反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【南京事件論争】「日本と中国、本当に暴力的なのはどっちだと思う?」「南京は現代の魔女狩りだよ」

  

スポンサードアド

日本ではすでに勝負あった観のある南京事件論争ですが、世界はまだまだのようです。そんななか、中国共産党が制作した南京虐殺関連動画のコメント欄で、日本人と情弱欧米人(もしくはなりすまし中国人)による論争が交わされていました。

●yk
人は言う。第二次大戦中の日本はきわめて暴力的だったと。だが、いま現在、日本のどこにそんな暴力がある?

一方、中国では多くの暴力と残虐行為がいまもなお進行中だ。

日本による「侵略」以前、中国人は互いに殺し合いをやっていた。また日本が撤退すると彼らは再び殺し合いを始めた。

本当に暴力的なのはいったいどちらなんだ? 殺し合いを好むのはいったいどっちの国なんだ?


JM
南京虐殺の前に暴力があったから、日本は大量虐殺も強姦なども行わなかったといいたいのか? それとも、だから日本軍が南京で虐殺しても何も問題はなかったとでもいいたいのか?

これほど馬鹿げた理屈は聞いたことがないぞ。失せやがれ!


さS
(JMへ)こいつはいわゆる「日本の誇り」というやつを守りたいためだけにそうしているんだよ。


MC
(JMへ)そんなに熱くなるなよ。殺人やレイプがよいことだなんて誰も言ってないぞ。
君は南京虐殺博物館に行ったことがあるか? そこには一次資料なんて「ひとつも」ないんだぞ。
1)それらの資料の出所は?
2)誰がいつそれらを作成したんだ?
3)それらは事件後いつの時点で記録されたんだ?

そこにあるのはねつ造されたものや別の場所で撮られた無関係な写真ばかりだ。


JM
(MCへ)「ねつ造されたものや別の場所で撮られた無関係な写真ばかり」だとお‥。びっくり仰天だぜ! それらは世界中の高名な学者や歴史家たちが間違いなく本物だとお墨付きを与えたものなんだぞ。それらが「ねつ造」だというあんたはいったいどんな権威者だというんだ? あんた、あれだろ、月面着陸が嘘だったとかいう陰謀論者だろ? いや陰謀論者よかたちが悪いな。想像を絶する犠牲者の苦しみに思いがいたらないんだからな。だけどまあわかったよ。とりあえず熱くなるのはやめとこう。


JM
(さSへ)
「こいつはいわゆる「日本の誇り」というやつを守りたいためだけにそうしているんだよ。」ーーなるほど、そういうわけか。

俺はアメリカ人だけど、こいつのような恥知らずじゃないぞ。たしかに俺たちは先住民を抹殺し、奴隷にもしたが、いまじゃ俺たちはそのことを悪かったと認め、謝罪している。

過ちを否定することは過ちを繰り返すことにつながる。過ちを認め、それを子孫や他国の人々に教えることこそが名誉ある行為だ。われわれはそうしているし、日本もまたそうすべきだ。もし世界から尊敬が得たいのならね。


yk
(JMへ)
「反省こそ過ちを繰り返さない唯一の道である」ということだな? いいだろう。
ちょっと想像してみくれ。
1945年以来、
日本はどれだけの虐殺行為を行ったんだ?
中国はどれだけの虐殺行為を行ったんだ?

もしも真犯人が日本でなく、中国だとしたらだが‥、
君は犯罪者を無罪放免し、それを野に放ったのと同じことになるんだぞ。

悪事の真犯人を突き止めることは世界平和のためにも必要なことじゃないのか?
チベットやウイグルをみてもわかるように、そうしないかぎり、虐殺は決してやむことがないわけだからね。


yk
(JMへ)
想像してみてくれ。君はいま中世ヨーロッパの魔女裁判所にいる。
被告席には魔女(犯人)の疑いをかけられたかわいそうな無実の女性がいる。
原告席には、その女性に憎しみを抱く別の女がいる。実は真犯人(魔女)はこの女なのだが、狡猾な女は逆に被害者を装い、女性を罪に陥れようとしている。
一方、裁判所は特定の教義にとらわれていて、自由な判断ができる状態にはない。さらに判事たちは原告の女から賄賂を受け取っている始末だ。

このような状況で傍聴席にいる君はどっちのタイプの人間になりたいと思う?

1)「被告人を殺せ!」とむやみに叫ぶ愚かな野次馬
2)真実を追究する冷静な観察者


さS
(ykへ)
君が本当に世界平和を望んでいるならすべきことは簡単だよ。まず君らの政府がきちんと謝罪することだ。そうすればここにあるようなすべての争いはなくなるだろう。歴史を否定することで憎しみが消えないようにしているのは君の方だ。

想像してみろ。

Aという祖父をもつ家族とBという祖父をもつ家族がいるとしよう。AはBにその昔殺された。Aの家族は、Bが犯人だと訴えた。だが、物的証拠はなかった。
Bの息子も証拠がないと法廷で抗弁した。結果、Bの側が勝った。


yk
(さSへ)
証言は必ず物的証拠に裏付けられなければならない。これは近代的な裁判では常識だ。したがってここでBが勝ったのは当然だ。なにか問題でもあるのか?

想像してくれ。

ここに気の狂った男がいて「私の家族を殺したのはお前だ!」と法廷で叫んでいる。もちろん君は無実だし、当然物的証拠などあるはずもない。そもそもが妄想なんだから当然のことだ。

スポンサードアド

だけど、男は妄想を事実だと心からすっかり信じ込んでしまっている。「君が犯人だ」と心の底から確信している。しかも、その態度があまりにも確信に満ちているため、周りでみていた傍聴人もやがて男を信じるようになった。そうして、一緒に声を上げるようになった。「男の言うことが正しい。犯人はお前だ!」と。

こういう狂人を相手にした場合、君はどうする?


さS
(ykへ)
いや、そうじゃないよ。この動画にあるように、この事件は実際に発生したんだ。ただ証拠が少ないというだけの話だ。

するってえとなにかい、君にとって犯罪というのはバレなきゃかまわないというのか? 犯罪だと証明されないかぎり、何をやってもいいというのか? 世に言う完全犯罪であれば問題はないとでもいいたいのかい?


yk
(さSへ)
君はいったい何を言っているんだ?
なにかい、もし日本が「南京虐殺」を認めたら、中国は代わりにチベットやウイグルでの虐殺をやめるとでもいってるのか?


さS
(ykへ)
馬鹿なことをいうんじゃない。これは日本と中国とのあいだの争いだ。もちろん、そういった問題もあるさ。だけどそれはここでは別問題だ。
さあ僕の質問に答えてもらおうか?


さS
(ykへ)
チベットで何が起こっているかは僕も知りたいと思っている。だけどウイグルで起こっていることなら知っているつもりだ。やつらは中国国内でテロ活動を行っているんだよ。そもそも暴力的なイスラム教徒は追放されるべきだ。いずれにせよ、これは別問題だけどね。


JM
(ykへ)
「証言は必ず物的証拠に裏付けられなければならない。これは近代的な裁判では常識だ」だとお?
愚か者め。お前は南京裁判と東京裁判のことを知らないのか?


JM
(ykへ)
それとだな、中国とチベット、ウイグルの間にある問題はたしかに厄介だし、複雑だ。だが、それらと日中戦争での出来事といったい何の関係があるんだ? 南京での日本軍の行為とそれらとは文字通りなんの関係もない。それがなんでこの議論と関係するんだ? 俺にはまったく理解不能だよ。


yk
(JMへ)
南京虐殺は20世紀最大の嘘のひとつだ。小さな嘘を見抜くのは簡単だ。だが、大きな嘘はそうでない。

これまで中国側が(南京虐殺に関する)物的証拠を出したことは一度もない。彼らが証拠として出してきたのはみな信憑性の疑わしい証言ばかりだ。中国が言論の自由も思想の自由もない独裁国家だということを思い出してほしい。

一方、日本には無数の反証(アリバイ)がある。それをこれからひとつずつアップしてやろう。

まずはこれを見てくれ。

この写真は当時の南京で撮影された写真だ。日本人兵士と中国人の子供が一緒に遊んでいる姿が映っている。

君は当時の従軍カメラマンだとしよう。その裏通りでいままさに未曾有の大虐殺が真っ最中の時期に、これほど平和な写真を撮れる自信はあるかい?

まずはこの写真についてどう思うか聞かせてほしい。

それとこちらも参考になるから見てくれ。
http://www.howitzer.jp/nanking/index.html


yk
(さSへ)
>「さあ僕の質問に答えてもらおうか?」
いったい何の質問だよ?

 


 

(管理人後記)

南京事件はたしかに現代の魔女裁判だと思います。

魔女を歴史修正主義者あるいは日独などの枢軸国に、教会を連合国に、異端審問所を軍事裁判所に、そして怨恨から隣人を告発した当時の妬み深い証言者を中国、韓国にあてはめてみればわかるように、ここにあるのは1000年前とまったく同じ構図です。

現代人(=現代的知性で武装した理性的人間)などと偉そうにしている私たちも、その本質は魔女狩りに熱中した中世の人たちとなにも変わっていないのかもしれませんね。

→歴史修正主義者を火あぶりにしろ!いまそこにある現代の魔女狩り

それにしても南京虐殺肯定論者にとって「南京虐殺があった」というのは、太陽が東から上るのと同様、疑問をさしはさむ余地のない大前提ででもあるかのようですね。自らの認識力の限界を認識できない人との論争はなかなか厄介です。

<参考リンク>

スクープ!『南京大虐殺の虚構』を翻訳出版していた中国の不都合な真実

決定的証拠はこれだ!南京維新政府の存在が証明する南京虐殺の嘘

『南京大虐殺否定論13のウソ』への反論

「南京事件」前後の人口推移 まとめ

スポンサードアド

 -南京事件, 歴史戦, 海外の反応