどい拷問を受けた。それとダライラマとその取り巻きがCIAから金をもらっていることも忘れるな。


もしそんな事実があったら、証拠が上がってくるはずだろ? だけど上がってこないということはそんな事実はないってことだよ。そもそも自分の家屋敷、それと自由と権利を奪われて怒らない人がいるか? だから仮にそんな事実があったとしても、中国人にチベット人を非難できる権利はないんだよ。それにダライラマはチベット人の精神的指導者だ。もし彼がそれほどの悪人だとしたら、なぜノーベル平和賞をもらったんだ? もう少し考えてからコメントしろよ。

 

●毛沢東後の中国は完全にイルミナティのコントロール下にある。

 

●フリーチベット!

 

●なんでこんなひどいことするんだよ。いまいましい中国め。チベットに自由を!

 

●自由に力を!

 

●中国はチベットから撤退すべきだ。チベットはチベット人に任せておけ。


その後でアメリカが入り込むって寸法なんだろ? しかし残念ながら中国には旧ソ連を崩壊に導いたゴルバチョフのような売国奴はいないよ。

 

●やたらツバを吐く中国人をなんとかしてほしい。願わくば中国人は安物のタバコを吸って早死にしてくれればと思うよ。それにしても腹が立つのはキャメロン首相だ。少しばかりの牛肉や豚肉を買ってもらうため、そんな中国人どもの機嫌を取り結んでやがる。

 

●中国は最初、イギリスにいたぶられ、ついで日本にいたぶられた。さらに今度は毛沢東という自らが生み出した殺人鬼にいたぶられた。中国はサイコパス国家だ。仲のよい国もない。ただ周辺国を威嚇するだけの狂犬のような国だ。チベットには同情するよ。

 

●議論など必要ない。アメリカでもどこでもいいが、もし中国のやり方が気に入らないんなら軍隊でもなんでも送ればいいだろ。戦争になったって、俺らは受けて立つぜ。臆病者のアメリカは口を出すな!

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?


アメリカは臆病なんかじゃないよ。ただ君らがチベットで殺戮と狼藉を働いているだけだろ。

中国軍はアメリカ軍には勝てないよ。

朝鮮戦争で中国軍に押し返されたのはどこの国でしたっけ?

黙れ! アメリカ軍が開発したドローンひとつで中国人など全滅させられるわい。

 

 

 

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/propagandawar/n/n77d72fefa666

また本サイトの記事は下の「歴史ニンシキガー速報電子書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたいと思います。

なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

レイプ・オブ・チベット―中華的民族浄化作戦 (晋遊舎ブラック新書 11)

新品価格
¥778から
(2015/9/2 19:42時点)

狂暴国家中国の正体 (扶桑社新書)

新品価格
¥821から
(2015/9/2 19:43時点)

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。