→「中国とは共存できない!」米国が危機委員会を設置

米国が中国の脅威に対抗するため「危機委員会」を設置したというニュースが飛び込んできました。

しかし‥。

これを徹底するには、当然ながら正しい歴史認識が不可欠になります。過去を正しく知らなければ未来への正しい戦略など導き出せないからです。

一方、官民挙げて歴史を正しく認識しようとする努力は、南京虐殺の真実や戦前米国の対中、対日政策の過ちといった「歴史の嘘」もあぶり出さないではおかないでしょう。それは戦後、米国が主張してきた「正しい歴史認識」なるものが真っ赤な嘘であったことが米国民と世界中の人々の間に明らかになるということでもあります。

ここからもわかるように、中国に敵対するということは米国にとってはパンドラの箱を開けるのにも等しいきわめて危険な行為です。

このジレンマに対し、米国はどこまで本気で向き合うつもりなのでしょうか? またそれに対抗する中国サイドもおそらく米国側のそうしたジレンマを巧みに突いてくることでしょう。

いずれにせよ今後、歴史戦は新たな段階に入るといえそうです。

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。
韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!


韓国の歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造

韓国人は日本に対してなぜあれほど不可解な行動を取るのか?

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。