反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【海外の反応】日本は悪玉それとも善玉? アメリカの反日プロパガンダ映像に対して議論百出

  

WW2 – Japanese Invasion of China | The Second Sino-Japanese War | 1937-45 | World War II Documentary

戦前の日本が悪玉だったのか、そうでなかったのか? 海外でも議論の的になっているようです。YouTube上にある当時アメリカで制作された反日プロパガンダ映像に対してもさまざまなコメントがついていました。以下、そのうち典型的なものをいくつか拾ってご紹介いたします。

 

●(中国)
この映画を作った人たちとアメリカ人に感謝する。だが、日本、お前らはクソだ!

●(日本)
あの当時、大日本帝国は、アジアで唯一の大国としてふたつの課題に直面していた。ひとつはソ連の赤化政策を封じ込めることであり、もうひとつは白人による植民地政策を終わらせることだった。日本兵はアジアの自由を守るためその命を捧げた。それは賞賛を受けるに価する行為だった。
あの当時、ほとんどのアジア諸国が植民地もしくは半植民地状態にあった。同時に共産主義の脅威にもさらされていた。そうした状況下、日本にとって最重要課題となっていたのは、中国を共産主義から守ることだった。しかし、アメリカは日本を打ち負かした。その後、どうなったか? 中国、北朝鮮、ベトナムとアジアは共産主義の波に完全に呑まれてしまった。そうして民衆は多くの災厄に見舞われた。歴史の教訓に学ぶべきだ。

●(日本)
思った通り、欧米の偽善者どもとチャンコロのコメントばかりだな。

●(中国)
中国人は平和愛好者なのに、どうして日本人はそうじゃないんだ?

●(中国)
当時の中国は、5000年の歴史の中でもっとも弱い時期だったが、それにも関わらず日本は中国を打ち負かすことができなかった。残念ながらそんなチャンスはもはや二度と来ないだろう。それと、中国は日本にさまざまなことを教えた。手づかみじゃなく箸で食べることを教えたし、身にまとう着物も教えてやった。文字も教えた。このように中国は3000年前から日本の文明化を手伝ってあげたのだ。なのに日本人は感謝すらしようとしない。とんでもないやつらだよ。ところで原爆の味はどうだった? もっと欲しいか? 欲しけりゃやるぞ。いまの中国にはいくらでもあるからな。僕は世界中の人々を尊敬する。だが、第二次世界大戦時の日本人、てめえらはだめだ! やつらはナチス以上に残虐だった。

(シンガポール)
ちょっと質問なんだけど、今の日本人についてはどう思ってるの?

(中国)
そんなに嫌いじゃないよ。

(シンガポール)
じゃあもうひとつ聞きたいんだけど、日本人の何がそんなに嫌いなの? ちなみに私はシンガポール人と日本人のハーフよ。あなたが日本をどう思っているのかもう少し知りたいだけなの。

(中国)
戦時中、日本が中国に何をしたか、ググってみればわかるよ。やつらは当時の首都南京で大勢の中国人市民と捕虜を殺害した。それも、焼き殺す、人肉を食らう、生き埋めにする、レイプする、といったきわめて残虐な方法でね。それと化学兵器を使用したり、非人道的な行為もたくさんしたんだよ。中国は3000年にわたって日本に文明というものを教えてやったんだ。いわば先生だ。なのに日本人はその先生に対して、その恩に対して残虐行為で報いたんだぜ。領土と石油が欲しくて侵略したんだって? まあいいだろう。だけどなぜ何百万人もの無実の人を殺さなきゃならなかったんだ? 僕が日本を嫌う理由はこれさ。君の母国を悪く言ってごめんよ。だけどこれが僕の偽らざる気持ちなんだ。僕はシンガポールは好きだよ。

(シンガポール)
そうなんだ‥。私自身が悪いことをしたわけじゃないけど、代わりに謝るわ。あの当時、私たちは気が狂っていたのよ。レイプされたり、理由もなく殺されたりしたあなたの先祖には同情するわ。あなたは日本が嫌いなようね。ちょうど私の母が中国を嫌いなようにね。だけど、憎しみは何の解決にもならないわ。いつの日か私たちも友人になって、この世界をもっと平和なものにできたらいいのにね。

(中国)
君が謝る必要はないよ。だけど、ありがとう。僕が日本を嫌うのはあまり合理的な理由からではない。そのことは僕も知っているよ。だけど、当時の中国人が被った不幸な歴史はどうしても忘れられないんだ。それでもいつか、もしかしたら僕たちは互いに理解しあえる日が来るかもね。ちょうどいまのフランスとドイツのように。

(不明)
(中国へ)
じゃあ君はなんで今の日本人を嫌っているんだい?

●(韓国)
日本はイスラム国の拡大バージョンだったんだよ。やつらはいまのイスラム国の連中よりもっともっと野蛮で悪辣だったんだ。

●(欧米)
中国の「屈辱の世紀」はヨーロッパの侵略に始まり、日本による大量虐殺で終わった。しかしその後も国内の混乱による大飢饉や中国人同士による大量虐殺が続いた。中国を相手にする際、我々はこのことを知っておく必要がある。彼らはいまもなお心に傷を負っているからね。

●(中国)
一人の中国人として中国が世界一平和な国だなどというつもりはない。しかし日本のアジア侵略は正しかったと考える人がいるならば、その人はどこか問題があるといえるだろう。

●(アメリカ)
プロパガンダというものの本質がわかって興味深いね。ここでは中国が平和を愛する友好的な同盟国として描かれている。一方、日本は悪辣で暴力的な敵として描かれている。
しかし今日の中国は我々アメリカに敵対する暴虐な侵略国家だ。その一方、日本は平和で信頼のおける同盟国になっている。しょせんプロパガンダなんてそんなもんだよ。

●(韓国)
日本は韓国にも同じことをした。第二次世界大戦に関していえば、韓国と中国は同じ歴史を共有している。

 

国ごとにその典型的な考え方が如実に表れていて面白いですね。

ツイッターでもつぶやいています


↓投げ銭を受け付けております

持ち出しばかりで完全な赤字状態の当ブログの運営資金に充てるためモナーコインによる投げ銭システムを試験的に導入してみました。記事を気にいってくださった方は下のモナーコインアイコンをクリックしてお気持ちの分だけモナーコインを送ってくださるとたいへん嬉しく存じます。なお仕様上、送金額があらかじめ入っておりますが、金額はお気持ちの数字に自由に書き換えてくださってけっこうです。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサードアド

 -反日, 大東亜戦争, 歴史戦, 海外の反応, 自虐史観