「告げ口」と「火病」による自爆の韓国史。歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造(後編)

Z

マンガ ものがたり韓国史〈3〉植民地時代から現代まで

スポンサードアド

新品価格
¥1,620から
(2015/9/7 20:11時点)

 

前回に引き続き、韓国の「しようもない歴史」を再確認しておこう編です。

これも姉妹サイト『新・真相はかうだ』からの転載です。

こちらもどうぞ(前編)→みな日本のせいだ。韓国の歴史漫画で読み解く反日コンプレックスの構造

 

韓国の歴史に何度も繰り返し現れる自爆パターン

漫画で分析する韓国人の反日コンプレックスの構造、続編です。

前回は万宝山事件を題材に韓国人の心にある「悪いのは日本だ」という構造をあぶり出しました。

今回は、特定の事件ではなく韓国史のなかに繰り返し現れる共通のパターンに焦点を当ててみましょう。

韓国の歴史は簡単にいえば

政府の内紛

暴動

外国への事大(*)

外国による混乱収拾

政府の内紛

*事大=強いものにこびへつらい、頼りにすること(=告げ口外交)

この繰り返しです。

王朝交代を繰り返してきた中国とほぼ一緒ですね。違いは中国がまがりなりにも自分たちの力で混乱を収拾し、再統一を果たしてきたのに対し、韓国・朝鮮の場合は、外国への事大とその介入なしに混乱を収拾できなかったという点です。

では例の歴史漫画で、このパターンはどのように描かれているのでしょうか。

内紛から壬辰倭乱へ

まずは壬辰倭乱(秀吉の朝鮮出兵)の前史です。16世紀のはじめごろの話です。

zensi-600x351

怒り狂った王様がなにやらわめいていますね。

いきさつはとくに記すほどのものではありません。

要は王宮内で権力争いが繰り広げられ、ごたごたが続いていたというだけの話です。

作者としてはおそらく、内政が乱れていたから日本の侵略に適切に対応できなかったといいたいのでしょう。

しかし、内政が乱れていたから外国の侵略を招いてしまったのだという自省の意識はここにはみじんもありません。

とりあえずこのような状況を「内紛パターン」と名付けましょう。

 

 

壬辰倭乱については、案の定、史実を無視した李舜臣マンセーですので割愛します。

risyunsin

 

 

裏切り者の「告げ口」が招いた後金の侵略

壬辰倭乱の後は、またもや内紛の繰り返しです。

inso

内紛はやがて李适の乱(イクァルの乱)という反乱を引き起こします。

しかし、反乱軍は討伐されたものの、その残党が鴨緑江を越えて、後金(女真族の国)に逃げ込みます。

しかもあろうことか、残党たちは朝鮮に攻めこむよう後金の王をそそのかします。

さあ、はやくも出てきましたね。朝鮮伝統の事大主義です。これは、「悪いのはあいつだ。やっつけてください」と力のある人に告げ口をして力を借りることです。

そういえば、いまのパク・クネ大統領もこの「告げ口外交」で世界的に有名になりましたよね。

nuruhati

この裏切り者による告げ口外交によって、朝鮮は外国勢力の干渉をみずから引き入れることになります。

要請を受けた後金が二度にわたって朝鮮に攻め入ったのです。

これを丁卯・丙子胡乱(ていぼう・へいしこらん)といいます。

mitota

内紛から暴動(反乱)、そして外国への事大が外国の介入を招くという典型的なパターンが早くもここにみられますね。

これを「事大パターン」と名付けておきましょう。

あれ、そういえば、現代にも外国勢力を引き入れて政権を奪取した似たような人がいましたよね。たしか李承晩とか・・・・そうそう、お隣り北朝鮮にも同じく外国勢力を引き入れて政権を奪取した金日成という人がいたはずです。

こうしてみると現在の韓国、北朝鮮のいずれも、外国勢力と結託した裏切り者によってつくられた傀儡国家だということがよくわかります。

 

終わらない宮廷闘争と進まない近代化

さて、丁卯・丙子胡乱の後も、内政はあいかわらず混沌とした状態が続きます。

一方、そうした国内のごたごたをよそに国際情勢は大きく変化しつつありました。

西洋からキリスト教が伝来し、さらに通商を求める列強がひんぱんに訪れるようになったのです。

けれど、中華帝国を頂点とする華夷秩序にどっぷりつかった韓国は頑としてこれを受けいれません。

韓国がようやく外国に門戸を開いたのは、雲揚号事件をきっかけに日本との間で結んだ江華島条約によってでした。1876年のことです。

しかし、その後も朝鮮王宮内はあいかわらず混乱が続きます。

大院君と閔妃という二大勢力による宮廷内での争いに加え、守旧派と開化派の対立、それに列強による朝鮮支配をめぐる争いも加わり、もうなにがなんだかわからない混沌とした状況になってしまったのです。

こうした政治的混乱の中、民衆の不満が鬱積してくるときまって現れてくるのが、暴動です。

 

たとえば1882年に発生した壬午軍乱をみてみましょう。

jingo-600x528

これは新式軍隊との待遇の差に腹を立てた旧式軍隊の兵士たちが起こした暴動事件です。

この暴動は、韓国政府の対外的な信用を失わせ、結果的に日本や清国をはじめとする外国勢力の韓国政府への干渉を招くことになりました。

大院君が清国によって拉致監禁されたのも、また公使館警備のための外国軍の駐兵権などを定めた(韓国側の見方によると「屈辱的」な)済物浦条約を、日本との間に結ばされたのもこの壬午軍乱がきっかけでした。

 

東アジアの火種となってきた朝鮮の事大主義

さらに1894年には東学党の乱が発生します。これも民衆の不満が爆発した大規模な暴動でした。

暴動であれば、鎮圧するなり交渉するなり、自分たちでなんとかすればよいようなものですが、どういうわけか朝鮮政府は自分たちの問題を自分たちで解決しようという気がないようです。

なにごとも保護者である清国を頼りにしてしまう属国意識が爪の先まで行き渡っていたのでしょうか、朝鮮政府は反乱軍の鎮圧を清国に依頼します。

tougaku-600x417

しかし、結果はみなさんもご承知の通りです。

清国と日本との間で日清戦争が勃発することになったのです。

 

時系列でみるとよくわかりますが、ここでも

政府の内紛→暴動(東学党の乱)→外国への事大(清国への支援要請)→外国(清国と日本)による介入

と、きれいなパターンがみられますね。

また注目したいのは今回の東学党の乱は、いままでと違って外国の介入だけで終わらなかったことです。

外国勢力が介入するところまでは従来通りなのですが、今回はさらに日本と清国という外国勢力同士の国際紛争が生じてしまいました。

なぜそうなってしまったのでしょうか。

じつはこれは事大外交がもたらす必然的な結果です。強い国が一国だけであれば問題はないのですが、それが複数あった場合、強国同士が相争うことになってしまうのは必然だからです。

古来、朝鮮半島が東アジアの火薬庫となってきたのも、朝鮮の事大外交、告げ口外交にその原因があります。大国間のパワーバランスをいたずらに崩そうとする無責任な外交姿勢が周辺諸国の対立をあおった必然的な結果といえるでしょう。

 

 安重根にみる朝鮮的自爆パターン

暴動や反乱といったやけっぱちな行動は、結局自分の首をしめるだけでしかないことは常識人ならわかるはずですが、どういうわけか朝鮮人の間ではこうした自暴自棄な行動が賞賛されるようです。

その典型的な例が安重根による伊藤博文暗殺です。

安重根は日本による朝鮮併合を阻止するために伊藤を暗殺したとされています。

anjun

しかし、伊藤博文はじつは併合反対派でした。

その反対派の重鎮を殺してしまったわけですから、併合推進派が力をもつのは当然です。

つまり安重根の暗殺は、結果的に併合を早めただけだったのです。

後先考えずに暴発したあげく、かえって自分たちに不利な状況を作り出してしまったわけですから、本来ならば、非難されてしかるべきでしょう。なのにおかしなことに安重根は韓国でいまだに英雄として祭り上げられています。

このようなパターンをここでは自爆パターンと呼んでおきましょう。

 

世界へ雄飛した告げ口外交

さて、順番が逆になってしまいましたが、次は安重根事件の2年ほど前に起こったハーグ密使事件をとりあげます。

hagu

ハーグ密使事件というのは、韓国を日本の保護下におくとする第二次日韓協約に反対する高宗ら一部の反日派が、オランダのハーグで開かれていた万国平和会議に密使を送り、韓国の国権回復を訴えようとした事件です。

密使などと言っていますが、これも要するに「告げ口外交」です。

誇るべき歴史のひとコマが告げ口外交というのも、考えてみればなんだか情けない話ですよね。

 

暴動こそが誇るべき歴史?

誇るべき歴史のひとコマといえば、次はまさにその頂点となる事件です。

3・1独立運動です。

31

これはよくしられているように、日本の圧政に対して立ち上がった朝鮮民衆による抵抗運動というか反政府暴動なわけですが、あとでみていくようにこの程度の暴動ならば日本が撤退した後も繰り返し発生しています。

韓国側は、暴動の規模ではなく、それを弾圧した日本の残虐性を強調しているようですが、それもはたしてどこまでが真実でどこまでが誇張なのか信憑性がうたがわれています。

いずれにせよ、これもまた朝鮮伝統の暴動パターンのひとつと位置づけられるでしょう。

 

内輪もめで瓦解した大韓民国臨時政府

さて、次はふたたび内紛パターンです。題材は大韓民国臨時政府です。

rinji1
大韓民国臨時政府は、3・1独立運動の後、国外に亡命した活動家が上海につくった抗日組織です。

創設メンバーには李承晩もいて、現在の大韓民国はこの臨時政府を継承するものとされています。

しかしながら、この上海臨時政府、残念ながらほどなく分裂し、有名無実となってしまいます。

rinji2

感情を抑えることができず、すぐに仲違いしてしまうのは朝鮮人の悪い癖のようです。この内紛パターンは李朝以前は政権内の内紛として、日韓併合以後は政治団体内部の仲違いとして現れます。

 

満州の朝鮮人ゲリラたちが団結できなかったのは日本のせい(?)

政治団体内部における内紛パターンのもうひとつの例がこちらです。

sanpu1

1920年代、満州には大勢の朝鮮人活動家(日本側の呼称でいえば「匪賊」)たちがいました。

なかでも有名(*)なのが、金佐鎮の新民府、池青天の正義府、上海臨時政府の支持を受けた参議府の三つです。

*有名といっても韓国内だけのことです。日本でこんな団体名を知っている人は一部のもの好きな研究者以外まずいないでしょう。

漫画によると、「3つの独立運動団体は輝かしい活躍をしました」が、「日本のスパイと共産主義者たちの妨害で三府は統合すること」ができずにいたとのことです。

sanpu2

これらの三府は結局、瓦解してしまったのですが、さあここで、お決まりの文句が出てきましたね。

自分たちがまとまれなかったのは、「日本のせい」です。別に自分たちがふがいなかったわけではありません。悪いのはすべて日本なのです。

う〜ん、日本って本当に狡猾で悪いやつなんですね。

あ、そうだ。「悪いのは日本だパターン」もこの際、つけ加えましょうかね。

スポンサードアド

 

終戦のどさくさにまぎれ日本人を襲撃した朝鮮人たち

次は終戦後の話です。

まずは終戦直後の朝鮮人がどんな具合だったのかをみてください。

自虐史観撲滅カレンダー2017

sengo1

日本人の財産を強奪するものや、われこそは抗日志士だったとほらを吹く者が続出したとあります。

ここからわかるのは次のふたつです。

ひとつめは終戦時、多くの日本人が朝鮮人に暴行され、殺害されたという戦後、日本人の間に流布された噂は真実だったということです。

ふたつめは、朝鮮人が息を吐くように平気で嘘をつく人間だということです。

 

 内輪もめで瓦解した建国準備委員会

さて日本から独立した韓国は、建国準備委員会をつくり、独立国家樹立に向けて準備を進めました。

kenkoku

ところが、例によってまた伝統的なパターンが出てきます。

内紛パターンです。

sengo2

建国準備委員会は、結局、仲間割れによって分裂してしまいました。

漫画では、団結が崩れたのは、進駐してきたソ連とアメリカのせいであるかのように描かれていますが、実際には内輪もめばかりして力を結集できなかった自分たちの責任といえるでしょう。

 

信託統治は嫌だ! だだをこねる朝鮮人たち

自力での独立国家樹立が困難とみた連合国は、朝鮮半島をしばらくの間、信託統治下に置くことにしました。

sintaku-600x469

これは自力で国家を運営できる力がつくまで面倒をみてあげようという連合国のいわば親心によるものでした。

ところが、朝鮮人はこれにもまっこうから反発、信託統治反対を訴えるデモが各地でひんぱつしました。

またもや現れた暴動パターンです。しかしこうなるともう火病パターンといった方がしっくりくるかもしれませんね。

sintakuhantai

自分たちでなんとかしろ、といわれてもできない・・・。できないのであればできるまで信託統治下に置くというと、今度はそれも嫌だという。

これではまるでだだっ子です。

連合国も困ったことでしょう。

sintakuhantaiviolence1

sintakuhantai_violence2

堪忍袋の緒が切れたアメリカが暴徒を弾圧すると、今度はそれに呼応するように暴動とストライキが各地で続発しました。

「共産主義者」という名の暴徒たちが、地下にもぐり反対運動を繰り広げたのです。

それにしても、なんだかどこかで見たような光景ですね。

そう、3・1独立運動です。

3・1独立運動は日本の圧政に反対する運動でしたが、この信託統治反対運動とそれに続く一連の闘争は連合国、とくにアメリカの圧政に反対する運動でした。

同じく外国の圧政に反発した暴動なのに、両者の評価には天と地ほどの違いがあるようです。

3・1独立運動は、民族独立のための崇高な義挙として高い評価が与えられる一方、この連合軍軍政期における一連の闘争は、それほど高い評価が与えられていないようです。

この信託統治反対闘争というのも見ようによっては、立派な民族独立運動だと思うのですけどね。

 

建国の英雄・李承晩も追い出されることに

さて、泣く子と火病にはかなわないということでしょうか。ともあれ北にはソ連の影響下で北朝鮮が、南にはアメリカの影響下で大韓民国がつくられることになりました。

risouban

初代大統領となったのは李承晩です。

ところが、民族の期待を担って登場したこの英雄もしばらくすると独裁者に豹変してしまいます。

ri_dokusai-600x387

これに対して民衆の不満が高まります。

やがて馬山という都市で暴動が発生しました。これも火病パターンですね。

ri_dokusai_hantai1-600x416

さらに警察による学生殺害事件を機に、4・19学生運動がはじまりました。警察はこれに容赦なく発砲します。

ri_dokusai_hantai4-600x747

混乱が続いた末に李承晩はついに辞任に追い込まれます。

 

それにしても、なんといいますか、やっぱりどこかでみたことのある光景ですよね。

そう、例の3・1独立運動です。

それでも、3・1独立運動に比べれば、こんなものはとるに足らないものなんでしょうね、きっと。

 

さて、民衆の英雄的な抵抗運動によって、独裁者・李承晩は追放されました。

 

ふたたび内紛の時代へ

今度こそ、民主的な国がつくれるはずです。

と思ったら、またまた内紛パターンです。

2kyou1-600x366

内輪もめばかりで肝心の政治はさっぱり前に進みません。

 

これに不満をもった市民と学生がふたたび立ち上がります。

2kyou_demo-600x471

やがてデモは暴動に変わります。これもお決まりの火病パターンですね。

2kyou_3-600x469

 

 

朴正煕のクーデター

もはや出口の見えない状態に国全体が追い込まれたその時です。

5162-600x479

彗星のごとく現れたのが、元日本陸軍中尉・朴正煕です。

朴正煕はクーデーターによって政治的な混乱を収拾します。

そして、軍事独裁体制の下、強力なリーダーシップで国づくりを進めます。

 

面白いのは、韓国の歴史では内政が混乱した際、外国勢力の助けを借りて収拾するというのがお決まりのパターンだったのですが、このときだけは朝鮮人自身で混乱を収拾できたことです。

これをどうみるかは意見の分かれるところでしょう。

しかし、忘れてならないのは、朴正煕が日本式の教育を受け、日本の陸軍士官学校を卒業し、事実上の日本軍である満州国軍の中尉となった人物だということです。

また今もそうですが、とくに当時の韓国はアメリカの強い影響下にあり、事実上、アメリカの保護下にあったようなものですから、そうしたこともふくめて考えれば、これもまた「外国勢力によって混乱を収拾する」というパターンのひとつのバリエーションといえるかもしれません。

 

さて、当初は民衆から受け入れられた朴正煕政権でしたが、しばらくすると民衆の間にまた不満がたまってきました。

朴正煕政権はそれを強権で押さえつけます。

しかし、押さえつければ当然ながら鬱憤がたまります。

やがて民衆の鬱憤は臨界点にたっします。

paku_hantai-600x462

民衆が街に繰り出しました。そしていつものパターンでデモは暴動へと発展します。

 

それにしても、

李朝が統治しても「嫌だ!」

日本が統治しても「嫌だ!」

アメリカが統治しても「嫌だ!」

李承晩が統治しても「嫌だ!」

朴正煕が統治しても「嫌だ!」

これでは誰が統治しても結局同じなのではないでしょうか・・・。

こうなると問題は統治する側にあるのではなくて、むしろ統治される民衆の側にあるのではないかとさえ思えてきます。

 

朴正煕に悲劇が訪れたのは、こうした混乱のさなかでした。

側近が撃った凶弾に倒れたのです。

18年にわたる朴正煕による軍事政権は、こうしてあっけない幕切れを迎えました。

 

またもやそれにしてもですが、戦前でもあるまいし、暗殺というのがなんとも・・・。

しかも、犯人は側近、そのうえKCIA部長という社会的にもれっきとした人だったというのですから、朝鮮人というのはいったいいつの時代に生きているんだろうかと首をかしげたくなってきます。

 

ようするに韓国人は反抗期の子供なのである

さて、以上、近世から現代まで駆け足でみてきました。

こうしてみるとわかりますが、韓国人というのはまさに反抗期の子供といっしょですね。

これは長年、中国の属国をやってきたこととも関係するのかもしれませんが、自分では何もできないくせに、庇護者の威光をかさに必要以上にいばりちらす。その一方、いざ自分が不利な状況になるととたんに庇護者に泣きついたり、尻拭いしてもらうのをなんとも思わない。それどころか、そうするのが当然だとばかりにあつかましい要求を出してくるーー。そうした身勝手で必要以上に依存的な態度は、背伸びばかりして身の程をわきまえない反抗期の子供によくみられるものです。

こうした韓国人の心性は告げ口外交にいそしんでいた李承晩がアメリカで語ったとされる次の言葉からも伺えます。

「われわれ韓国は、国際社会で泣いている子どもと同じだ。われわれが望むのは、正義と公正だけだ。泣く子は、時や場所をわきまえない。韓国は、諸大国が集まりさえすれば、時も場所もわきまえることなく泣き立てるだろう」。

もちろん、反抗期の子供であっても年齢を重ねれば、やがて社会的なルールを理解できるようになるのが普通です。けれど、残念ながら、ここで問題になっているのは具体的な個人としての韓国人ではなく、その抽象的な集合体である国民性です。

そして国民性というのは、そう簡単には変わらないのが実情です。

かといって、絶望ばかりしているわけにもいきません。いつまでも子供のままでいることで困るのはたんに韓国人ばかりではないからです。すぐ隣に住む私たち日本人もまた必然的にそのとばっちりを食うのだということは、ここでみてきた通りです。

では、どうすればよいのか?

といっても私たち日本人にはどうしようもありません。原因は日本側にあるのではなく、韓国側にあるのですから…。

唯一できることは、朝鮮人が一日もはやく反抗期を脱し、一人前の大人として自立してくれることを祈ることぐらいでしょう。

 

追記(2016年9月11日)

冒頭で、「外国への事大とその介入なしに混乱を収拾できない」のが朝鮮半島における歴史パターンであると書きました。じつはこれ、あまり深く考えず、なんの気なしに書いたものでしたが、よくよく考えるとこれってかなり怖いことですよね。

というのも朝鮮半島はいまだ南北に分断されたままであり、いまもなお混乱状態にあるからです。つまりこれまでのパターンからいえば、混乱を収拾するための「外国への事大とその介入」が近い将来必ず起きるということになります。

しかもその混乱はすでに半世紀以上も経過しているわけで、その間にたまった歪みというか、周辺諸国を戦乱に巻き込む例の「韓の法則」の魔のエネルギーの量もすさまじいものになっているはずです。

ということは、近い将来起こるであろう「外国への事大とその介入」がもたらす混乱もまたそれに比例したすさまじいものになると予想されます。

さらに輪をかけて怖いのは従来、東アジア圏内にとどまっていた韓の法則がいまや地球規模にまで広がってしまっていることです。実際、前回の朝鮮戦争では米ソ中という世界の超大国を巻き込み、すんでのところで第三次世界大戦まで行くところでした。

そう考えると、これから発生するであろう朝鮮半島をめぐる混乱はいったいどれほど巨大な災厄をこの地上に生み出すのでしょうか‥。まさに想像するだに恐ろしいというのが正直なところです。

いやほんとにくわばらくわばらです。

 

マンガ ものがたり韓国史〈3〉植民地時代から現代まで

新品価格
¥1,620から
(2015/9/7 20:11時点)

 

 

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

Comment

  1. 匿名 より:

    何というか、ホッブズの「万人の万人に対する闘争」を体現するような歴史だな
    国家というものを機能させないように尽く行動している

  2. 匿名 より:

    常に不満をぶつける相手を探し自分の生活が苦しいのはアイツのせいで俺は悪くない
    こんな精神が朝鮮民衆のDNAにあるんだろう

  3. 匿名 より:

    韓国と北朝鮮はどうしてこうなってしまったんや。
    アフリカの貧国でさえ、腐敗はあれど幼稚ではないやろ。
    まぁ孤児の方が逞しくなったりはするもんな。中途半端な国力と、巨大すぎる隣国のせいで国家レベルで精神疾患患者なんやな。
    この世界、そんな甘いもんやないからいずれ真実に気づいて病院言ってくれればええんやけど。ただし、対人ならもう近づいてこなければそれだけでいいけど、国家レベルの慰安婦侮辱などは絶対に許さない。

  4. 匿名 より:

    数年前に韓国人の女性に言われたのが「何回も韓国人に謝らない方が良い」と。日本人なら「もう良いよ」ってなるけど韓国人は違って「何か、貰える」って勘違いすると。だから彼らは謝らない国民性なのでしょう。物をあげたく無いから、貰う物は何でも貰う。流石の韓国人。もしかしたら日本から何か貰えるまで頑張るのかな?

  5. 匿名 より:

    常に他人の力で自分たちの諍いを納めてもらってきた朝鮮人にとっては、日本の明治維新などは、さぞ理解できない不思議なことでしょう。

    今でも南北朝鮮は常に「半島統一」を口にしながら、どちらも具体的に何もしないのも、どこかの国が半島を統一してくれるのを待ってるんでしょうね。
    朴大統領「統一は大当たり!」←「大当たり」があると思っているなら、支持率があるうちに韓国側から何かすれば良かったのにw
    言えばどこかの強国がやってくれるとでも思っていたんでしょうか?

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑