反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

ベトナム参戦韓国兵によるライダイハン問題 英国で韓国政府に謝罪求める団体設立

  

sponsored ads

なにやら面白いことになりそうです。

ベトナム戦争中、韓国兵により強姦された女性から生まれたベトナム人ハーフーーライダイハンを救おうという団体が英国に設立されたそうです。

ベトナム戦争に派兵された韓国兵士の女性暴行「韓国政府に謝罪要求」英国で団体設立、混血児問題で像制作(産經新聞)

しかしなにゆえ英国なんでしょうね?

もしかしたら、先日のイギリスのメイ首相の来日の際、安倍首相との間でなんらかの密約でも交わされたのでしょうか。

うがった見方をすれば、ベトナム戦争の張本人であるアメリカを牽制したり、人権重視の姿勢をとることで国際社会におけるイギリスの立場を強めたりするなど、政治的なカードにすることはできそうですが‥。

sponsored ads

ともあれ、私たちにとって「イギリスさん、グッジョブ!」といえるのは、「被害女性が求めているのは賠償ではなく謝罪。韓国政府は女性たちに謝罪すべきだ」と主張していることと、「等身大のライダイハン像を制作し、在ベトナム韓国大使館前などに設置し世論喚起することを検討している」というところでしょう。

これはまさに今現在、韓国が日本に対して行っていることのオウム返しであり、これによってまったく同じ矛先が今度は必然的に韓国に対して向けられることになるからです。

さすがイギリスです。たっぷり皮肉の効いた絶妙な対応だと思います。

そうそう、あるいは韓国人が日韓併合で日本を支持したという理由でイギリスを恨んでいることも、もしかしたらこれとなんらかの関係があるのでしょうか?

【海外の反応】日本の植民地支配はイギリスのせいだと言い張る韓国人のウリナラ理論に困惑するイギリス人

さらにいえば、今回の件は慰安婦をめぐる騒動がヨーロッパにまで飛び火したということであり、これを機にいろんなヤブヘビが世界中から噴出してくる可能性があります。

ということは、これはある意味パンドラの箱が開いてしまったともいえるでしょう。

いずれにせよ、面白いことになりそうです。

sponsored ads
スポンサードアド

「歴史ニンシキガー速報」ツイッターでもつぶやいてます!

 -ライダイハン, 時事問題, 速報, 韓国