反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【速報】韓国与党代表 謎の論理と「韓国のことわざ」で慰安婦合意を一蹴

  

sponsored ads

韓国の与党「共に民主党」代表の秋美愛氏が、日韓慰安婦合意を謎の論理と「韓国のことわざ」で一刀両断したとのことです。

http://japanese.joins.com/article/131/230131.html

その論法によると、

「約束なので守らなければならないというのは、契約法上の論理に過ぎない」

一方、

「(慰安婦問題は)人権と正義に関する自然法の問題である」

したがって

「契約法論理は適用できない」

ということのようです。

法律のことはよくわかりませんが、要するに「自然法に関わる問題」であれば「いかなる契約も無効であり、(被害者の気が済むまで)千年たかることが許される」という意味なのでしょうか?

また『千両の借りも一言で返す』という韓国のことわざを持ち出し、日韓合意を遵守せよとの日本側主張を一蹴したともいいます。

このことわざ、「能弁であれば千両の借金も言葉ひとつで返せる」、つまり「長年にわたる固い約束も口達者な人であれば言葉ひとつで保古にできる」という意味のようです。

しかし誰でもわかるようにここにあるのは屁理屈をこねる側への一方的な賛辞であり、ここでは契約を遵守するという観念は見事なまでに抜け落ちています。そして、そこからは詭弁であれなんであれ契約を保古にできた者がむしろ「賢い人間」として賞賛されるという我々の常識とはかけ離れた韓国社会独特の斜め上の価値観が透けて見えます。

やっぱりよくわからない人たちです‥。

 

以下、中央日報より転載→

sponsored ads

http://japanese.joins.com/article/131/230131.html

日本の慰安婦合意主張 韓国与党代表が「韓国のことわざ」で一蹴

秋美愛・共に民主党代表(写真=中央フォト) 秋美愛(チュ・ミエ)共に民主党代表が「千両の借りも一言で返す」ということわざを使い、慰安婦に対する日本の主張を一蹴した。

12日、秋代表は自身のSNSを通じて「(日本自由民主党の訪韓団に会って)慰安婦に対する日本の明白な謝罪と韓日慰安婦再交渉を要求した」と明らかにした。

秋代表はこの日、国会党代表室で安倍晋三首相の特使として訪韓中の二階俊博自民党幹事長や議員らの表敬訪問を受けた。秋代表の説明によると、二階幹事長は両国間の約束なので(慰安婦)合意は守らなければならないと主張した。

これについて秋代表は「約束なので守らなければならないというのは、契約法上の論理に過ぎないと反論した」とし「被害者を脇に置いたまま、真実の発見にはいかなる努力もしなかった国がいくばくかのお金を出して合意したことに韓国国民は同意できないとはっきりと声を上げている」と伝えた。

秋代表はまた、「慰安婦問題は戦時に幼い少女を性奴隷として連行していった人権と正義に関する自然法の問題であり、契約法論理を適用できないと伝えた」と付け加えた。秋代表は最後に「『千両の借りも一言で返す』という韓国のことわざで、お金よりも信頼が重要だと繰り返し強調した」とし「近い隣国同士、正すべきことは正し、相互尊重して良い関係に進むことを希望する」と伝えた。

http://japanese.joins.com/article/131/230131.html

sponsored ads
スポンサードアド

「歴史ニンシキガー速報」ツイッターでもつぶやいてます!

 -慰安婦, 速報, 韓国