反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【速報】アジアのホロコーストを忘れるな!カナダで正体不明の人権団体が声を上げ始める

  

スポンサードアド

11746979

カナダでも反日団体が蠢動し始めたようです。みたところ日系人強制収容訴訟運動でようやく回復できた日本人の名誉をふたたび地に落とそうという側面もあるようです。日本は永遠に敗戦国、侵略国の汚名を負い続けるべきであり、日の当たる場所に出ることは何があっても絶対許さないという中国人、韓国人のどす黒い執念のようなものを感じます。ソース元はなでしこアクションです。→http://nadesiko-action.org/?p=10736

以下、記事の大意です。

「アジアのホロコースト」を忘れないために

もっとも恥ずべき歴史のひとつは戦時中の日系人強制収容だとカナダ人は言うが‥

ほとんどのカナダ人は戦時中、日系人がカナダ政府により強制収容されたことを知っている。またそれに対して、カナダ政府が1980年代に一人当たり21000ドルの賠償金を払ったことも知っている。

この問題の補償を求め、その歴史的事実を周知させる活動を行ってきた市民グループはいまもうひとつの歴史的事実に取り組もうとしている。それは戦時中のアジアで発生したおぞましい出来事であり、長い間、西洋人社会では見過ごされてきたものだ。

ブリティッシュコロンビア州ではアジア系住人が増加している。それにともない、中国系および韓国系の住人の間では、これまでほとんど顧みられることのなかった歴史ー日本軍の侵略にともなうショッキングな歴史にもう一度光を当てるべきだという動きが出てきた。

ホロコーストをはじめとするナチスドイツの悪行についてはこれまで多くの書籍や映画などを通して徹底的に暴かれてきた。ドイツ政府も繰り返し謝罪をしてきたし、賠償も行っている。もちろん若者をふくむ一般のドイツ国民もその祖父たちが犯した残虐行為に対して罪の意識を持ち続けている。

しかし、日本の場合、そうではない

アメリカの大学教授で退役軍人でもあるユージン・スレッジが言う。
「第二次世界大戦中の隠された秘密のなかで最大のものは日本軍による虐殺である」。

日本軍がもたらした恐怖が最初に具体的な形となって現れたのは1937年のことだ。それは中国の首都・南京を攻略した際に日本軍兵士たちが引き起こした残虐行為、いわゆるレイプオブ南京だ。

ラトガース大学のピーター・リー教授が言う。

「アウシュビッツはユダヤ人へのナチスによるユダヤ人迫害、すなわちホロコーストの象徴となりました。同様にレイプオブ南京も日本軍の残虐行為の象徴となっています。しかし、ホロコーストに比べるとレイプオブ南京はまだそれほど知られていないのが現状です」。

彼らが日本軍の残虐行為を「アジアのホロコースト」と呼ぶのは、そうすることで少しでも多くの人たちが関心をもってくれたらと願っているからだ。

しかし、ドイツと違い、日本の場合、なぜそうした残虐行為がこれまで注目されなかったのだろうか。

ビクトリア大学のジョン・プライズ教授はこう説明する。

「ひとつの理由はアメリカの占領政策です。戦後、アメリカは中国や北朝鮮など共産国からの脅威に直面していました。それに対抗するには、日本をアメリカの同盟国にする必要がありました。そのため彼らはそれ以上、日本をつつかないようにしたのです」。

「もうひとつの理由は原爆投下に対するアメリカ人の自責の念です。それによって戦争を引き起こした日本の責任が遠景にかすんでしまいました。そうして日本に対する謝罪要求も高まりを見せないままいつのまにか立ち消えになってしまったのです」。

ウィキペディアには「日本の戦争犯罪」という項目があるが、それを読むにはかなりの覚悟がいる。

「日本軍の士官は『捕虜はみな殺せ』と命令しました。同様に日本軍兵士は、首を切断すること、レイプすること、そして敵にガソリンをかけて焼き殺すよう命令されていたのです」(ピーター・リー教授)。

「時には胆力を鍛えるという名目で捕虜を銃剣で突き刺すこともしばしば行われました。殺人は娯楽でもあったのです。さらに死体へのレイプ、屍姦もそうした娯楽のなかに含まれていました」。

しかし日本への謝罪要求運動にはさまざまな妨害が立ちはだかっている。そうした事実を否定する勢力がいるからだ。

スポンサードアド

ドイツ人と異なり、日本人には敗戦という意識があまりない。彼らは敗戦を「終戦」と呼んでいる。そのため日本人の心の中では、敵である連合国に対する憎しみもあまり意識されることがない。結果として日本人にとってあの戦争は、敵のいない漠然とした紛争としか映っていないのだ。

昨年、第二次世界大戦終結70周年の際、日本の安倍晋三首相はかつての日本軍の行為に対して「深い悲しみの念」を表明した。

しかし彼は二枚舌を使っている。彼は同時に、戦争犯罪人を祀る靖国神社に参拝したり、教科書の日本の残虐行為に関する記述を矮小化したりもしているのだ。

ちなみに公平を期すためここで一言いっておこう。20世紀においては中国もまた多くの残虐行為を行ってきたが、彼らもまたそうした行為に対して謝罪をしていない。

欧米人の多くが無関心でいる中、この問題が注目されるきっかけをつくったのは『レイプオブ南京』を著した台湾系アメリカ人のアイリス・チャンだ。2004年に彼女は自殺してしまったが、それでも彼女が残したものは少なくない。中国にある南京虐殺記念館には彼女の銅像も飾られている。

以前、ノーム・チョムスキーをはじめとする多くの人が日本人の家永三郎教授にノーベル平和賞を与えようと働きかけたこともある。彼は教科書に日本軍による虐殺の記述を入れるよう日本政府を相手に戦った人物だ。しかし2002年に彼が死亡した後は、それもかなわないこととなった。

カナダでは、ALPHAカナダ(Association for Learning and Preserving the History of WWII in Asia)という小規模なグループが、日系人強制収容問題と日本軍による残虐行為の問題にいま熱心に取り組んでいる。

ALPHAカナダは大規模やシンポジウムを開催したり、学校教育においてヨーロッパ以外の出来事にも関心をもつよう学生たちを促すなどの活動を行っている。リーダーである香港生まれのテクラ・リによれば、政治家や学校の教師たちの間でも一定の支持を集めるようになったという。

リはグループの目的についてこう説明する。

「私たちの目的は、日本軍の虐殺による犠牲者のことを記憶にとどめることにあります。私たちは日本軍によって虐殺された人の苦しみと日本軍の性奴隷となったいわゆる慰安婦の悲しみを忘れてはなりません。私たちは日本軍による生物兵器および化学兵器の犠牲者を、そして香港で捕虜となったカナダ人、さらに奴隷労働に駆り立てられた子供をふくむ何百万人の人々のことを忘れてはならないのです」。

正義と平和の観点からそこにはアジア人以外の犠牲者も含まれるという。

もちろんそこには日本軍国主義の犠牲となった広島、長崎の原爆による日本人被害者も含まれている。

「ある人は過去のことだからもう水に流せと言います。しかし日本の侵略戦争で苦しんだ国々にとってあの暗黒の時代を忘れることなどできません。それは日本人が広島、長崎を忘れられないのと同じなのです」。

「アジアのホロコーストの犠牲者の名誉を回復し、歴史の教訓を汲み取る上で一番重要なのは教育です」。

元記事はこちら→http://vancouversun.com/news/staff-blogs/lest-we-forget-the-asian-holocaust

前回の記事、「日本は南京虐殺に謝罪すべきと声を上げる謎の日系カナダ人」もそうでしたが、これもダグラス・トッド記者の署名記事です。この記者、要注意ですね。もっともプロフィールをみると専門は、「精神世界」「反差別」「移民問題」とあります。根っからの反日というよりお花畑ゆえ中韓の暗黒面に取り込まれてしまった人のようです。

それとテクラ・リというのはこの人のようです。

 JULIO CORTEZ / AP

JULIO CORTEZ / AP

それにしても元記事のトップに使われている「日本軍による虐殺現場」とされる写真(この記事のトップ写真にも使っています)。あれが合成写真だということはちょっと注意してみれば誰でもわかると思うのですが‥。とくに右上の白い洋服を着た人。いつ崩れるか分からないような危険な場所にあえて立っているのはどうしてなのでしょうか? それに見物している人たちの視線や緊張感のない姿勢。これはどうみても殺害現場を眺めている人の姿には見えません。右上と左上の人の列は、間違いなく後から合成されたものです。

スポンサードアド

「歴史ニンシキガー速報」ツイッターでもつぶやいてます!

 -反日, 歴史戦, 自虐史観, 速報