ソース:YouTube

『ライダイハンのための正義』という動画についていたコメントをご紹介します。

●韓国人によると彼らはベトナム人女性をレイプなどしていないし、それどころかベトナム人を助けたんだという。韓国人によると彼らはアメリカ人と戦っていたベトナム人を救った英雄だったらしい。

 

●日本の性奴隷制(慰安婦)こそ戦時中の性暴力というべきだ。ライダイハンはベトナム戦争中、韓国人男性とベトナム人女性との間に生まれた混血児にすぎない。それは朝鮮戦争中、米国人の父と韓国人の母から生まれたそれと同じだ。

韓国人はいわゆる慰安婦問題で日本から謝罪を要求している。彼女たちの多くがーほとんどではないにしろー募集に応じたこと、その報酬は一般的な日本兵の給与よりはるかに高額だったこと、また日本人雇い主から大切に扱われたという事実があるにもかかわらずだ‥。

一方、ベトナム戦争中のライダイハン問題に対して韓国人は謝罪していない。これは大きな偽善というものだ。今日、5000人から3万人といわれるライダイハンがベトナム社会の周辺で差別されながら生きている。日本兵と韓国人慰安婦との間に混血児は生まれていない。

なるほどわかったよ! 韓国人は日本軍が戦地で現地女性を慰安婦という性奴隷にしたといっているが、それが本当か嘘かは別にして、彼らはそれを自らの犯罪を覆い隠し、また自分たちの面子を守るために利用しているだけなんだな!

 

●この「ライダイハンのための正義」は「30万人の慰安婦」という犯罪を覆い隠すため、日本の右翼民族主義者が作った組織だと聞いている。日本政府は占領した国々から30万人もの少女たちを誘拐し、性奴隷にした。そればかりか、証拠隠滅のためその多くを殺害した。

1944年に出された米軍の『日本人戦争捕虜尋問レポート No.49』には、韓国人慰安婦は高額な報酬を得ていた売春婦であり、自由を奪われた性奴隷などではなかったことが明示されている。
(以下、レポートの内容が続きますが省略)

歴史ニンシキガー速報書き下ろし本

この「韓の法則」を知れば面白いように次が読める!?

歴史漫画で読み解くワンパターンすぎる自爆の韓国史

 

●日本による性奴隷、いわゆる「慰安婦」による直接の証言はここにある。
https://www.youtube.com/watch?v=qsT97ax_Xb0

 

●韓国国旗は戦犯旗だ。ベトナム人にとってそれはハーケンクロイツと同じだ。

韓国の国旗と国歌は親日韓国人によってつくられた。韓国人の多くがそのことを知らないのはおかしな話だよ。

 

●二日市保養所を知っているか? 二日市保養所は1946年、今の福岡県に設立された厚生省の施設だ。そこでは満州や朝鮮でレイプ被害にあった日本人女性に対する堕胎手術や性病治療が行われていた。

 

●典型的な韓国人がいるな。韓国人はYouTube上ではベトナム人に対して真摯に謝罪するふりをするんだ。しかし多くの韓国人はベトナムでのレイプ犯罪や虐殺事件などなかったというし、教科書にもそう書いてある。

 

●ベトナム戦争中の韓国人による虐殺事件
タイビン村虐殺
ゴダイ虐殺
フォンニイ・フォンニャットの虐殺
ハミの虐殺

 

●ライダイハンは結婚した韓国兵とベトナム女性との間に生まれた混血児だと韓国人は主張している。しかし自分はそれはかなり疑わしいと思っている。

 

●【韓国人が知らない隠された真実】
朝鮮戦争中の米軍向け慰安婦(1950〜60)
モンキーハウス(米軍用性奴隷)(1960〜90s)
ライダイハン=韓国による性犯罪(1965〜72)

 

●第二次世界大戦中、韓国が日本と戦ったことはなかった。一方、ベトナム戦争中、ベトナムは韓国と戦った。

 

(以上です)

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。
韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!


韓国の歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造

韓国人は日本に対してなぜあれほど不可解な行動を取るのか?

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。