歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

「日本は沖縄を独立させるべきだ!」『永遠の0』を批判するNYTの記事に対する海外の反応

time 2016/04/16

195673775_624

日本で大勢の観客を動員することに成功した百田尚樹原作の映画『永遠の0』。それを軍国主義復活の兆しとしてかみついたニューヨークタイムズ。そのコメント欄に、日本を非難したい側と日本を弁護する側による賛否両論のコメントが上がっていました。さていったいどんなコメントがついていたのでしょうか?

参照元→

 

【以下、記事の意訳】

右翼勢力が勢いづく日本

この映画は神風をテーマにしたものだ。ある若者はこの映画を3回観たという。そこに描かれている若者は、いまの若者たちが「草食系」と揶揄されてるのとは対照的にとても男らしい。この『永遠の0』という映画は、日本で大ヒットとなる勢いだ。

映画を観た安倍首相は「感動した」と語った。原作者は百田尚樹。安倍首相にも近く、昨年NHKの経営委員を務めた人物だ。百田は右翼的な言動でも知られている。東京都知事選の際、右派の田母神俊雄を応援したこともある。また南京大虐殺はなかったといって物議をかもしたこともある。

映画の上映と軌を一にするように日本は、神風をユネスコの世界記憶遺産に登録しようと準備している。対象となるのは、特攻隊員たちの手紙や日記、詩などだ。

これらの資料と映画はいずれも神風パイロットの真実を正しく伝えていない。日本の右翼勢力は、彼らが祖国のため自ら志願した英雄であると主張している。映画でも当初、特攻に反対し家族のために生き延びようとした「臆病」な主人公が最後にはいさぎよくミッションを遂行したことで真の英雄として描かれている。ユネスコに申請される予定の特攻隊員の手紙類もそうした「英雄譚」を補強するものと位置づけられている。

しかし、歴史家のエミコ・オオヌキ・ターニイによれば、多くの特攻隊員は事実上、志願するよう強制されたものだという。彼女はまた特攻隊員の手紙は厳しい検閲下で、場合によっては強要下で書かれたものではないかと疑っている。

韓国と中国がこれに抗議したのはいうまでもない。またこれに対抗して南京市当局は、南京大虐殺を同じユネスコの記憶遺産に登録しようと準備している。中国が、原作者である百田尚樹の言動に注視するのには理由がある。百田の仲間であり同様に日本の侵略戦争を否定している田母神俊雄は、以前、東京都知事選に立候補した際、当選こそ逃したもののかなりの票を集めた。朝日新聞によれば、20代の若者の20%ほどが彼に投票したという。

 

img_0

 

 

【以下コメント】

●日本は危険な場所に向かっているように見える。日本の右翼は旧日本軍の蛮行を否定しするばかりか、美化してさえいる。
神風パイロットは、いまの自爆テロとなにも変わらない。
日本の若者は海外で歴史を学ぶべきだ。そうすればいつかこの反動的な流れが元に戻るだろう。そうしないと過去と同じことを繰り返すことになる。+42

 

●特攻隊の手紙は、検閲されていたし、ときに模範的なことを書くよう強要されてもいた。これは日本の文化の中にある悪弊だ。日本人は他人を騙すことはもちろん自らを騙すことを何とも思わないんだよ。+4

 

●東京の靖国神社を見学した時のことを思い出す。そこには特攻機とともに人間魚雷が展示されていた。解説文にはこう書いてあった。「いまの日本が自由で豊かなのはこの人たちのおかげです」。これこそ歴史のねつ造というものだよ!+31

 

●この記者は、エミコ・オオヌキ氏以外の人からもコメントを取るべきだった。もしエコノミストが、特定の国(たとえば中国と韓国)の利益を代弁する新聞社じゃないと言い張るならね。+5


中国のせいにするべきじゃない。そもそも日本は敗戦国であり、世界からみれば仲間はずれなのだ。そうした状況から脱却したいのなら、日本は過去の戦争犯罪を真摯に反省し、軍国主義の途上で無理矢理奪い取った沖縄を琉球民族に返すべきだ。アメリカをはじめ国際社会から許しを得るためには、それ以外に道はない。そうしなければ、日本に未来はないだろう。+3

 

●神風の話は、ヒトラー晩年のエピソードを思い起こさせる。1945年、ソ連赤軍の猛攻を避けるべく、ヒトラーは防空壕に隠れていた。防衛にあたっていたのは、まだ10代のヒトラーユーゲントたちだった。そしてヒトラーはわざわざ防空壕から出てきて、彼らに謝意を示したんだ。
しかし、枢軸国ってはなんでまた負け戦とわかっていながら、未来ある若者を無駄死にさせたんだろう?+22


彼らは国民の命などなんとも思ってないからだよ。彼らはただ自分たちの利益と野心しか頭にないんだ。彼らが滅んだのもそのためだ。日本人が過去の過ちに学ぼうとしないのはとても悲しいよ。+2

 

●神風パイロットの孫たちは祖先の愚かさを学ばないばかりか、いまもその行為を美化している。
たしかフランス人の哲学者(名前は失念したが)が言っていたけど、日本人は他のどの民族よりも野蛮らしい。
それと日本人の多くはアメリカには負けたが、中国には負けていなかったといまも信じている。これは危険な考え方だ。
日本が敗北した最大の理由は、中国戦線で中国軍の執拗な抵抗に悩まされていたからだ。
それと原爆が投下されたのは、日本軍がなかなか降伏しなかったからだ。それは自業自得だった。
問題なのは、原爆を口実に自らの戦争責任をごまかしていることだ。原爆の悲惨さを誇張することで、日本はまるで過去の罪過がすべて帳消しになったかのような態度でいる。
しかしたったふたつの都市で起きた100万にも満たない犠牲者をもって、中国大陸で犠牲になった4000万の中国人犠牲者と比べられるものではない。
しかも中国は戦後、日本人を中国大陸から平和裏に帰還させた上、さらにその国土再建までも手伝った。
日本がこうした恩を忘れ、ふたたび中国と戦争するというのであれば、いたしかたない。悲劇はもはや覚悟の上だ。
中国はかつての清朝のような腐敗した国ではない。アメリカでさえ、核戦争になるのを恐れて、いまの中国と事を構えようとはしないということを忘れるな。+24


ちょいと突っ込ませてもらうが、神風パイロットに孫なんていたのかね? ほとんどが20代前半だったはずだろ? それと日本兵の中国大陸からの帰還事業にはアメリカも一枚かんでいたよ。台湾の再占領もアメリカによるものだ。+22

 

●神風は馬鹿げているし、むしろ臆病な行為だ。現在の自爆テロの元祖でもある。
日本が神風を世界記憶遺産に申請することは、第二次世界大戦を戦った英雄たちを侮辱する行為であると同時に、911の犠牲者を公然と侮辱する行為でもある。
安倍首相は日本を再び軍国主義の国にしようとたくらんでいる。日本は平和への脅威となりつつある。+33

 

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/propagandawar/n/ned434f1e139a

また本サイトの記事は下の「歴史ニンシキガー速報電子書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたいと思います。

なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

kindle本

コメント

  • >●南京大虐殺を非難する人が多いが、日本統治下の台湾で起こったいくつもの「ミニ南京虐殺」については残念ながら知る人すら少ない。日本が木材や鉱物など台湾の資源をほとんど枯渇寸前になるまで搾取し、それに抗議した住民を無慈悲に虐殺したという史実を知って欲しい。+26

    こんなデマが書かれていて賛同している人がいることに驚きだ。
    木材や鉱物といった資源を日本は大切に扱った。伐採した後は植林もした。日本が守った山を戦後「大陸を取り戻す」ために台湾へ一時避難してやって来た国民党軍がことごとく山林を伐採し禿山にした結果が、今の台湾の土石流や自然災害を引き起こすきっかけとなっていることは台湾人なら知っている。
    明らかにこのコメントは戦後台湾に来た国民党の党員の発想だ。
    海外でこんなデマが吹聴されることに腹が立つ。
    日本政府は断固とした今までとは異なる談話を発表してもらいたい。
    特亜の言いなりになって日本を貶めるだけの自虐談話にはうんざりだ。
    これ以上英霊を傷つけることも許すな、と思う。

    by 匿名 €2015年8月11日 5:19 AM

  • 永遠の0が特攻賛美だの日本が軍国主義になるとか言い続けてる外人がこの程度の奴らということが見えたという点でこの映画は価値があったよ。
    ついでに日本でも宮崎駿とかのマヌケな似非平和主義者とかをあぶり出した点もね。

    by 匿名 €2015年8月10日 9:37 PM

  • 日本人で批判してる人もそうだけど映画見てないだろ
    岡田演じる主人公が、教え子が特攻で死んでいく姿を見て、どんどんボロボロになってく描写を見ても戦争賛美というのか?これは間違いなく反戦ものだよ
    映画見てから言えよ

    by   €2015年8月10日 8:33 PM

  • >日本は危険な場所に向かっているように見える。

    日本が核武装でもしてから言ってくださいな。
    核武装している国が平然と○国は危険だとか言ったり、常任理事国ってなんだよ?
    己の国は最終兵器というカードを持ちながら、出る杭は打つのはおかしな話でしょw
    特攻は人道的にダメで、原爆はOKと? なにがどう違うのよ?

    by   €2015年8月10日 6:39 PM

  • 明らかに映画見てないコメント多いな。
    映画を見てもいないのにイメージだけでコメントしている奴らにコメントする資格ないわ。
    この映画は神風特攻隊を推奨なんてしていない。

    by 匿名 €2015年8月10日 5:07 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

Facebookで最新情報をお届けします

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttps://hakkou-ichiu.com/feed/です。

Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。