【速報】いつまでも犠牲者ぶる中国を米国人研究者が論破

(c)AFP/GREG BAKER〔AFPBB News〕

(c)AFP/GREG BAKER〔AFPBB News〕

JBPressより

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48204
犠牲者カードを利用する中国の狡猾な外交に毅然と対処すべきだと米国の研究者が声を上げたようです。

スポンサードアド

もちろん歓迎すべき動きではあるのですが、それでも中国に対する理解度という点で、アメリカはやはり日本より100年以上遅れていると感じます。そもそも中国をこのような正論が通じる相手だと思っている時点でアウトでしょう。その程度の理屈など、チャイナお得意の詭弁術にかかれば、たちまち煙に巻かれてしまうはずです。百戦錬磨のプロパガンダ大国・中国にアメリカがどう対抗していくのか? いわば孫子の兵法VS近代宣伝技術のバトルのようでもあり、ちょっとした見物ではありますけどね‥。

スポンサードアド

いつまでも犠牲者ぶる中国を米国人研究者が論破

何かにつけ「屈辱の世紀」を持ち出す狡猾な心理戦

中国は他国と論争する際に「屈辱の世紀」という言葉をよく使う。清朝時代から西欧列強や日本に侵略されてきたという100年ほどの時代を指す言葉である。

中国はこの言葉を使って、いかに自国が帝国主義の犠牲者であったかを強調し、「だからこそ現在も犠牲者としての特権がある」と主張する。最近、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所から南シナ海での領有権主張を否定された際も、この「犠牲者カード」を使って反論した。

自虐史観撲滅カレンダー2017

だが外部からみれば、中国の「犠牲者カード」は過去の歴史を都合よく持ち出して、現在の無法な行動を正当化する狡猾な心理戦にしか映らない。

いまだに外交で犠牲者カードを利用する中国の心理戦に対して、最近、米国の研究者が「中国に全面的に反論すべきだ」という内容の論文を発表した。米国は中国を侵略して搾取するどころか、逆に中国の近代化に大きな貢献をしてきたという。対中論争の手引きとして、日本にとっても大いに参考になり得る内容である。

中国の近代化や国際化を最も支援してきたのは米国

この論文は、米国議会調査局の中国専門官として長年活動してきたシャーリー・カン女史によって執筆され、ワシントンの外交関係者の間で広く読まれる外交政策雑誌「ザ・ディプロマット」10月号に掲載された。論文の題名は「中国の心理戦争に反撃する」である。

続きはこちらから→http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48204

 

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

Comment

  1. 名無し より:

    シャーリー・カンか覚えておこう

  2. 匿名 より:

    加害者としての自覚のあまりに少ない米国だって似たような者だぞ。ルーズベルトを英雄視して現実を一切無視した議論で日本を罵倒しているんだからな

  3.   より:

    アメリカにとっては中国が日本の被害者であり続けることが正義だろ。
    中国はアメリカの手駒に過ぎんよ。
    だからこそ安倍はアメリカの歴史観に全面的に同意したんだ。
    歴史の真実よりも今の政治を選んだんだろうが、あれは事実上の敗北宣言だよ。

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑