ジャワ海沖海戦の際、昨日の敵である英国人水兵らを救助した日本海軍のエピソード。それを紹介した動画についた最近のコメントをご紹介します。

 

●工藤艦長に栄誉を!

 

●アメリカ人が自分たちに都合のよい歴史を信じこんでいることについては笑いをこらえきれないよ。日本人は悪魔だったって??? はあ?

原子爆弾は50万人もの人を殺した(放射能の影響で病死した人などを加えればその数はさらに多くなる)。しかも彼らは一般人だった。海軍兵でも陸軍兵でもない文字通り無辜の市民だった。そういうとアメリカ人の多くは決まってこういう。「だけど真珠湾を攻撃したのは君らだ」。

馬鹿を言うな! 我々が攻撃したのは軍事施設だ。もし一般人を攻撃したなら、それは武士道に反してしまう。君らは広島と長崎がなぜ原爆のターゲットに選ばれたか知っているか? その野蛮きわまりない理由を知れば君らアメリカ人がいかに悪辣だったかがわかるだろう。

悪魔に悪魔などと呼ばれたくない! たしかに我々は多くの人を殺したよ。だけどその一方で多くの人々を救いもした。それはヨーロッパの兵士たちがそうしたのと同じだ。しかし真実はいつまでたっても明るみに出ない。真実の歴史が明るみに出ると困る君らアメリカ人がそうしているからだよ。

 

●日本陸軍は残虐だったが、日本海軍は立派だった。

 

●バターン死の行進や南京虐殺、韓国人への残虐行為などのどこに日本人の誇りがあったというんだよ? 日本ではそうした歴史を子供たちに教えていない。

そこに韓国に入れるのはお門違いだ。日本は韓国を侵略などしていない。韓国は1910年にアメリカの仲介により平和的に日本の一部になった。当時は朝鮮人の国会議員もいた。中国戦線には大勢の朝鮮人兵士がいた。朝鮮人将校のなかには戦争犯罪者となった者も大勢いる。

韓国は他のアジア諸国のように被害者として扱われようとしている。しかし歴史は変えられない。韓国ではそうした歴史を子供たちに教えていない。

 

●これはジャワ海での戦闘だ。自分の祖父もそこで救出された一人だ。1945年の3月に捕虜として死んでしまったけどね。

 

●日本海軍が犯した数多くの犯罪を消し去ることはできない。日本人は、捕虜を潜水艦の尖塔に括り付けたまま潜水したり、不時着した航空兵の肝臓を食べたり、また水蒸気でいっぱいの狭い船内に閉じ込めたと思ったら甲板に出して銃剣術の練習台にしたりといった残虐行為を行ったんだ。

 

●これが真実かどうかわからない。だけど真実であってほしいと思う。これまで戦争はいくつもあったがこのようなケースはまれだ。戦争というのは地獄だし、実際そういうものだ。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

 

●こんなの汚いプロパガンダだよ

なんとも汚い性根の持ち主だな

 

●日本はアメリカと中国側についていればよかったんだよ。日本人は勤勉さと完璧主義で心強い友人になりえたはずだ。地球温暖化を止めるため、今や我々は一致団結しなければならない。

 

●日本の捕虜収容所から一体何人が生還できたんだっけ?

 

●これほど馬鹿げたコメディは見たことがない! こんなのは戦時中、日本軍が犯したいくつもの犯罪を覆い隠すためのものでしかない。あまりに誇張されすぎている。

日本は真珠湾を攻撃した。東南アジアへ侵略もした。バターン死の行進では何千人もの米兵が死んだ。これらは日本の残虐行為として東京裁判で断罪された。しかしアメリカも日本の大都市に空襲を行い、何万人もの無辜の市民を死に追いやった。さらに原爆というおぞましい兵器を使用した。

中国共産党は証拠もないのに南京虐殺をおこなったとして日本を非難している。もし君が南京虐殺を信じているなら天安門虐殺もなかったと主張すべきだ。なぜなら中国共産党は天安門での虐殺はなかった、あれは嘘だと主張しているんだから。ダブルスタンダードはだめだぞ。

 

●自分はオーストラリア人だけど、こんな話はいままで聞いたことがなかった。オーストラリ人部隊が日本軍によってひどい扱いを受けていたという話はよく聞いたけどね‥。たぶん日本の海軍は陸軍より名誉を重んじる組織だったんだろう。まあこういうものは場所や時間によってそれぞれ違った表情を見せるんだろうけどね。いずれにせよ、この艦長には敬意を表すよ。元兵士だった父はこう言っていた。「すべての戦争は愚かしい」とね。

 

●タイ・ビルマの死の鉄道やバターン死の行進を忘れるな。ジャワでオランダ人女性と子供たちが井戸に投げ込まれたことを忘れるな。パラワン虐殺、南京虐殺、ボルネオ虐殺を忘れるな。何千人ものフィリピン人が殺されたこと、シンガポールでの中国人粛清事件を忘れるな。ミッドウエイで殺されたアメリカ人航空兵捕虜を忘れるな。あの戦争で日本人が行った数々の残虐行為を忘れてはならない。だが、この艦長とそのクルーたちがしたことは素晴らしい。

 

●日本陸軍にこのようなヒューマニズムがなかったことは残念だ。こういうことが起こったのは日本海軍が英国海軍と歴史的に親しかったからかな?

 

●ありがとう、工藤艦長。あなたは多くの命を救ってくれた。

 

こちらもご覧ください
父も救出された一人だ! 海の武士道・工藤艦長のエピソード動画をみた海外の反応

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。