反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

*

ケントギルバート氏 GHQによる日本人洗脳工作を解説する動画上の論戦

  

スポンサードアド

 

【公式】Japanese Still Brainwashed by the War Guilt Information Program【ケントギルバート】

 

日本人はWGIPによっていまも洗脳されている

タレントで弁護士のケントギルバート氏が、WGIP(ウオーギルトインフォメーションプログラム)によるGHQの日本人洗脳工作に関する英語の動画を作成し、海外に拡散してくださっています。そこについたコメントを翻訳してご紹介します。一人典型的な「レッドネック」と思われるアメリカ人が無知なコメントを連投していたのが印象的でした。

 

●その通り!

●RM(アメリカ人)
「アメリカ人は日本人を恐れた‥」
アホか、負けた癖に何言ってんだよ。

いや、恐れたのは事実だ。だからこそアメリカは原爆を使用したんだ。欧米の軍隊が恐れたのは白人より知的水準の高い民族が指導する統一アジアの出現だった。

●動画を作成してくれてありがとう。互いに誤解したままでは真の友情は築けない。世界中の人がこのことを知ってくれることを願うよ。

●RM(アメリカ人)
うそこけ、このイエローどもめ!WGIPなんてものがあるわけないだろ。

嘘つきなのはあんたらユダヤ人の方だよ。

あんたがWGIPを知らないのはアメリカ政府がその存在を隠してきたからだよ。

RM(アメリカ人)
俺はユダヤ人なんかじゃない。このつり目のイエローめ。

RM(アメリカ人)
ばかこけ、そんなのはでたらめだ。

馬鹿なアメリカ人だな

●アメリカ人として神に祈る。日本がその出生率を上げ、自信を取り戻し、伝統を復活してくれることを。西洋文明はマルクス主義者と平等主義者によって破壊されてしまった。人類の進歩にとって最後の望みは東アジア人だ。

RM(アメリカ人)
違う!くそなのはイエローどもだ。白人こそが世界の支配者であるべきだ。

●ケント、君はそのGHQに関する証拠をリンクとして出すべきだ。でないと無名人がでまかせを言っているようにしか聞こえないぞ。

●日本は世界に向けてもっと声を上げるべきだ。沈黙はもはや金ではない。

●日本には民族主義が必要だ。

ヨーロッパもそうだ。移民と民族混交政策はリベラルが主張する多様性を逆に破壊している。

RM(アメリカ人)
多様性などくそくらえだ。白人だけの国家にすべきだ!

日本の民族主義の形態のひとつに鎖国がある。それははるか昔、イエズス会の宣教師と日本人信者を日本から追い出す事ではじまった。キリスト教徒は世界中にトラブルを引き起こしてきた。彼らはイスラム教徒と同じだ。

●この真実をアメリカ大統領に知らせてくれ。

●素晴らしい動画だ。ありがとう!

●日本は原爆投下のかどでアメリカに抗議すべきだ。アメリカの犯罪行為は戦後も繰り返し発生した。そのひとつが50年代におこなわれたビキニ環礁での原爆実験だ。私には東京で大きな水産市場を経営していた親戚がいる。しかし実験にともなう魚への放射能汚染のせいで仕事がなくなってしまった。私が知るかぎり、アメリカがそれに対してなんらかの損害賠償をおこなったという話は聞かない。これはひとつの例にすぎない。アメリカは戦後も長い間、日本を苦しめてきた。ユダヤ人はドイツ人に補償を求め、賠償金を得た。日本はアメリカに対してなぜそうしないんだ?

あれは戦争だった。ましてあの当時、国際法なども整備されていなかった。ビキニ環礁での核実験をやり玉に挙げるのならいまの日本はどうなんだ? 放射能まみれの魚を日本全国に流通させている日本政府をどうして非難しないんだ?

RM(アメリカ人)
原爆は犯罪でもなんでもないよ。あれは敵を倒すのに一番効率的なやり方だった。ましてや相手はイエローモンキーどもだったんだ(皮肉じゃないぜ)。唯一の犯罪者は日本だった。日本人どもが放射能まみれの食べ物を食おうがそんなことはどうでもいい。それとドイツはユダヤ人に賠償などするべきでなかった。ホロコーストはでっちあげだ。ヒトラーはユダヤ人という寄生生物を社会から取り除いただけだ。

関係者はみな死んでしまったんだ。それらはみな過去のことだ。今の人を非難するのは筋違いだよ。

戦争犯罪に時効はない。

RM(アメリカ人)
いいや日本人どもはいまも報いを受けるべきだ。戦争というのは敵を殺すことだ。アメリカは何も悪いことはしていない。

スポンサードアド

●ここからわかるのは、本当は自分たちに非があったとGHQ自身が知っていたことだ。だから彼らは日本をスケープゴートに仕立て上げたんだよ。彼らは何世紀にもわたって有色人種に対する非道を行ってきた。GHQは日本を侵略者に仕立て上げることで、自らの植民地支配と奴隷的搾取を正当化しようとしたんだ。彼らはそうした真実が表に出ることを恐れた。だからWGIPを押し付けたんだ。しかしもはや機は熟した。いまこそすべての責任をそれにふさわしい者たちに引き受けさせるべきだ。

●WGIPの一次資料が公開されていれば、教えてください。(原文ママ)

今夜この記事を読みましたので既にお気づきかとも思いますがAmazon から簡単に入手できます.自由社ブックレット 関野通夫、日本人を狂わせた洗脳工作 今なお続く占領軍の心理作戦、540円です。(原文ママ)

●このWGIPは長い間、都市伝説とされてきた。たしかに戦後、出版物への検閲など言論統制があったのは事実だ。今我々が知りたいのは、贖罪意識を植え付けるような意図的な情報操作が実際になされたのかということだ。もうひとつの疑問は、いわゆる「洗脳キャンペーン」が実際にあったのかという部分だ。

オーケー、ひとつ例を挙げてみよう。当時「真相はこうだ」と称するラジオ放送があった。これは大戦中、英国で放送された「今こそ真相を語ろう」というラジオ番組をまねてCIE(民間情報教育局)が作成したものだ。この番組はその後も「真相箱」と「質問箱」という名称で引き継がれた。ここでは嘘があたかも真実であるかのように語られた。同時に放送内容に対する批判はCCD(民間検閲局)によって封じられた。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042022/1

私はこうした行為を強く非難する。これは精神的な虐殺というものだ。とはいえ、私はGHQを必要以上に憎むつもりはない。これは日本人とアメリカ人との間にある憎悪をすみやかに除く上で上手なやりかたでもあった。もっともそのせいで、日本軍と天皇だけが悪者にされちゃったわけだけどね。

それは実際にあったことだよ。同じことはドイツでも行われた。日本の場合、事実上、アメリカ一国が行ったわけだが、その目的はアメリカの同意なしに日本に軍事力を持たせないことにあった。その証拠は憲法9条だ。それは日本に「贖罪意識」が植え付けられたからこそ生まれたものだし、存在できるものだ。

●英語で解説してくれてありがとう。朝日新聞が嘘ニュースを発信する度に、私は外国人にその裏にある真実を説明しようとしてきたが、彼らはなかなか信じてくれなかった。大手新聞が自分の国を貶めているということを理解できなかったからだ。しかしこれからはこの動画を見せるだけでいいからとても助かるよ。本当に感謝する。

●もう70年も前のことだろ‥。GHQが何をやったかなんて誰も気にしないよ。アメリカ人のなかには未だに日本がどこにあるかさえよく知らない奴が大勢いるんだぜ。それに当時を知る人も少なくなった。世の中は劇的に変わったんだよ。オバマ大統領を見てみな。黒人だぜ。いつまでそんなことにこだわっているんだ? 前に進め!

パンドラの箱は一度開いたら閉められないんだよ。メディアが政府によって統制されているとしたら、我々はいったい何を信じればいいんだ? これは日本だけでなく世界共通の問題でもあるんだよ。

オバマは黒人じゃないぞ。

 


 

ケント・ギルバートさんへ。
事前に許可を取ろうと思ったのですが、連絡先メールアドレスが分からなかったもので、無断で取り上げさせていただきました。申し訳ありませんm(__)m もし不都合がございましたら、お手数ですが管理人までご連絡いただけると幸いです。

 

スポンサードアド
スポンサードアド

「歴史ニンシキガー速報」ツイッターでもつぶやいてます!

 -反日, 大東亜戦争, 太平洋戦争, 日本, 歴史戦, 海外の反応