歴史ニンシキガー速報

反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況をレポート 歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアル いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

日本の歴史修正主義者は被害者を演じていると主張するアメリカ人右翼

time 2018/07/14

広告

『被害者を演じる日本の歴史修正主義者』というタイトルの動画とそこについたコメントをご紹介します。

(動画の大意)

ナチスには最悪の悪玉というイメージが定着しているが、同じ悪玉でも日本はそれほどではない。

日本はナチスと同じくらい多くの人を虐殺したはずだがーー。なぜなのか?

それに答える前にまず近代の歴史を簡単に振り返ってみよう。

日本は明治維新後、軍国主義化を進めた。

その後、中国を侵略した。

そこで多くの戦争犯罪を犯した。

なかでも有名なのが南京虐殺だ。

9万人の捕虜と一般人が殺害された。

あらゆる残虐な方法でコロされた。

少なくとも20万人がコロされた。南京の人口の約半分だ。

また日本兵は見つけた女性をかたっぱしからレイ○した。

2万から8万人の女性がレイ○された。

幼児ゴロしも多発した。

レイ○競争もあった。

これが南京虐殺と呼ばれるものだ

その後、日本はインドシナを侵略した。

それに対して米国は禁輸措置をとった。

それに対して日本は真珠湾攻撃で応えた。

太平洋戦争においても日本軍のふるまいは残虐かつ非人道的だった

多くの捕虜が虐待され死亡した。

ナチスの捕虜収容所における死亡率は25人に1人だったが日本のそれは3人に1人だった。

その後、原爆投下により日本は降伏した。

それが正しいかどうかここでは問わない。

しかし都市に対する破壊攻撃はこれがはじめてではない。

その前に東京空襲がある。

都市攻撃という点では両者の間に大きな違いはない。

しかしこの原爆をもって日本はあたかも戦争の被害者であるかのような顔をしている。

現在、日本が犠牲者として同情的に見られることが多いのはこの原爆投下のためだ。

これこそナチスが最悪の悪玉として描かれる一方、日本がそれほど悪玉に描かれない最大の理由だ。

もうひとつの理由は日本の場合、過去と断絶していないことが挙げられる。

ドイツの場合、ナチスは過去のものであり、現在のドイツとは完全に断絶している。

しかし日本はそうではない。

多くの分野で戦前の体制がそのまま今も続いている。戦犯とされた人物も訴追を免れ、戦後もそのまま政府の重要ポジションについている。

そのため大日本帝国を悪玉として批判すると今の日本も悪玉として批判しなければならなくなる。これは政治的にも不都合だ。

またその直後、中華人民共和国が誕生し、朝鮮戦争が始まった。

その結果、日本の断罪よりも反共が最優先事項になった。

そうしたこともあり日本批判のトーンが小さくなったのだ。

ドイツは戦後補償を行ったが、日本は行っていない。

南京虐殺の真の責任者である皇族もついに訴追されなかった。

中華民国も中華人民共和国も貿易の利を得るため日本の過去を許した。

今もなお多くの中国人が怒りを抱えているのはそれが理由だ。

日本はその戦争犯罪に対してこれまで一度も公式に謝罪したことがない。

アメリカもそうした日本の歴史隠蔽を幇助している。

ハローキティ、ケロッピー、グデタマなどはみな日本を平和的な国民に見せかけるために作られたものだ。それらの姿はみな「弱々しく、守ってあげたい」と思わせる。それらは日本を可哀想な犠牲者に仕立てるために作られたものなのだ。

日本の「カワイイ文化」もその意味で同じものだ。

もはや訴追されないと安心したのか、最近元日本兵たちが当時の犯罪を告白しはじめている。

『レイプオブ南京』『金陵十三釵』『アンブロークン』など日本の戦争犯罪を告発する著作や映画なども最近多く目にするようになった。

しかし日本政府は相変わらず過去の事実を否定している。

それどころかそれらはみなソ連と中国のプロパガンダだとさえ言っている。

南京虐殺の否定はホロコーストの否定と同じだ。

歴史修正主義者の特徴は片方の話しかしないことだ。

しかし我々は歴史を見る際、もう一方の側の話を聞くことが重要であることを学んだ。

思い出してほしいのは「歴史を忘れた者は同じことを繰り返す」という言葉だ。

さあここまで学んだ君は今後「そんなことは知らないよ」といってこの問題から逃げることはもうできない。「より多くを知った」(Knowing Bettter)のだから。

 

(コメント)

●日本が戦前に犯した虐殺を罰しなかったことはアメリカの最大の過ちだ。それどころかアメリカは東アジアの自由主義陣営の従順なメンバーとして日本をずっとかわいがってきた。そのひとつの現れが中国が主権を主張していた釣魚島を日本に与えたことだ。

 

●七三一部隊のことには言及しないのか? あれはレイプオブ南京同様のおぞましい戦争犯罪だったんだぞ。

 

●ヒロシマは歴史を書き換え、犠牲者になりすます日本のプロパガンダだ。同様に戦前日本が犯した非人道的な戦争犯罪を隠すための煙幕でもある‥。そのため毎年8月6日になると、世界中から「かわいそうな日本」の大合唱が聞こえてくるんだ。

 

●要するに、我々は二発だけでなくもっと多くの原爆を食らわすべきだったということだな。

広告

 

●日本を弁護するわけじゃあないけど、大量虐殺などほとんどの帝国主義国家が犯しているよ。アメリカもラテンアメリカで同じようなことをしでかしたしね。過去50年間にアメリカがやったこととそれほど大きな違いはないよ。

 

●『南京!南京!』も南京虐殺を描いた良い映画だよ。あまり知られていないのが残念だけどね‥。

 

●ちなみにたくさんのBC級戦犯が処刑された一方でA級戦犯の何人かは処刑を免れた。そのうちの一人が今の首相である安倍晋三の祖父だ。なんとも皮肉なことだよな。

 

●簡潔で分かりやすい歴史解説をありがとう。最初はおもしろおかしく見ていたのが、だんだん気分が重くなってきたけどね‥。なんだか日本が嫌いになってしまったよ。

 

●「もう一方の側の歴史を聞くことが重要だ」と君は言ったよね? だったら私の話も聞いてくれるかな?

南京虐殺は中国共産党のプロパガンダだ。これは20年以上この事件のことを調べてきた私の最終的な結論だ。ちなみに自分は若い頃、左翼的な思想の持ち主だった。南京虐殺のことも真実だと思っていた。

1、日本兵が30万人の一般市民を殺害した物的証拠はあるのかね? 疑わしい証言以外、その存在を示す物的証拠が一切ないことを君は知っているのか?

たしかに日本軍が相当数の中国人を殺害したのは事実だ。だが、日本兵は自分たちが無実の一般市民を殺害しているとは思っていなかった。そもそもあれは戦争だ。兵士が敵を殺すのは当たり前のことだ。戦時の合法的な殺人と平時の犯罪をごっちゃにしないでほしい。

2、仮に日本軍が市民を無差別を殺害しようとしていたのなら、日本軍はどうして無辜の一般市民と元兵士を区別するなどという面倒な作業をしたんだ?

https://www.youtube.com/watch?v=ID8wxiluml8

3、1938年3月28日に南京市民を統治するため中華民国維新政府が樹立されている。しかしそんな「死の街」になぜ行政機関など作る必要があったんだ? またなぜ作れたんだ?

https://en.wikipedia.org/wiki/Reformed_Government_of_the_Republic_of_China

4、日本軍占領後、中国人が逃げなかったのはどうしてだ? それどころか嬉々として戻って来たのはなぜだ? 1938年の正月に中国人の子供たちが日本兵と一緒になって遊んでいるのはどうしてだ?

https://www.youtube.com/watch?v=nos2prviBq8
http://21china.up.seesaa.net/image/03child20150309205246851.jpg

5、君は中国兵がどういう性格のものだったか、また同胞である中国人に対してどう接していたか知っているか? 中国人はいまもなお同胞である中国人を嫌っているが、君はその理由を知っているか?

https://www.youtube.com/watch?v=VZtdf3q_WRQ

6、仮に中国人がそれほど平和を愛する人たちだったのなら日本軍撤退後、中国人はただちに平和的な社会を作ることができたはずだ。しかしそうできなかったのはなぜだ? またそれほど暴力的な日本人が戦後これほど平和的な国を作ることができたのはなぜだ?

https://www.youtube.com/watch?v=QLVlMPXhHRU&t=30s

そもそも日本人の学者が言うことと中国共産党政府が言うこと、君はどっちを信じるんだ?

 

●日本は中国その他の国々を侵略し、レイ○し、そして最後には原爆を食らったってわけか‥

 

●ナチスが日本以上に悪魔化されているのは世界のマスメディアがユダ○人に牛耳られているからだよ。

 

●日本の悪行を暴露してくれてありがとう!

 

●いくつかの点で同意できないことはあるけど、日本が過去の戦争犯罪を認めるべきだという点では完全に同意する。ただあれから70年以上経った今、日本が戦前とは完全に違う国になったのも事実だ。

 

●君の御託を聞くまでもなく、日本に侵略者のイメージが少ない理由は間違いなくアニメだよ。

 

●日本人を一人残さず抹殺すべきだったな。

 


管理人後記

(お願い)
あまりに荒唐無稽かつ偽善的な主張を一方的に繰り広げる動画主に対し、行ってとっちめてやろうと反論を試みる方も読者のなかにはいらっしゃるかと思います。しかしながら反論コメントを上げる際は、けっして感情的なコメントにならないよう十分ご注意願います。というのも感情的なコメントはいたずらに日米の間に溝を生じさせるだけだからです。そしてじつはそれこそが中国共産党がもくろんでいる「日米離間策」でもあるからです。中国の戦略は多くの場合「夷を以て夷を制す」です。つまり「二虎を争わせ、その隙に漁父の利を得る」戦略です。歴史的事実を糾すことは大切ですが、勢いあまって中国共産党の術中にはまってしまっては元も子もありません。

こちらもおススメ
【アジア解放と日本】「われわれの歴史は巨大なプロパガンダだ!」日本悪玉論の嘘に気づいたアメリカ人との対話

「調べてみたけどこれは韓国の被害者ビジネスだよ」慰安婦問題が虚偽であることに気づいた外国人のコメント

広告
歴史ニンシキガー速報 ツイッターでもつぶやいてます

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

新品価格
¥1,404から
(2018/10/6 15:30時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,728から
(2018/10/6 15:38時点)

イノベーター理論

イノベーター理論によれば16%の先駆者が使用すれば新商品は市場でブレイクします。同様に歴史の真実も16%の先駆者が知れば一気に社会全体の知るところとなります。まずは16%の先駆者に真実を共有してもらうことを目標にしましょう。あと少しです!


反日プロパガンダに対抗せよ!
海外の歴史論戦が電子本になりました


捏造慰安婦説に反論せよ 捏造南京虐殺説に反論せよ


『歴史ニンシキガー速報』に収録した海外論戦の中から読み応えのある議論をテーマ別に再編集しました。貴重な保存版(将来値上がりするかもー笑)としてどうぞお手元にご所蔵ください。

買って応援!知って応援!日本が歴史戦に勝利するその日まで!

歴史ニンシキガー速報出版部→


YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。


スポンサー
スポンサー

コメント

  • >「もう一方の側の歴史を聞くことが重要だ」と君は言ったよね? だったら私の話も聞いてくれるかな?

    のコメントに高評価したいけど見つけられない…

    by boy €2018年7月18日 10:55 PM

  • 太平洋戦争は、ハル・ノートを突きつけっられて、決意したものだ。
    時の大統領は、戦争をしたくて、圧力を仕掛けたではないか。
    日中戦争は、日露戦争で、得た権益を守り、欧米に対抗するために始まった。
    欧米の植民地政策を見れば、有色人としては、じっとしては、折れないはずだ。
    欧米は、世界中を侵略し、植民地としていて、日本が、対策を立てると、それを避難してきた。
    人間は、白人だけであると言っているみたいである。
    白人は、植民地にした国に対して、十分な償いと謝罪をして、日本に言うのはどうか。
    植民地政策が正しいと思っているのではないか。
    日本兵はすぐに叩く、これは嘘ではない、兵を鍛える時間がないし、スパルタ方式が早いからだ。

    by 九牛 €2018年7月14日 9:25 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Facebookで最新情報をお届けします

使用している画像等の著作権について

当サイトで使用している写真や図版等はその多くが公表後50年を経過しているという点からすでに著作権が消滅しているという前提で使用させていただいております。また翻訳元のコメントにつきましては、「公共の場での政治演説」に準じるものとして扱わせていただいております。しかしながら一部の画像には、著作権の有無が確認できないものも含まれている可能性がありますし、また管理人の無知もしくは勘違いによって意図せずして著作権を侵害しているケースがないともいいきれません。当サイトの管理者は著作権についてはこれを最大限尊重するよう努力をしておりますが、万が一著作権侵害に当たる可能性があると思われる箇所を発見された方はたいへんお手数ですが、管理人までご一報くださるようお願い申し上げます。調査の上、速やかに削除等の処置を取らせていただきたいと思います。

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttp://hakkou-ichiu.com/feed/です。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。