「南京大虐殺の嘘」を証明する第一級の資料だ!日本軍入城直後の南京市内を映した記録映画が発見される。

日本軍入城直後の南京市内を映した幻の記録映画に対する海外の反応

戦線後方記録映画「南京」 1938年東宝文化映画部作品.avi

今回取り上げたのは占領直後の南京城内外の様子を撮影した日本の記録映画です。長年、空襲で焼失したものとされていた幻のフィルムでしたが、1995年に北京で発見されたものだそうです。

スポンサードアド

日本兵が通るすぐ横で爆竹を鳴らして遊ぶ笑顔の子供たちなど、いわゆる南京虐殺が本当にあったとしたらとうていありえないような平和で穏やかな光景が記録されています。

そこについていたコメント(外国語および日本語コメント)の中からいくつかピックアップしてご紹介いたします。

なお上記の北京版には欠落があり、2014年にその欠落部分が発見されたそうです。下はその欠落部分を補った完全版です。

戦線後方記録 映画「南京」 完全版 70分

 

 

【以下、コメント】
●大日本帝国の皇軍は邪悪な蒋介石政権の首都南京を攻略した。国民党土匪軍に捕らえられていた20万の南京市民を解放した。


●日本鬼子

●でたらめ言うな!これは日本側が撮影した映像だ。信憑性はまったくない。(なりすまし日本人)

 

●これはプロパガンダ映画だ。この裏では何十万人も殺されていた。(なりすまし日本人)

 

●日本人を騙る支那工作員がいるな。

 

●すぐ隣で大虐殺が進行中だったとしたら、軍人が通るそばで子供が爆竹投げて遊ぶなんて無理だろ。

 

●こんな平和な光景の裏で大虐殺が起こっていただと?

 

●虐殺を隠すために作ったプロパガンダ映画だ。(なりすまし日本人)

広告

●これの英語版はないの?


興味をもってくれてありがとう。「precious film of soon after the Fall of Nanking」という英語版の動画があるよ。

自虐史観撲滅カレンダー2017

スポンサードアド

 

●心温まる映像だ。松井石根将軍が子供と一緒にいる映像をもっとみてみたい。

 

●爆竹で新年を祝っている子供たちがとっても可愛い。

 

●53:45 日本兵が二人国民党のヘルメットをかぶっているよ…

 

●南京人ですが、いまちょうど観ているところです。

 

●日本の豚ども、よく聞け。強国になった中国はそう遠くない日、南京の仇を討つため東京を血で洗うだろう。日本人の豚どもを全滅させてやる。

 

●きわめて重要な第一級の映像資料だ。NHKで全国放送しろ。よけいな解説などいれずにな。

 

広告

 


 

なんとしても日本を貶めようというなりすまし日本人のコメントがここでもみられますね。それにしても正面から罵声を浴びせる中国人の反日コメントはどうということもないのですが、なりすまし日本人の反日コメントには妙にカチンときますね。曖昧な立ち位置のまま、突然後ろから攻撃してくるような卑怯なやり方だからでしょうか。

 

南京事件「証拠写真」を検証する

新品価格
¥1,620から
(2015/9/2 21:37時点)

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

Comment

  1. 匿名 より:

    こちらも併せてどうぞ
    【米中韓の歴史捏造プロパガンダに対抗するツール「ひと目でわかる『日の丸で歓迎されていた』日本軍」を、著者・水間政憲が徹底解説】
    https://m.youtube.com/watch?v=IJv_2rlLe_U

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑