ツイッター上で交わされていた南京事件に関する論戦の中から個人的にツボにはまった部分をまとめてみました。トゥギャッターでまとめたのですが、使い方がよくわからないまま試験的に作ったものであり、流れがちょっとわかりにくいかもしれません。またそれをここに転載する方法(法的な問題も含め)が分からなかったのでとりあえずリンクという形で張っておきます。

流れをざっくりといえば、

肯定派:「南京虐殺はあった」

否定派:「根拠は?」

肯定派:「専門書や論文なら山ほどある。まずはそれを読め。議論はその後だ」

否定派:「どの文献だ? またそれのどの部分を読めばいいのかくらい示せ」

肯定派:「全部読んだという証拠を出さないかぎり教えない」

否定派:「ハア?」

という流れです。

ここにあるのはYouTube動画上などで交わされている特アを相手にした論戦とまったく同じパターンです。「証拠は山ほどある」と言っておきながら、「具体的にどれよ?」と問われると、逃げ回って結局ひとつの証拠すら出さない「あるある詐欺」です。

私たちが求めているのは「山ほどの証拠」ではありません。そんなにたくさんの証拠は要りません。「たったひとつの物的証拠」でいいのです。たったひとつ、南京虐殺があったことを証明する客観的な証拠さえ出してくれれば、私たちもそれを認めるにやぶさかではありません。この長年にわたる論争もそれで決着がつくのです。しかしながら、肯定派はどういうわけか、そのたったひとつの証拠も出せないまま、「山ほどある資料を全部読めばそれが事実であることがわかる。ろくに資料も読んでないやつに議論する資格はない。黙っていろ!」と言っているのです。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

決定的な証拠が出せなくても、せめて「南京虐殺が事実であった」ことを誰にでもわかるように自分の言葉で説明してくれればよいものを、それすらしないのがいわゆる肯定派の学者たちです。

仮に南京事件がそれほど複雑きわまる事件だったとしても、複雑なことを誰もがわかるように簡単に説明することもまた学者たちの仕事のはずです。それすらしないで上から目線で「素人は黙ってろ!」というのでは学者としてあまりに傲慢すぎる態度というべきではないでしょうか。

曇りのない目で公平に判断すれば、肯定派、否定派、どちらに分があるかはもはや一目瞭然だと思います。

 

南京事件論戦まとめ

いつもの売国左翼の「あるある詐欺」。「証拠はこの本に書いてあるから、それを全部読め!」。南京事件というのは、何百冊もの資料を全部読み込まないと全容が理解できないほど複雑きわまりない事件だったのだろうか?

またそれほど膨大な資料を読み込み、全容を理解したはずの人がなぜ他人には自分の言葉でわかりやすく簡潔に説明できないのだろうか? 頭の良い人なら複雑なことも簡潔に説明できるはずだが、売国左翼には頭の良い人は一人もいないのだろうか? 謎である。

https://togetter.com/li/1261515

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


2 thoughts on “南京事件論戦 肯定派「資料を読まない奴とは議論しない」否定派「どの資料よ?」「教えてあげない」「ハア?」”

  1. 当時の南京の人口は10万人。その街で30万人の住人が殺された。と肯定派が主張するのが南京大虐殺(笑)ドサクサで同胞の支那人から略奪する支那軍を日本軍は追っ払い、ほとんど無人のような状態だった南京に到着しております。正に無血開城ですな。日本軍が来た後に撮られた写真で、現地の子供は笑顔で写っております。親が目の前で虐殺とかされてたんなら、いくら脅してもあんな笑顔は子供には作れない。子供の間だけは世界中みんな素直ですから。虐殺どころかむしろ日本軍の保護によって南京の街に平和が訪れた何よりの証拠ですな。ちなみに、南京大虐殺の証拠と言われる惨殺死体の写真ですが、あれは通州事件で支那人に大虐殺された日本人のご遺体です。性器に鉄の棒を突き刺して惨殺された女性のご遺体の写真がありますが、あの女性が履いているのは足袋です。親指と二つに別れる形の足袋のことを、支那朝鮮人は豚の爪みたいだと昔から馬鹿にしてたわけですから、連中が履くわけがありません。通州事件という支那人による人間とは思えない残酷な大虐殺について日本人は全員知るべきです。

  2. この人は、南京事件はあったと、虐殺はあったが、大がつくほどではない。
    便衣兵、敗残兵のしたことは、知らないのか、我が兵士は、勇敢に戦ったとでも、それなら、兵隊の死体があるはずだ。
    当時、人口20万と言われていたが、時間がたつほどに増えて、今では、100万人いてもおかしくはないと言い出し、都合の良い数字を作っている。
    兵隊の人数は、聞いたことがないし、我国の便衣兵は、日本と戦ったとも言わない。
    南京の地区は、数十万人を養う、水と食料がなければ、事件は、なかったことになる。
    証拠らしい、証拠がない、写真は捏造という事は、なかったことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。