速報です。4月22日、BBCからこんなニュースが飛び込んできました。

1942年に日本兵、豪の看護師21人を銃殺する前に何を 真実追求の動き

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-47986990

第2次世界大戦中の1942年、オーストラリアの女性看護師の一団が、日本軍兵士たちによって殺害された「バンカ島虐殺事件」。いま、一人の歴史研究者が入手した証拠から、ある事象が浮かび上がりつつある。看護師たちは殺害前、日本兵たちに性的暴行を受け、オーストラリア当局がそれをひた隠しにしてきたというのだ。

「この真実を発掘し、ついに公表するには、複数の女性の力が必要だった」

軍事史を研究するリネット・シルヴァーさんがこう言う「真実」とは、1942年2月にインドネシア・バンカ島で、海の中へ歩かされ、機関銃で銃撃されたオーストラリア人看護師22人の身に起きたことを指す。看護師たちは1人を除いて全員殺された。

「それだけでぞっとした。でも、殺害前に強姦されていたなんて、語るにはむご過ぎる真実だった」。シルヴァーさんは、新著で詳しく書いた証言について、こう話す。

まあたはじまったという感じですが、案の定、SNS上では「ほおらやっぱり日本軍は悪い奴だったんだ!」とお花畑がお祭り騒ぎを繰り広げているようです。

https://twitter.com/hashtag/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AB%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E4%BB%B6?src=hashtag_click

書き出すと長くなりそうなので、ここはぐっと抑えて簡単にコメントします。

日独の戦争犯罪←日独は悪い奴だ!←永久に糾弾せよ!

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

連合国の戦争犯罪←戦争とはそういうものだ←無罪放免

ここにあるのはこういうダブルスタンダードな構図です。

そもそもこういう構図がおかしいし、その構図が温存されている限り、日独だけを一方的に糾弾する平和運動など偽善にすぎないことは一定以上の知性をもつ人であれば理解できるはずです。

そして私たちが非難の声を上げているのは現代世界を覆うこの偽善的な構図に対してであって、なにも日本が実際に犯した悪行までもやみくもになかったことにしようとしているわけではありません。

しかし、自称平和主義者たちの自称「バカなネトウヨとは違う賢い頭脳」にはどういうわけかそこまでの理解が及ばないようです。

要するにいつものことですが、論点がずれているというか叩く相手を間違っているわけです。

「愛国者諸氏はこれもなかったことにしたいのか?」なんていうコメントがありましたが、これなぞはまさにその典型ですね。

まあ自分らに矛先が向かわないよう誰かさんがそのように仕組んだわけですけどね‥。

ちなみにこのバンカ島事件、当初はたんなる虐殺事件とされてきたのですが、Yuki Tanakaの名で知られる日本人大学教員田中利幸が1990年代に銃殺前に女性看護師たちが日本兵に強姦されたと主張したことからいつのまにか強姦・虐殺事件に格上げされたようです。

この事件についてはよく知らないので否定も肯定もしませんが、南京事件や慰安婦などの前例からもわかるように、左派の手にかかるとどんなささいな事件でも「世界を震撼させた鬼畜のような日本軍の大悪行」に容易に仕立て上げられてしまうということは覚えておくべきでしょう。

 

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


One thought on “次の日本叩きネタは「強姦虐殺事件」に昇格したバンカ島事件か?”

  1. バンカ島事件には連合国側にもかなりの責任があると思う。
    降伏したはずの連合国軍の兵士が、降伏直後に何人も脱走したのだ。
    こんな危険な行為があったら、謀略や反乱だと判断されるだろう。
    実際、戦後の軍事裁判でさえも誰一人罪に問われていないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。