歴史ニンシキガー速報

歴史戦の最前線から戦況をレポートします 歴史戦に勝利するための傾向と対策マニュアルを目指してます いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【海外の反応動画】日本人よ、この勇者たちを忘れるな! いまも世界を感動させる神風特攻隊の偉業とは?

time 2018/05/26

過去記事をもとに作成した新しい動画を(YouTube上の)『歴史ニンシキガー速報チャンネル』にアップしましたのでお知らせいたします。

「日本は太平洋戦争に敗れはしたが、そのかわりに何ものにも替え難いものを得た。 それは、世界のどんな国も真似のできない特別攻撃隊である。スターリン主義者たちにせよ、ナチ党員にせよ、結局は権力を手に入れるための行動だった。 日本の特別攻撃隊たちは、ファナチックだっただろうか。断じて違う。彼らには、権勢欲とか名誉欲など、かけらもなかった。祖国を憂える尊い情熱があるだけだった。 代償を求めない純粋な行為、そこには真の偉大さがあり、逆上と紙一重のファナチズムとは根本的に異質である。人間は、いつでも、偉大さへの志向を失ってはならないのだ」
(アンドレ・マルロー)

 

『歴史ニンシキガー速報チャンネル』への登録もぜひともよろしくお願いいたします! 登録はこちら→https://www.youtube.com/channel/UCdhgciwS–qFLSfl8Gwl8_w

 

【関連記事】

【海外の反応】日本人よ、この勇者たちを忘れるな。神風特攻隊の動画に感動する外国人

【神風特攻隊】勢いを増す賞賛の声に焦る韓米中 神風動画を見た海外の反応最新版

日本の国土を守ったのはやはり神風特攻隊だった!

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

kindle本

コメント

  • 生きて帰れない、特攻をクレイジーという人がいる。
    米国人は、死しかない、アラモの砦で、何故戦ったのか、彼らもクレイジーであったのか。
    福島で、原発が、メルトダウンを起こした時、死を覚悟して残った彼らは、クレイジーか。
    自分の命と引き換えに何かを守ることにしたのではないか。
    爆撃機が、家族、友人知人に爆弾をふらしているのを見ても、我が身の利を優先させ、何も思わず、何もしないのならば、人ではない。
    日本人は、死に関しての思いが、他とは違う

    by 九牛 €2018年12月11日 10:56 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサー

Facebookで最新情報をお届けします

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。拡散いただけるのであれば転載も大歓迎です(その場合、リンクだけは張ってください)。連絡も不要ですので、どうぞお気軽にご利用ください。なお当サイトのRSSフィードはhttps://hakkou-ichiu.com/feed/です。

Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。