反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【海外の反応と議論】アイリス・チャンの亡霊とともに生き続ける南京虐殺という欺瞞

  

スポンサードアド

The Nanking Massacre: Iris Chang on the Controversy, Causes, Casualties, Denial (1998)

このところ鳴りをひそめている「南京虐殺」プロパガンダですが、世界の論調はどうなっているのでしょうか? その一端を知るべく『レイプオブ南京』を著したアイリス・チャンの講演動画についていた最新(半年以内)のコメントを翻訳してみました。

 

●あの野蛮人どもは地獄の業火に焼かれてしまうがいい!

●このレイプオブ南京に関しては、日本だけが悪者にされているように感じる。当時、国民党と共産党が互いに争っていたことを彼女が無視しているのも気になる。

●真実から遠く離れた人は物事を正しく見る能力を失ってしまう。アイリスは嘘を広めたせいで否定的なエネルギーを背負いこむはめになった。彼女が自殺したのは嘘とともに生きる事に耐えられなくなったためだ。自然の法則に反してはならない。そうすることはあなた自身だけでなくあなたの子孫にまで悪影響を及ぼすことになる。

●日本人は南京虐殺に参加した元日本兵を殺すべきだ。真実を暴かれた犯罪者どもがやけになって何をしでかすかわからないからね。

●南京虐殺のドキュメンタリーを見た後の数日間、私は気分が悪かった。アイリス・チャンが長い間うつ状態だったのも驚くに価しないよ。

●アイリスが死んだ? 信じられない。アイリスが自殺したなんて‥。

●幸いなことに真珠湾攻撃と中国侵略の歴史だけは日本人どもも書き換えられないでいる。やつらは今後、同様に共産主義者による攻撃と侵略をも非難するだろう。だけど覚えていてほしい。国民党政権を倒して中国共産党が権力を握ったのは第二次大戦後のことだということを。

スポンサードアド

●彼女が自殺したのは、著書の中に無数の間違いがあったこと、そして中国の愛国者たちに反日プロパガンダの片棒を担がされたことに気づいたからだよ。彼女は本当に愚か者だ。多くの歴史家が、彼女の本のなかに多くの嘘が含まれていることを指摘している。そこで使われている写真の多くが本田勝一(反日キャンペーンを仕掛けている左翼新聞社の左翼記者だ)の本からコピーしたものだ。しかし本田自身、そこに多くの捏造と裏付けのない資料が含まれていたことをのちに認めている。殺人? 強姦? そんなのは中国人が中国人におこなったものだ。中国人の嘘に気をつけろ!

●中国人の妄想だ。日本人がそんなことをしたなどというのは100%でたらめだ! 中国は、この現代においていまもなおリアルな残虐行為をチベットやウイグルで行っているんだぞ!

●この女性はこの後しばらくして自殺したっていうよね。

●中国はいつも偉大だ。日本が30万人殺したって(まあ数字は誇張されているみたいだけどね)? 中国共産党なんか600万人の中国人を殺したんだぞ。日本なんぞ到底中国の相手ではないね。

●当時、共産党と国民党の軍隊はいったい何をしてたんだ? 隠れてただけか?

逃げたんだよ。しかも我先に逃げようとして何千人もの一般市民を殺して逃げたんだよ。

共産党の軍隊はそこにいなかった。南京は国民党の根拠地だったからね。もっとも日本軍が国際法を遵守するだろうと考えていた中国人は完全に裏切られた。だから「逃げた」というのは公平ではない。そこで何が起こるか彼らには予測できなかったんだから‥。ユダヤ人へのホロコーストと同様、南京虐殺は日本軍国主義が引き起こした大きな悲劇だ。

●悪意あるコメントをするやつはいつかきっと罰があたるよ。

●なるほどね。韓国人と中国人があれほど日本人を嫌う理由がわかったよ。

あいつらは日本人に嫉妬しているだけだ。チャンコロと犬食いどもは自己破壊的な衝動をもつ人間未満の動物だ。

 


管理人後記

(アイリス・チャンに)否定的なコメントも多かったのですが、そのほとんどは日本人によるもののようです。外国人の多くはいまもなお頭から信じ込んでいるようでした。

スポンサードアド

「歴史ニンシキガー速報」ツイッターでもつぶやいてます!

 -南京事件, 歴史戦, 海外の反応