反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

*

「慰安婦問題は日米韓に対する分断工作だ」真相に気づいた米人記者の記事とそのコメント

  

スポンサードアド

せんだって「慰安婦問題の裏に気づき始めた米人記者たち」という記事をアップしましたが、そこに記したソースのひとつであるフォックスニュースの記事とそのコメントを翻訳してみました。ちなみに掲載されたのは2016年の3月であり、内容的にはちょっと古いです‥。

ソース:http://www.foxnews.com/opinion/2016/05/10/japan-vs-us-no-japan-is-not-killing-us-were-killing-japan-our-staunchest-asian-ally.html

<ざっくり言うと>

●アメリカ人は日本がアメリカを経済的に破壊しようとしていると考えているが、実際は逆だ。アメリカが日本を破壊しようとしている。

●慰安婦問題で日本が韓国から叩かれている。慰安婦問題は特定の政治勢力による日本叩きの道具である。

●慰安婦を強制連行したのは朝鮮人だった。したがって慰安婦問題に関して日本政府に責任はない。

●慰安婦問題の裏には米日韓の分断をはかる北朝鮮がいる。アメリカは慰安婦問題を解決するためもっと関与すべきだ。

以下、タイトルと大意

日本がアメリカを追いつめている? いいや、信頼できる同盟国日本を追いつめているのは我々の方だ。

オバマはその任期中、日本の広島を訪問するはじめての大統領となるだろう。しかし1945年の原爆投下に対して謝罪する可能性は低い。オバマの訪問はたんなる儀礼的なもの以上ではない。

その一方で、日本は時期大統領候補であるドナルド・トランプの言動に不安を抱いている。選挙期間中、トランプ氏の口からしばしば日本への非難が飛び出したからだ。彼はこう言った。「日本はアメリカを殺そうとしている」。これは日本の経済成長がアメリカの犠牲の上に立ったものだったという主張だ。

しかし、事実は正反対だ。日本はアメリカに莫大な投資をしてきた。日本が建設した自動車工場は1500万人の雇用を米国内に生み出してきた。米国への日本の投資額はヨーロッパやアジア、そして中国への投資額の何倍にも上る。

日本はアメリカを殺そうとなどしていない。むしろ我々こそがアジアにおけるもっとも信頼できる同盟国である日本を殺そうとしているのだ。我々は中国の周辺国に対するいきすぎたふるまいに無頓着すぎたし、東アジアで70年前から続く問題にも我関せずの態度を決め込んでいた。

オバマ大統領は「アジア重視」の姿勢を示しながら、それが十分果たされないことに多くの日本人が失望している。そうした失望の背景にあるのは、TTPが頓挫しつつあることと、東シナ海における中国の挑発的なふるまいに対して米国が手をこまねていることだ。

米国が日本との連帯を示すことができることのひとつに慰安婦問題がある。慰安婦というのは、第二次世界大戦中、日本軍によって虐待された女性たちだ。その多くが韓国人だった。1965年の日韓基本条約では、1910年から1945年までの植民地支配に対して日本が8億ドルの賠償金および借款を提供する、その代わり韓国は以後いっさいの請求権を放棄するということで両国は合意に達した。ところが韓国政府は、賠償金を犠牲者に支払うことなく経済建設の資金に回してしまった。

昨年12月、日本と韓国はこの慰安婦問題を解決するため「日韓合意」を結んだ。日本は元慰安婦を支援するため800万ドルを支払い、安倍晋三首相も謝罪の言葉を表明した。日本はすでに賠償金を支払い、何度も謝罪をしているが問題は解決しなかった。そうした中、日本は前例を破って大幅な譲歩をした形だ。しかし韓国人たちはそれでも満足しなかった。

慰安婦の話は戦時中の敵国により、またその政治的な目的によりしばしば歪められてきた。パクユハ教授が著した本は、この歪められた話に深く切り込んだものだった。しかしそれは韓国内にすさまじい反発を引き起こした。裁判に訴えられたパクユハ教授はほとんど犯罪者扱いされ、最終的に34カ所について修正するよう命じられた。さらに所属する世宗大学から追放する運動も巻き起こった。それはほとんど言論弾圧というものだった。

ニューヨークタイムズに彼女が述べたところによると、女性を甘言で騙して慰安所に連れていったのは朝鮮人と日本人の人買いだった。また日本政府がそうした詐欺的な行為に公的に関わっていた証拠はなく、したがってこの件で日本政府に責任はないという。

他の歴史家も同じような結論に達している。そもそも戦争に売春はつきものだ。実際、2014年には韓国人の女性団体が、1960年代から70年代にかけて韓国政府が韓国人女性を外貨稼ぎのためアメリカ兵の相手をさせたとして韓国政府を訴えている。

加えてベトナム人女性たちがベトナム戦争中、韓国兵にレイプされたとして声を上げ始めている。change.orgという署名サイトには、韓国大統領の謝罪を求める署名が34,000以上も集まった。ノーム・コールマン前ミネソタ州上院議員は、昨年フォックスニュースにこう話した。「13歳から14歳の少女をふくむ何千人もの若い女性がレイプ被害にあった。その結果、5,000人から3万人ともいわれる韓越混血児が生まれた。彼ら、彼女たちは『ライダイハン』と呼ばれ差別の対象となっている」と。

スポンサードアド

こうした政治的な混乱の中、安倍首相はこの慰安婦問題を終わらせることを決心した。このままでは両国間の経済関係はもちろん、安全保障上の問題にも悪影響を及ぼすことになってしまうからだ。2012年から2014年にかけて両国間の貿易は17%も減少した。日本から韓国への旅行者数にいたっては三分の一にまで減った。さらに韓国は中国の真似をして領土問題で日本に難癖をつけている始末だ。

この間、北朝鮮は日韓の分断を図ってきた。昨年12月の日韓合意の際、北朝鮮よりの日本のグループは「これほど屈辱的な外交は見たことがない」と言って激しく非難した。

この日韓合意ではアメリカも大きな役割を果たした。しかし我々はこの75年にもわたるいさかいを解決すべくもっと毅然とした態度をとるべきだ。なぜなら経済問題と安全保障は、歴史問題よりも重要だからだ。ーー過去のことを議論している間に我々はみな殺されてしまうだろうから。

<以下コメント>

●この記者は日本びいきだ。それは日本が道徳的に正しいといわんばかりのタイトルからも明らかだ。日本はいまも軍国主義の旗を振り回している。ドイツがそんなことをしているのを見たことあるか?

たしかに記者は日本よりかもしれない。だけど、べつに日本が道徳的に正しいとか正しくないとか言っているわけじゃないだろ? たんにアメリカが正しくないと言っているだけだ。もし平和を望むのなら我々は歴史を両サイドから見なければならない。私は日本が追い込まれた末、中国と戦争せざるをえなかったことを知っている。もちろんだからといって大勢の人々を日本軍が殺したことは正当化できないけどね。

ドイツの態度は立派だよ。だけどドイツの近隣諸国は恨みがましくないし、歴史を両サイドからみる人も多い。問題なのはこの世界を支配するユダヤ人だ。ナチスをはロスチャイルド家やブッシュ家などの銀行家によって支援されていた。歴史はもっと複雑なものだよ。

●アメリカ大領領がすべきことは日本人の歴史観を矯正することだ。日本人に正しい歴史を学ばせるべきだよ。

●日本人は中国人とはまったく違う人たちだよ。日本人は世界でもっとも正直な人々だ。

君はなにか誤解しているようだ。日本人は正直なんかじゃないよ。もしそういうものがあるとしたら、それはたんに集団主義というものであり、組織に対する過度な服従心からくるものだ。

●日本は我々の偉大な同盟国であり、親友だ。我々は中国と韓国をやっつける上で日本を必要としている。

●全世界がアメリカを笑っている。リベラルと自由主義こそアメリカ最大の敵だ。

●日本人は何万人もの罪のない人々を殺し、大勢の朝鮮人女性をレイプした。何万人もの人々が日本のせいで苦しんだ。二発の原爆を食らったのは当然だ。

原爆は我々にとってベストな選択だったということだ。それ以上でもそれ以下でもないよ。

●パパ・ブッシュ前大統領は戦時中、父島で日本軍に捕らえられ、あやうく首を切られ、その肉を食べられるところだった。捕らえられた8人の飛行士は拷問を受け、殴られ、刀で首を切られるか、竹槍で突き殺された。うち4名の遺体は解体され、日本軍将校がその肝臓とモモ肉を食した。この事件は戦後、グアムでの軍事裁判で明らかになったが、アメリカ政府は遺族の心情を慮り、トップシークレット扱いにしてきた。

君のコメントがどこまで信用に足るかはわからないが、少なくともトップシークレット扱いだったということはそれが政府にとって国民に知られたくなかったということだろうな。日本との同盟を維持する上で不都合だったんだろう。

日本の天皇は相変わらず玉座に座っているし、当時の大企業の社長らもおとがめなしだ。ただ一部の最悪の連中が処刑されただけだ。

●ハーレイダビッドソンを日本に売るのはいまも困難だよ。

●虐待された捕虜への賠償金はーあの人体実験による犠牲者への賠償金もふくめてだがーーいまだ支払われていないぞ。これは正しいことなのかね? え、記者さんよ?

●で、記者は何が言いたいんだね。

●この記事にはふたつだけ間違いがある。文体と内容だ。

●アジアの問題の裏にはたいてい中国がいるんだよ。中国は自らの勢力を拡大しようとする一方で、それを邪魔する勢力ーつまり韓国、日本、米国だーーを分断させようとしている。日本と韓国、またアジアをめぐる問題が取りざたされた時は、その裏に中国がいないかどうかを考える癖をつけておくといいよ。実際、たいていそうだしね。


管理人後記

「日本がアメリカ経済を苦境に陥れた」という前提で日本を非難するだけで、記事の要点をまるで理解していないコメントが大半でした。

あとはご覧のように特アの工作員とおぼしき人物による「日本叩き」のための誹謗コメントが散見されるという状況でした。

媒体のせいもあるのか、読者の知的レベルは思った以上に低そうです。

スポンサードアド
スポンサードアド

「歴史ニンシキガー速報」ツイッターでもつぶやいてます!

 -マイケル・ヨン, 慰安婦, 歴史戦, 海外の反応