反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【速報】北朝鮮ミサイル問題の陰でアジア覇権奪取への動きを加速させる中国

  

北朝鮮の裏に見え隠れする中国の動きがどうも気になってしようがないのですが、そのもやもやを解くヒントになりそうな記事をビジネスジャーナルに見つけましたのでシェアいたします。

北朝鮮ミサイル発射の裏で中国が尖閣諸島を実質半分支配か…米軍は動かない可能性

習近平の最終目標は、中国をかつてのようなアジアに君臨する大帝国にすることであり、AIIBや一帯一路を通してそのための布陣を着々と打っている中国は北朝鮮問題を隠れ蓑に尖閣諸島の実質的な支配をも強化しつつあるという話です。

以下、抜粋です。

ーー彼(習近平)がやろうとしているのは、『習近平思想』を中国共産党の規約に盛り込むことです。それに成功すれば、彼は毛沢東と肩を並べることができる。

ーーただ、毛沢東思想が受け入れられたのは中華人民共和国を建国したという圧倒的な実績があったからです。

ーー一方で、習近平にはそんな業績はありません。毛沢東も鄧小平も超える、少なくとも肩を並べるような何かが必要です。そこで考えているのが、対外的な勢力拡大です。

ーー中国をアジアに君臨する一大帝国につくり上げる。それができて初めて、毛沢東や鄧小平に肩を並べることができるわけです。

ーー習近平が目指しているのは、一帯一路やAIIBで経済的に周辺地域を支配し、最終的には軍事的にも支配することです。

ーー一帯一路などの経済政策は、何をもって成功とするのか、わかりづらいですよね。しかし、仮に尖閣諸島を手に入れたということになれば、目に見える業績です。何の説明もいりません。

元記事:http://biz-journal.jp/2017/09/post_20679.html

ちなみに満州族が中国本土を支配したのは始祖ヌルハチから数えて3代目の順治帝でした。またモンゴル族が中国全土を支配し、元朝を興したのは始祖チンギスハーンから数えて5代目のクビライハーンでした。

もしかして習近平は中華人民共和国の順治帝あるいはクビライハーンにでもなろうとしているのでしょうか?

いずれにせよ、北朝鮮の派手な動きにばかり目を奪われていると、中国というトンビにいつのまにか西太平洋の覇権という油揚げをさらわれてしまいかねないように思います。

北朝鮮=中ロの鉄砲玉説 アメリカを威嚇するあの自信はどこから?

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

当サイトをご支援ください。

ビットコイン

CoinTipを通すと簡単に送金できます。
送金先となる当サイトのアカウントは @rekishisen です。

モナコイン

上のモナコインアイコンをクリックすると送金手続きができます

当サイトの公式ツイッターもフォローしていただけると嬉しいです↓


歴史ニンシキガー速報公式ツイッター

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサードアド

 -中国, 中国共産党, 北朝鮮, 速報