反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【速報】台湾の総統府に暴漢 所持していた「南京百人斬り」日本刀は本物なのか?

  

sponsored ads

台湾から興味深いニュースが飛び込んできました。台湾の総統府に暴漢が侵入したというニュースなのですが、ここで注目したいのは暴漢が所持していたという旧日本軍の軍刀です。

軍刀は事件直前、暴漢が近くの「国軍歴史文物館」から盗んだもので切羽部分に「南京の役 殺一〇七人」と刻まれており、1937年の南京攻略戦の際、二人の日本人将校が争ったとされる「百人斬り競争」の「証拠品」とされています。

しかし、文物館のサイトには「九八式軍刀」との説明書きがあること、また九八式の制式化は昭和13年(1938年)であることから、記事はそれが偽物である可能性を示唆しています。

中国側の捏造はいまに始まったことではないので、これが偽物だとしてもまあ別段驚くことではないのですが‥。

個人的には「南京の役 殺一〇七人」という表現は、日本的ではないような気がします。

産經新聞より

http://www.sankei.com/world/news/170818/wor1708180039-n1.html

台湾の総統府に暴漢 旧日本軍の軍刀で切りつける

【台北=田中靖人】台北市内にある台湾の総統府で18日午前10時15分ごろ、刃物を持った50代の無職の男が侵入を試み、警備の憲兵に切りつけた。憲兵は首や手などにけがを負ったが命に別条はない。男はその場で拘束された。刃物は近くの「国軍歴史文物館」から盗んだ旧日本軍の軍刀で、かばんから中国の国旗や中台統一を求める「遺書」が見つかった。

男は直前に文物館から軍刀を盗み、総統府に向かった。軍刀は柄と刀身の間の切羽部分に「南京の役 殺一〇七人」と刻まれており、1937(昭和12)年の南京攻略戦の「百人斬り」の“証拠品”として展示されていた。

台湾メディアの一部は軍刀の由来に注目しているが、文物館のサイトには「九八式軍刀」との説明書きがある。事実であれば九八式の制式化は昭和13年のため、偽物の可能性が高い。

問題の日本刀の写真(切羽部分拡大)
http://www.sankei.com/world/photos/170818/wor1708180039-p3.html

問題の日本刀の写真(107人も斬ったにしてはあまり刃こぼれしてないような‥)
http://www.sankei.com/world/photos/170818/wor1708180039-p4.html

百人斬り競争(WIKI)

sponsored ads

百人斬り競争をやったと言われる野田毅の遺書「日本国民に告ぐ」

日本国民に告ぐ
私は曾て新聞紙上に、向井敏明と百人斬り競争をやったと言われる野田毅であります。自らの恥を申し上げて面目ありませんが、冗談話をして虚報の武勇伝を以て世の中をお騒がせ申し上げたことにつき衷心よりお詫び致します。

「馬鹿野郎」と罵倒嘲笑されても甘受致します。
日本は見事に敗戦致しました。もはや虚飾欺瞞するの秋ではありません。赤裸々に本心をぶち開け、誠心を披瀝して、平和日本再建に邁進すべきの時です。この意味に於て私も過古の恥を申上げて、お詫び申し上げた次第です。

只、今般中国の裁判に於て捕虜住民を虐殺し、南京屠殺に関係ありと、判定せられましたことに就いては、私は断固無実を叫ぶものであります。
再言します。私は南京に於いて百人斬りの屠殺をやったことはありません。此の点、日本国民はどうか私を信じて頂きます。
たとえ私は死刑を執行されてもかまいません。微々たる野田毅の生命一個位は日本にとっては問題ではありません。ただし問題が一つ残ります。日本国民が胸中に怨みを残すことです。それは断じていけません。
私の死を以て今後中日間の怨みや讐や仇を絶対に止めて頂きたいのです。

東洋の隣国がお互いに血を以て血を洗うが様なばかげたことのいけないことは常識を以てしても解ります。
今後は恩讐を越えて誠心を以て中国と手を取り東洋平和否世界平和に邁進して頂きたいです。中国人も人間であり東洋人です。吾々日本人が至誠を以てするなら、中国人にも解らない筈はありません。至誠神に通ずると申します。同じ東洋人たる日本人の血の叫びは必ず通じます。

西郷さんは「敬天愛人」と申しました。何卒中国を愛して頂きます。愛と至誠には国境はありません。中国より死刑を宣告された私自身が身を捨てて中日提携の楔となり、東洋平和の人柱となり、何ら中国に対して怨みを抱かないと云う大愛の心境に達し得たことを以て、日本国民もこれを諒とせられ、私の死を意義あらしめる様にして頂きたいのです。


↓投げ銭を受け付けております

持ち出しばかりで完全な赤字状態の当ブログの運営資金に充てるためモナーコインによる投げ銭システムを試験的に導入してみました。記事を気にいってくださった方は下のモナーコインアイコンをクリックしてお気持ちの分だけモナーコインを送ってくださるとたいへん嬉しく存じます。なお仕様上、送金額があらかじめ入っておりますが、金額はお気持ちの数字に自由に書き換えてくださってけっこうです。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
sponsored ads
スポンサードアド

「歴史ニンシキガー速報」ツイッターでもつぶやいてます!

 -南京事件, 歴史戦, 自虐史観, 速報