正月を祝って街角に鳴り響く爆竹。その横を通り抜ける日本兵には目もくれず屈託なく遊び興じる子供たちの笑顔ーー。陥落後の南京のあまりにも平和的な光景に多くの人が困惑していました。

歴史ニンシキガー速報書き下ろし本

この「韓の法則」を知れば面白いように次が読める!?

歴史漫画で読み解くワンパターンすぎる自爆の韓国史

 

Google先生から「危険または中傷的なコンテンツ」として警告を受けましたので避難サイトに移動させました。こちら→

歴史ニンシキガー速報謹製kindle本、好評発売中!


助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。
韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?


2時間で読める中国近現代史

反日プロパガンダに対抗するために不可欠な基礎知識!中国近現代史の大まかな流れを平易な文章と豊富な写真でわかりやすく解説!


韓国の歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造

韓国人は日本に対してなぜあれほど不可解な行動を取るのか?

当サイトでしか手に入らない貴重な限定Kindle本!
反日プロパガンダの嘘と詭弁を撃退する「読むワクチン」の数々、続々発売中!
kindle unlimited会員の方は実質無料で読み放題!

2 thoughts on “やらせか真実か? 大虐殺が進行中のはずの南京で無邪気に遊ぶ子供たちの笑顔を見た海外の反応”

  1. どうでもいいけど「右翼が否定する」って言葉おかしいよな
    逆に肯定して誇ったら右翼扱いされないの?って思う

  2. 仮にプロパガンダだとしても、「日本軍は当時の中国人に信頼されていた」という主張に当て嵌まる映像を出せる日本と、虐殺や強制連行だのと嘯きながら、無関係の映像を持ってくる事しかできない中国や韓国。

    どちらが信に足るか、判断するのに頭を使う必要があるのか?

    それでもまだ、弱者の立場を主張する者を無条件で擁護すると言うのならば、「20万人の都市で30万人を殺し、翌月には25万人の人口が居た」、このカラクリを説明しなければならない。

    不眠不休で1分に7人以上の人間を殺す超人的な運動能力、少資源国家がわざわざ時間と人手と武器弾薬を割いてまで無意味な虐殺を行った理由とそれに依るその後の戦況への影響の証明、誰一人として確認されていない30万人の死体の行方。
    その全ての推論を、理論的に解説できなければならない。

    証拠も証左も無く、理論的な推論すら出来ない口先だけの主張をこそ、「嘘・偽り」と言うのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。