歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【速報】「日本はいまもなお第二次大戦時の虐殺行為を否認している」米国メディアが徴用工問題などで日本政府の対応を批判

time 2019/06/10

速報です。

米国のメディア『フォーリンポリシー』が、いわゆる徴用工を奴隷労働であると決めつけた上で日本政府の対応を非難しています。

 

いまもなお第二次世界大戦時の虐殺行為を否認し続ける日本政府

奴隷労働に対する日本政府の弁明には説得力がない

(以下、最初の二行以外はGoogle翻訳によるものです。ほとんど意味が取れませんので、お手数ですが興味のある方は原文を当たってみてください)

元記事はこちら→https://foreignpolicy.com/2019/05/29/tokyo-keeps-defending-world-war-ii-atrocities

大日本帝国はその植民地プロジェクトの一環として1910年に大韓帝国を併合した。それはナチスドイツとファシストイタリアとの同盟へと導くステップとなった。

百万人以上の朝鮮人が日本の戦争の努力のための奴隷労働者として徴兵されるでしょう – 日本軍のための時代を数えないで。李春秋は、今では90代で、奴隷労働を余儀なくされた多くの人のうちの1人でした。リーは日本で過酷で危険な仕事をし、給料も、食料も、そして定期的な殴打も受けなかった。 2005年に、リーと他の3人の訓練を受けた労働教育者は、韓国の裁判所で戦時製鉄所の後継者である新日鉄と住友金属工業を訴えた。 2018年10月、長い法廷闘争の後、リーは最高裁判所で勝訴しました。 13年間の訴訟の後、Leeはまだ生きている原告の一人です。

リーと他の多くの人の苦しみは歴史的事実です。しかし、あなたが日本政府の「韓国の責任をシフトしようとする」という隣人を非難して戦時の強制労働を非難したという日本政府のヒステリックな反応によって行ったなら、あなたはそれがこの物語の悪役である韓国だと思うかもしれません。韓国での最高裁判所の決定、韓国、日本での16の韓国政府の財産​​、および韓国のビザ要件。河野太郎外相はまた、最高裁判所の決定に介入する韓国のムンジェイン大統領に、権力の分離を義務付ける憲法上の争いをするというばかげた要求を求めた。(以下略)

以下ツイッターのコメント

●メディアとしての信用ががた落ちだな。もう「ロシアの外交政策」って名前を変えた方がいいよ。

●金なら55年前にもう支払ったんだが‥

●この記者、バカか? とっちめてやるぞ。韓国へ帰れ。

●何が起ころうが、どっちが正しかろうが、一度二国間で取り決めた合意は守られるべき。それが文明国のルールというものだ。

●これが韓国人記者による記事だってのは、初めから分かっていたよ。

●韓国人はなんで1965年の条約を無視するんだ?

●誰から金もらって書いたんだ? 日本側の資料は読んだのか? GHQの文書は読んだか? 韓国のプロパガンダにはもううんざりだよ。

●日本はすでに多額の賠償金を支払っている。君はこの事実に向き合うべきだよ。

●正しい歴史を学習しなさい。
日本と韓国は様々な合意をしてる!
さらに求めるのは約束違反であり、恥を知りなさい!

●君、日韓基本条約とその中身を理解している?

●奴隷労働者ではない。移民労働者だ。もっと勉強してくれ。

●嘘を拡散するメディアは信用を失う。私は残念に思います。

●移民労働者と性産業従事者だよ

●でたらめだらけの記事だな。

●フェイク!

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

kindle本

コメント

  • アメリカ人は、不公平を嫌うと言う、ちょっと、詳しい人は、日韓条約ぐらい知っているはずだが、
    この記事は、不公平そのものだ、被害者と言う人の言葉を一方的に信じるほどのものが、どうしてあるのか。
    不公平を嫌うのは、嘘ではないか。

    by 九牛 €2019年6月10日 7:58 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

Facebookで最新情報をお届けします

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttps://hakkou-ichiu.com/feed/です。

Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。