【慰安婦問題】「自分は間違っていない!」いまもなお非を認めない元朝日新聞記者・植村隆氏の唯我独尊ぶり

Captured_comfort_women_in_Myitkyina_on_August_14_in_1944

元朝日新聞記者・植村隆氏のインタビュー記事が韓国紙に掲載されたようです。出典はシンシアリー氏のブログです。

スポンサードアド

http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12210545566.html

これを読むかぎり、植村氏はいまもなお自分が間違っていたとは考えていないようですね。

水に落ちた犬を叩くような真似はしたくないのですが、あまりにも突っ込みどころ満載でしたので、せっかくなので突っ込ませていただきたいと思います。

以下、引用プラス突っ込みです。

1991年8月10日、ソウル「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」ユン・ジョンオク共同代表ら2人が証言を録音したテープを聞かせてくれた。(中略) 約30分の間、「何とか忘れて生きようと思ったが、忘れることができない。当時のことだけ考えると、怒りが爆発し、涙が止まらない」「今でも全身に寒気がする」のような証言が続いた。

(中略)

その年、1年前の夏、慰安婦被害者の証言を聞くために2週間の間、韓国で取材した。しかし、失敗した。その時は、慰安婦被害事実を言うおばあちゃんを探すのが簡単ではなかった苦労があっても、過去の事だし忘れていたと言っていた。

(つっこみ)
20万人もいたはずの元慰安婦を探すのがそんなにたいへんだったってどういうこと?
しかも「苦労があっても、過去の事だし忘れていた」ってどういうこと?

挺対協の録音テープには、「何とか忘れて生きようと思ったが、忘れることができない。当時のことだけ考えると、怒りが爆発し、涙が止まらない」といった証言が並んでいたんじゃないの?

(中略)

自虐史観撲滅カレンダー2017

スポンサードアド

失敗を重ねながらも、私は痛みの歴史を継承しなければならないという使命感を持っていた。

(つっこみ)

ねつ造してでも、慰安婦問題をでっち上げなければならないという使命感を持っていたんですね、わかります。

残念ながら、他の日本のメディアには影響を与えなかったスクープだった。韓国メディアも私の最初の記事を無視した。国際社会で人権問題として台頭したのは報道3日後、金学順おばあさんが実名で証言をしてからだ。

(つっこみ)
当初、韓国内でさえ誰も関心を持たなかった。なのにその3日後、金学順が証言をしたのをきっかけに突然、炎上したということですね。つまり挺対協が裏で火をつけたということですね。なるほどわかりやすいですね。

 

慰安婦問題が浮上した時、日本政府は「業者がやったことだ」と述べた。日本政府が朝鮮人慰安婦の女性を強制的に連行したのではとの解明であった。民間業者が人身売買したのも、政府が強制的に連れていったのも、本人の意思に反して連れて行かれたという事実が、最も重要なことではないか?

(つっこみ)
問題なのは、「本人の意思に反して連れて行かれたこと」だというのですね。であれば、現代において韓国女性が本人の意思に反して日本にある韓国人経営の違法風俗店で働かされたというケースも当然問題になるわけですが、この場合、誰が非難されるべきなのでしょうか? 風俗店を管理すべき日本政府あるいは、韓国女性を買った日本人男性がまっさきに非難されるべきであって、風俗店の韓国人経営者はおとがめなしでオーケーということなのでしょうか? こうした犯罪をなくすには、まず真犯人を特定しなければならないと思うのですが、なぜ日本政府や日本人男性だけがやり玉に挙げられ、直接手をくだした真犯人であるはずの韓国人経営者は無罪放免となるのでしょうか?

 

 

しかし、これだけ事実関係が明らかになった今もなお間違いを認めないというのは、確信犯だからなのか、それともたんなるお花畑だからなのか、はたまた思考能力が劣っているのか、いったいどれなのでしょうか? 出典元:シンシアリー氏のブログ→http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12210545566.html

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

Comment

  1. 匿名 より:

    植村隆氏は自分が痴漢冤罪にかけられたら、とは考えたことないんでしょうか。
    同じ男である方が晴らしがたい冤罪の恐怖を理解できると思うんですがね。
    ……ああ、でも現在進行形で捏造の実罪から逃げ回ってるわけだからいうだけ無駄かなぁ

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑