【シェア記事】日本人が南京事件に言及して牢屋送りに?中国共産党・習近平政権が偽りの歴史を塗り固める「新しい手口」【孫向文】

【シェア記事】日本人が南京事件に言及して牢屋送りに?中国共産党・習近平政権が偽りの歴史を塗り固める「新しい手口」【孫向文】

中国人漫画家・孫向文氏の記事をシェアさせていただきます。

ヨーロッパでホロコースト否定言論が罪に問われるように中国でも南京虐殺否定言論が罪に問われることになったようです。それも国籍問わず、です。ということは南京虐殺否定言論を公にした中国在住の日本人も同罪だということです。さらに同じような法律が近い将来、この日本国内でも施行されないという保証はありません‥。

 

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

2018年 8月28日、中国の南京市にて南京第16回人民代表常務委員会が開幕しました。会議では「南京市国家公祭保証条例」の草案が発表されました。

「南京公祭」とは何か。2014年に習近平政権が制定した国民の休日「南京大虐殺記念日」(毎年12月13日)の日に、全国規模で行われる「旧日本軍に大虐殺された30万人の中国人死者」を追悼するイベントです。つまり、年に一度の反日感情を蒸し返す恒例行事です。旧日本軍に殺された南京市民など一人もいないのに(※編集部注:孫向文氏の歴史解釈です)、毎年にもこの茶番劇を繰り返しているのです。

続きは元記事でお読みください→

 

こちらもおススメ
哈日族の次は精日族? 中国でひそかに増える「精神的日本人」

「精神的日本人」の次は「精神的偽満州国人」? なぜか中国に次々現れる精神的◯◯人

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

中国カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。