Comfort Woman – Wianbu 従軍慰安婦

 ああいえばコリア。従軍慰安婦問題で論点ずらしをはじめた韓国

 

 

アメリカをも巻き込み、世界的な論議の的となりつつある日韓の慰安婦問題。今日は久しぶりにこの慰安婦関連の動画を取り上げたいと思います。

今回、コメントを読んでいて気がついたのですが、最近の韓国側の主張に若干の変化が見られるようです。

これまで韓国側は、慰安婦問題の核心は「日本軍による組織的かつ直接的な強制連行」にあり、そこを譲れない論拠として、またそれに基づく一方的な主張を展開してきましたが、最近のコメントをみると慰安婦を強制連行したのが「日本軍ではなく韓国人ブローカーである」ことを意外にもあっさりと認めているのです。

とはいえ、これをもって負けを認めたと考えるのは早計です。韓国側は、そのことを認めた上で次のように主張を展開しているからです。慰安婦を騙したとされる韓国人ブローカーは日本軍の命令に従っただけであり、彼らはその命令に逆らえる状態にはなかったと。

要するに慰安婦を誘拐したブローカーの韓国人もまた被害者だったというわけです。そうして韓国人ブローカーが慰安婦を騙し、誘拐せざるをえないそもそもの原因を作ったのは日本なのだから、結局、悪いのは日本だという理屈にもっていこうとしているのです。

次から次へとヘ理屈をこしらえる韓国人の「言い逃れの才」には正直感心してしまうところもあるのですが、それでもここ数年の日本側からの事実にもとづく地道な反論の成果が少しずつ現れてきたのでしょうか。動画についたコメントおよびそこでの議論からは、一歩一歩着実に韓国側を追い込んでいる様子がうかがえました。

 

以下、動画についていたコメントです。

 

●アメリカSF州立大学教授のC・サラ・ソウ氏 の慰安婦の研究
ソウ教授は女性たちが、「周旋業者に騙されて売春を始めたとの主張は間違っている」として「ほとんどの場合、慰安婦になる過程は開かれたもので」あり、女性とその家族は女性の運命を認識していたと発表。
「当時おびただしい数の朝鮮人女性が、父親または夫によって売春宿に売られたり、あるいは一家を貧困から救うために、自ら進んで慰安婦となる道を選んだりしていた。朝鮮の儒教的父権社会にあっては、女性は使い捨て可能な人的資源として扱われたのだった」
半島では昔から売春が行われていたが、身分階級だけでなく性差別も激しく女は奴隷階級女性の多くは補償もなくこき使われた
ところが日本の慰安所は高給で、朝鮮時代とは大違い。これで朝鮮人女性が応募した。

NEW! 歴史ニンシキガー速報オリジナル
おススメ電子本

助けてくれた相手を1000年恨む韓国人の病理

罵詈雑言、論点ずらし、そして最後はちゃぶ台返し‥。韓国人との議論から見えてくるその独特の思考パターンとは?

 

●「韓国するな」(「嘘つくな」という意味)。きっと韓国人の男は臆病だったんだろう。性奴隷なんて韓国のでっちあげであり、日本を貶めるためのプロパガンダだ。日本軍が韓国人女性を組織的に誘拐したという説は、アメリカ政府が2007年におこなった徹底的な調査の結果、完全に否定された。このIWGレポートを読まないで慰安婦問題を語るべきではない。

 

●嘘つきは嫌いだな

 

●最大の問題は、この慰安婦の件で責任者が罰せられていないことだ。そればかりか彼らは今も靖国神社で崇拝の対象となっている。このままじゃ歴史は繰り返すことになるよ。

 

●ねえ、なんでこの娘はあんなに痛がってるの?

↑まだ子供だからだよ。

 

●日本兵は胸くそ悪い奴らだ。

 

●慰安婦はただの売春婦だった。日本軍が強制連行した証拠はない。なのに韓国政府は、歴史を書き換えた上、米国に慰安婦像を建てるなどして日本の名誉を毀損し続けている。

 

●慰安婦たちよ、もう大丈夫だ。俺が日本兵をやっつけてやる。

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/propagandawar/n/na585f5960a8c”>

また本サイトの記事は下の「歴史ニンシキガー速報電子書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

このサイトは、やむにやまれむ大和魂の気概のもと時間もコストも無視して、ブログ主がすべて手弁当で運営しているものです。しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたいと思います。

なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

kindle本

ーーナチスドイツは債務とも利子とも無縁な貨幣を発行することで大恐慌を克服し、わずか5年で再び世界の強国へと返り咲いた。1935年から1945年までの間、ナチスドイツは金(ゴールド)にも借金にも頼ることなく社会を運営した。資本主義者と共産主義者からなる世界が、このドイツの革命を破壊したのはそのせいだ。そうしてヨーロッパは再び銀行家の支配下に引きずり戻されたのであるーー

歴史戦の本丸はナチスドイツにあります。とりわけ奥の院となっているのはそのベールに包まれた金融経済政策です。したがって歴史の真実を深く追求しようと思えば歴史の知識ばかりでは力が不足してしまいます。そのためには、歴史の知識に加え金融経済、とりわけ貨幣というものの本質に関する知識が不可欠になってきます。

以下、そのあたりを学ぶ上で参考になると思われる関連本をご紹介します。



YouTubeの歴史ニンシキガー速報チャンネルにも登録お願いします。
登録はこちら→


4 thoughts on “【慰安婦問題】「へ理屈なら負けないニダ」日本側の反論に押された韓国側が論点ずらしを開始”

  1. 韓国人証拠は山ほどあると言いながら、一度としてその証拠を出したことが無い。無いからだせないのだ。日本に論破されて、最近では人権問題にすり替えてきた。「平和の少女像」とね。慰安婦置き屋の主人は朝鮮人がほとんどだ。朝鮮人は金に成るなら何でもした。自国の女でも金に成るなら人権などくそくらだ。李氏朝鮮時代は両班が自家の奴婢を犯していたし、生まれた子供は人間扱いさえしてもらえなかった。女主人が嫉妬に狂って、その奴婢を殺す者もいた。奴婢は人間以下の扱いで奴隷として売り買いされていた。両班たちは税収の三分の二を自分の懐に入れていたので、王朝の台所は火の車で経済破たんしていた。日本が併合して、四民平等政策で、しいたげられていた民に、自分たちにも権利が有ることを教えた。既得権益を奪われた10%以下の両班たちは反日になったのだ。今の韓国人は「私の家計は両班だった」と、にわか両班が多い。古代朝鮮時代に外部の武力から侵略されて、王は一度も戦わず、江華島などに逃げ回っていた。大中華に使者を送っても、皇帝に拝謁出来るのは、台湾や沖縄の使者よりも遅く、何時も最後であった。そのくらい軽く見られていた。日本を恨むより自国の王朝のだらしない、ふがいない人間を恨め。強い者にはからっきし弱い歴史しかない朝鮮人が何をぬかす。

  2. 最近じゃ韓国も公式発言では「日本軍による強制連行」を言わなくなったじゃん?
    あれだけ言ってたのに。
    どうして?
    え?なんで言うのやめたの?
    この嘘を突き通すのは無理だと諦めたとしか思えないんだけど。

  3. ホントに、じゃあなぜ最初は「日本軍によるk統制連行だった」「銃剣を突き付けられて無理やり連れていかれた」「その証拠は山ほどある」という主張から始めたの?って話ですね。
    慰安婦同様、ほかの韓国人の皆さんも途中で言うことがころころ変わるようで(笑)

    慰安婦の証言→日本人の反論→証言の変遷&韓国人の非難(主張)→日本人の反論→主張の変遷を表にして張り出してみたら面白いかも。
    ごちゃごちゃ論戦するより効果的かも。

  4. 日本軍による連行からブローカーが脅されていたに変わったことで、つつきどころが増えたね。
    脅していたとする論拠、資料もつくられるのかなぁ。
    なぜ日本軍が連行していたと誤認していたかもつつきたくなってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。