【南京事件】「レイプオブ南京を絵にしてみたよ!」「素晴らしい!」「君ねえ‥」スペイン人絵描きをめぐる日中西のちょっと微妙な議論

Extremely rare evidence of Nanjing Massacre filmed by US pastor in 1937
南京虐殺を撮影したアメリカ人宣教師による貴重な証拠映像

ウ〜ン、いろいろと突っ込みどころの多い議論ですが、ここはノーコメントとしておきましょう。ともあれまずはお読みください。

スポンサードアド

 

(元スレ)
AA(日本)
南京大虐殺記念館が建立されたのは1987年だった。おかしくないか? 1937年に起こった事件なんだろ?


HG(不明)
それは国家的な悲劇だし、ちょうど50年で区切りが良かったんだろ?

GG(中国)
(AA へ)単純な理由さ。たんに建立する資金がなかったからだよ。日本だって原爆投下後、すぐに記念碑を建てたわけじゃないだろ?

tt(不明)
(AAへ)当時、中国政府は国民を殺すのに忙しかったもんでな(笑)

JI(不明)
(ttへ)面白くないジョークだな。あんたくそったれだろ?

jj(日本)
(AAへ)アメリカと中国が手を組んでそれを反日プロパガンダに利用し始めたのが1987年なんだよ。

DW(日本)
(jjへ)歴史は繰り返すってな。今は20世紀初頭と一緒だよ。さて日本はどうやって生き残る?

GC(スペイン)
(AAへ)ひとつの理由は冷戦時代に毛沢東が日本との国交を回復させたことだよ。それはもっぱら通商的な目的だったんだけど、その際、毛沢東は戦時中の日本軍の行為をすべて水に流したんだ。そのことをラジオ放送で聞いた南京市民は日本からの賠償金が得られないと知って泣いたんだよ。

GG(中国)
(GCへ)その話のソースは? でまかせ言っちゃいけないよ。それはいかにもわざとらしい話だな。

GC(スペイン)
(GGへ)
なんで僕がでまかせを言う必要があるんだ? そもそも僕は中国人でもないし、日本人でもない。ただ真実に興味があるだけだ。ソースはアイリス・チャンの『レイプオブ南京』だよ。

GC(スペイン)
チャンの本には中国人犠牲者と日本兵、両方の証言が載っている。君も読んでみるといい。すごくおすすめだよ。

jj(日本)
(GCへ)で、そんなプロパガンダを広める君の目的はなんだい? 君らの野蛮な過去を正当化するためか? 残念だけど君がいくら努力したところで奴隷制と植民地主義という君らの野蛮な過去は消せないぞ。

AA(日本)
(GCへ)君には残念だけど、その本は全くのデタラメだ。掲載されている写真の多くが改ざんされていたり、やらせだったりしている。写真そのものが操作されてるんだよ。

GC(スペイン)
(jjへ)スペインが過去に犯した罪は忘れないようにすべきだと思う。僕たちは同じ過ちを繰り返してはならないし、それは他の国も同様だ。愛国心を隠れ蓑に過去の過ちを隠そうとするのは愚かな行為だ。僕は絵描きだ。そして今僕は南京をテーマにした連作の絵を描いている。それが僕にとって身近でないテーマだということはわかっている。だけどそれには理由があるんだよ。

GC(スペイン)
(AAへ)本の中にどんな写真があったかは覚えていない。だけど、僕がショックを受けたのはその内容からだ。アイリス・チャンも取材を進める中で何度も衝撃を受けた。そしてそのことが彼女を精神的に追い詰め、結果的に自殺に追い込んだんだよ。同様にミニー・ヴォートリン(訳者注:当時南京に滞在していたアメリカ人女性宣教師)も同じような運命をたどった。要するに彼女には嘘を書く動機が全くないということだよ。僕はこの本を信じるね。

jj(日本)
南京のことが、1987年になってなぜ突然浮かび上がってきたのか? その背景にあったのはアメリカと中国の共謀だ。市場経済を導入し、改革開放を推し進めた鄧小平はアメリカと謀り、共通の敵である日本を叩くために新しい反日プロパガンダを作り出したんだ。それが『レイプオブ南京』さ。アイリス・チャンはアメリカのエージェントにすぎない。だから用済みとなった後、CIAから消されたんだよ。日本人が南京事件のことを信じない最大の理由はそれだよ。

これはかつてのアメリカの反日プロパガンダと同じさ。アメリカがなぜ日本を侵略しなければならないか。なぜ何百万人もの日本人を殺さなければならないか。そのことに口実を与え、そうして彼らの残虐行為を正当化するためにこうしたプロパガンダが必要とされたんだよ。

jj(日本)
(GCへ)欧米の繁栄は奴隷制度によってもたらされたものだ。奴隷貿易と植民地主義によってだよ。アメリカもとんでもなく残虐だった。彼らはネイティブアメリカンを皆殺しにし、アフリカから奴隷を連れてきては、自らのあくなき欲望のために酷使した。さらにフィリピンやハワイ王国を植民地にし、搾取を続けた。アメリカと西洋列強が次に狙ったのは中国大陸だった。我々日本人はそれをどうしても阻止しなければならなかった。日本がアメリカと衝突したのはそのせいだ。

いわゆるレイプオブ南京に関してはあきらかにでっち上げだ。もちろん中国人に対する虐殺事件がまったくなかったとは言わない。直前に発生した通州事件への復讐心に駆られてそうした行き過ぎた行為に及ぶ日本兵がいなかったとは言えないからね。だけど、軍としての組織的な虐殺などなかったことはあきらかだ。南京虐殺はアメリカが自らの残虐行為を正当化するため中国と共謀してでっち上げたプロパガンダに過ぎないんだよ。

これ以上バカげた反日プロパガンダを広めるのはやめろ。あんたがやっているのは日本人をおとしめる行為だ。かつて戦国期の日本では、イエズス会のフランシスコ・ザビエルが多くの日本人を狩り集め、アジアやヨーロッパに奴隷として売り飛ばしたが、あんたが今日本に対してやっているのはそれと同じことだ。


AA(日本)
(jjへ)彼にそこまでの深い意図はないと思うよ。もうすこしお手柔らかに頼むよ。


jj(日本)
(AAへ)すべては西洋人の身勝手な植民地主義と奴隷制度に始まっているんだよ。しかも奴らはそれをけっして反省しない。だから言ってやるんだよ。もし奴らが侵略的な中国とアメリカとともに「レイプオブ南京」などというバカげたプロパガンダでもって我々を攻撃し続けるなら、「ゲルニカ」(に描かれたような戦火)は再び起こるだろう。とにかく奴らはとんでもなくエゴイスティックな人種差別主義者なんだよ。奴らはアジア人を猿か何かのようにしか考えていない。だから、君は少し黙っていてくれ。

それと20世紀においても何千人もの日本人がブラジルのコーヒー農園に騙されて奴隷として連れて行かれたことも忘れないでほしい。これもまた現代の植民地主義者、奴隷貿易商どもの仕業だ。奴らの性格は昔と全然変わっていないんだよ。

GC(スペイン)
(jjへ)君の長い演説の中で私が発見できたのはただひとつ「憎しみ」だよ。その国に生まれたということ以外何の共通点もない500年前の他人がやったことのせいで僕たちが石を投げ合っても何の益もないと思うけどね。まあ君がそうしたいのならそうすればいい。そうする時間があるならね。

すでに起こったことについて議論しても何も建設的なものはないよ。君が信じようと信じまいと過去は過去でしかないし、それが起こったという事実は変わらないからね。まあ僕には君の考えを変えようという気もさらさらないけどね。それは時間の無駄だし。

それと君と僕のもうひとつの違いは、君が西洋人を憎んでいるのに対して僕は中国や日本の文化に興味を持っているってことだよ。つまり僕の考え方は君と違って「憎しみ」に基づくものではないってことだ。まあリラックスしなよ。

jj(日本)
(GCへ)あんたが日本人に対して持っている人種的憎悪は本当に奇妙だよ。我々は別に過去を消そうとなどしていない。たんに身に覚えがない上に、それがでっち上げでしかないと思うからこそ抗議しているんだよ。それはアメリカと中国がでっち上げた反日プロパガンダだ。なのにあんたのように中途半端な人種差別主義者は、自分が人種差別主義者であることに気づかないまま、日本人が過去を包み隠そうと躍起になっていると自動的に考えてしまうんだ。まったく馬鹿げた話だよ。500年前のことを糾弾するのは悪いが79年前に起こったことを糾弾するのはオーケーなのか? その境界線は何年前なんだ?

GG(中国)
(GCへ)すまない。君を誤解していたようだ。謝るよ。ルシエント(スペイン語でごめんなさい)

GG(中国)
(jjへ)今の日本人はちょっとしたきっかけで他のアジア人に対して有害な存在になりうる。それは悪しき日本政府が民族的な憎悪を煽っているからだ。日本人は西洋人と中国人、両方に対して劣等感を持っている。あの残虐な日本軍が第二次大戦中2億人以上もの人々を殺害したのはそのためだ。しかも奴らはそれに対して今も公式に謝罪していない。

GG(中国)
(jjへ)それから人と話す時に「叫び声を上げる」のはやめろ。マナーを守れ。学校時代、そう教えられなかったか?

GG(中国)
(jjへ)日本政府は「日本が平和的である」という嘘のイメージを作り上げている。そして過去の歴史と戦争犯罪者を美化しようとしているんだよ。

GG(中国)
(GCへ)『レイプオブ南京』は僕も読んだよ。あれは日本軍によって引き起こされた本当に残虐な戦争犯罪だった。このアジア以外ではあまり知られていない、人道に対する犯罪に対して世界中の人々の注目が集まることを願っている。日本で極右が力を得つつある今のような時期だからこそね。そうすれば人々は日本という国の素顔を知るだろうし、彼らに警戒するようにもなるだろう。

GG(中国)
(GCへ)中国文化に興味を持ってくれてありがとう。ムーチョ グラーシャス。南京はその暗い歴史にもかかわらず今日ではとても美しい街だよ。それと近くにある杭州や蘇州もおすすめだよ。とりわけ君が中国文化に興味があるなら興味深い場所がたくさんある。

AA(日本)
(GGへ)2億人(200 million)だって? バカ言うなよな。あんたこそ中国の極右だろ。そうして毛沢東のやったことを忘れて代わりに日本を永遠に叩き続けようとしているだけだろが。多くのアジア人は日本を愛してくれているぞ。中国と韓国を除いてね。台湾なんかは45年間も日本の植民地だったけど、それでも僕たち日本人を愛してくれているし、尊敬もしてくれている。

GG(中国)
(AAへ)台湾人は日本を愛してなどいない。むしろ釣魚島を奪い取ろうとする悪しき国と思っているよ。シンガポール、マレーシア、インドネシア、パキスタン、カンボジアを含む多くのアジア諸国は日本を憎んでいる。韓国と中国は今も日本への警戒を怠っていない。それと毛沢東が殺した人数は日本軍のそれには及ばない。デタラメ言うんじゃない!

AA(日本)
(GGへ)毛沢東が死に追いやった人の数は5000万から6000万と見積もられている。それは西洋社会でも広く受け入れられている数字だ。また日本軍の中には3万人の台湾人がいた。戦争末期には90万人の中国人が日本軍の一部として戦っていた。中国と日本の真の敵は共産主義者だったんだよ。中国の共産主義者はソ連から指令を受けていた。そしてソ連政府の8割はユダヤ人が牛耳っていた。レーニンやトロツキー、カール・ラデック、イリヤ・エレンブルグなどは皆ユダヤ人だ。毛沢東のアドバイザーもそうだった。君の国はいまもユダヤ人に占領されているんだよ。

そもそもお金が無価値だということを君は知っているか? 価値の裏付けとなる金や銀の量以上の紙幣が発行されているのがその証拠だ。中央銀行は利子をつけて政府にお金を貸している。政府が自分自身で無利子のお金を刷れるにもかかわらずだ。こうした制度は当然ながら負債を生む。それをどうやってごまかす? そう、紙幣を増刷することだよ。

スポンサードアド

いま中国では金持ちはみな金と銀を買いあさっている。もし紙幣の価値が暴落したらどうなる? 金や銀を持つ金持ち以外はみな路頭に迷うだろう。わかるか? つまり日本は君たちの真の敵ではないんだよ。君らの真の敵はアメリカと中国を背後から動かしている国際主義者のユダヤ人なんだよ。ハリウッドやアメリカ政府に巣食うユダヤ人、それとロスチャイルド家を調べてくれ。そうしたら僕の言っていることが真実だとわかるはずだ。

GC(スペイン)
(GGへ)Mei guangxi (訳者注」中国語で「どういたしまして」の意)。僕のコンピュータは漢字が出力できないんだ。今出来るように工夫しているところなんだけどね。今僕は南京虐殺をテーマにした絵の連作を描いている。よかったら僕のチャンネルを見てくれると嬉しいな。『Cómo pinté Iris 1″』っていうのがそれだ。残念ながらスペイン語なんだけどね。

自虐史観撲滅カレンダー2017

僕が南京虐殺をテーマに絵を描こうと思ったのは、最初に聞いたその話にショックを受けたのがきっかけだった。ご覧のように僕の絵は、目玉(eye)の上に虐殺シーンが映っているように描かれている。その後、アイリス・チャンの名前を知って「Iris」という名前にしたわけさ。「Iris」と「eye」、奇しくも同じ発音なわけだけどね。

だけどこの連作は、決して日本をおとしめるのが目的ではない。それらは恐怖と不正義、そして戦争というものに対して人間がどう感じるかを描いたものだ。南京にはいつか行ってみたいな。写真で見たことがるけど、とても美しい街のようだね。もっとも僕の中国語の先生は、南京の人は南京虐殺についてあまり話したがらないって言っていたけどね。

GC(スペイン)
(AAへ)僕は経済の専門家じゃないから誤解しないでほしいんだけど、今日、金は国の豊かさを示す指標としては使われていないと思うよ。少なくともアメリカ合衆国でもイギリスでもヨーロッパでも、そして中国でもね。スペイン人として言えるのは、中国がスペインの国債を買ってくれているということだ。

GG(中国)
(AAへ)台湾人は日本による植民地支配の下で中国と戦うことを強制されたんだよ。それと日本人による中国人虐殺をユダヤ人のせいにするのはやめろ。それから毛沢東だって組織的な殺人を犯したわけじゃない。そう、まさに君が言ったようにそれは組織的なものじゃなかったんだ。犠牲となったのは、政治的な敵対者や謀反人だけだ。それに対して日本が行ったのは、侵略的、拡張主義的な外交政策以外に明確な理由のない大量虐殺だった。

GG(中国)
(GCへ)南京虐殺は南京市民にとっていまもデリケートな話題だからね。それは彼らにとってとても痛ましい悲劇だった。しかも日本はいまもなお公式に謝罪していない。そのことが、彼らの悲しみをさらに増幅させているんだよ。

GG(中国)
(GCへ)君の作品が完成した暁にはぜひ見てみたいな。アイリス・チャンは、(南京虐殺という)人類史における特筆すべきエピソードを消し去り、あまつさえ戦争犯罪者を美化しようと試みる日本による反動的な流れを阻止するために立ち向かった人物だった。彼女は日本のマスコミによる脅迫と圧力の前に自殺してしまったけど、もし彼女が生きていたらきっと彼女も君の作品に心を動かされただろうと思うよ。

GG(中国)
(AAへ)あんたは何でもかんでもユダヤ人のせいにするファシスト、ネオナチと同類だな。ユダヤ人はこの2000年間、あんたらのような奴らに迫害されながらも人類文明に大きな貢献をしてきた偉大な民族だ。

jj(日本)
(GGへ)お前は日本人をおとしめている。失せろ!

AA(日本)
(GGへ)君は僕の言ったことが理解できてないようだな。ロバート・オッペンハイマーも、アルバート・アインシュタインもニールス・ボーアも、さらにヤコブ・ロスチャイルド、ジョージ・ソロス、レーニン、トロツキー、カール・ラデック、イリヤ・エレンブルグらもみなユダヤ人だ。歴史上、最高の金持ちはユダヤ人だ。原爆製造プロジェクトを推進したのもユダヤ人だ。ソビエト政府を支配していたのもユダヤ人だ。僕は反ユダヤ主義者ではない。これらは単純な事実だ。君自身で調べてみるといい。歴史上、ユダヤ人が100か所以上もの場所から追い出され続けたのには相応の理由があるんだよ。

GG(中国)
(AAへ)金持ちだからといって住む場所を追われるというのは理屈に合わないよ。ユダヤ人が金持ちになったのは勤勉で働き者でしかも世渡り上手で創造性豊かだったからだ。あれほど迫害されたにもかかわらずあれほどの偉業を達成した民族はこの2000年の歴史の中で他にいないよ。

GG(中国)
(AAへ)9.11がユダヤ人によって引き起こされたなんていうんじゃないだろうな?そういった陰謀論は耳にタコができるほど聞いてきたよ。

jj(日本)
(GCへ)あんた中華帝国に雇われたテロリストだろ。そうして、俺らを拷問にでもかけようってのか? 日本人を虐殺しようってのか? お前死ねよ。

もしテロリストじゃないとしたらたんなるバカだな。一定の知能がある人物なら本物と偽物くらい見分けられるはずだ。だけど君にはそれができない。その上、君は中国人が偽の写真を使ってレベルの低いプロパガンダを行っているのさえ見抜けない。いわゆる南京虐殺の写真なるものは、通州事件で中国人に殺された日本人の犠牲者や、中国国民党に殺された中国人漢奸を写したものでしかないんだよ。

AA(日本)
(GGへ)ソビエト連邦が何百万もの犠牲者を生んだことと、ソ連政府がユダヤ人によって支配されていたことを君は理解しないようだな。これはつまりそうした犠牲を生んだ責任がユダヤ人にあるということだ。原爆もそれと同じ理屈で、ユダヤ人に責任がある。僕はユダヤ人全員が悪いと言っているわけじゃない。だけどその中の何人かは批難されてしかるべきだ。それとロスチャイルドはただの金持ちじゃない。バカげたほどの金持ちなんだよ。彼らの総資産は約300兆円だ! 勤勉さだけでそれだけの資産が得られると思っているのか?

GC(スペイン)
(GGへ)完成したら僕のチャンネルにアップするよ。ついでに僕のブログも見てくれ。http://www.guillermocasado.es/
じつはいま大作に取り掛かっているんだ。それはジョン・ラーベが日本軍と対峙しているシーンを描いたものだ。これをいつか中国で展示できたら素晴らしいだろうな。

GC(スペイン)
(jjへ)君の馬鹿げたコメントには呆れたよ。もう君と話すつもりはないし、もう話しかけないでほしい。

AA(日本)
(GCへ)もし時間があったら日本側から見た南京事件についても調べてくれ。それと日本側が提示している反証などもね。

GC(スペイン)
(AAへ)オーケー。調べてみるよ。といってもどこから調べたらいいのか、よくわからないけどね。僕はすでにアイリス・チャンの本を読んだし、いくつかのドキュメンタリーも視た。それと『南京!南京!』という映画も観た。そういえばこの映画は今中国では上映禁止になっているとか聞いたな。確かそこでアメリカ人がヒーローとして描かれているからだとか‥。そうそう『鬼が来た』という映画も観たな。ともあれありがとう。

DW(日本)
(GCへ)君は超リベラル派で反戦活動家にちがいない。どういう意味かって? 自分たちの「正義」を通すためなら相手を傷つけようが何しようがお構いなしっていう意味だよ。ちょうどイスラム教原理主義者やキリスト教原理主義者たちのようにね。まあ君だって彼らのことは嫌いだろうけどね。

君がアイリス・チャンの本から南京虐殺のイメージを容易に視覚化できるのはなぜだ? それはおそらくドラマチックな物語がそこにあるからだろう。だけど私にはアイリス・チャンがあの本をきちんと調べた上で書いたとは到底思えないね。そこにはどんな裏付けも確たる証拠もない。しかも彼女は歴史家でもなんでもないんだ。

君がその話を真実だと思うのなら、それはそれでかまわない。君の自由だ。だけど君はそうすることでチベットと中国の間にさらなる亀裂を生み出していることに気づかないダライ・ラマの支持者のような存在になっているんだよ。しかも今の君は弱者の側ではなく強者、多数派の側についている。

君は平和主義者などではない。大衆迎合主義者だ。君はそのうち中国政府から支援を得られるだろう。彼らは君にもっと悲劇的な絵を描いてくれと依頼してくるだろう。

ところで、スペイン人の君がかつて世界を支配したスペイン帝国の歴史に誇りを持つことはよいことだ。それが良いものであろうが悪いものであろうが、いずれにしても君らはその末裔なんだからね。そして戦時中の日本人もまた君らをそのように(植民地主義者の末裔と)みなしていた。もっとも中国人はそうじゃなかったみたいだけどね。

GC(スペイン)
(DWへ)
僕は活動家ではない。僕は絵描きだ。僕が描いている絵のシリーズは政治的なものではない。それらは恐怖や荒廃について表現したものだ。他の絵はジョン・ラーベを英雄的に描いたものだ。彼が英雄でないなどとどうして言える?

僕はどんな政治勢力からもお金をもらっていない。そもそもこの手の恐怖心を煽る絵画は売れないんだ。だけど僕はどうしても描きたかった。それは芸術家としての衝動だ。そう言う以外、それを説明するのは難しい。

スペインの過去に関してだが、僕はそれを誇りに思ってはいないし、恥じてもいない。そもそも自分自身それに無関係なのにどうして誇ったり恥じたりできるんだい?

最後に僕は日本を憎んでなどいない。吉川英治の『太閤』を読んで以来、日本文化にはとても興味を持っている。特に桃山時代の文化と浮世絵は僕の作風にも影響を与えている。

DW(日本)
(GCへ)思想やアイディアを表現するスキルがあるというのはいいことだ。だけど、君が関わっているトピックに関して、日本と中国との間で政治的な軋轢があることを知っているかい? マヤ・リンという人物を知っているか? 彼女はベトナム戦争記念碑をデザインした中国系アメリカ人だよ。彼女の行為も物議を醸し、社会に大きな亀裂を生み出した。君の作品も君の意図とは無関係に政治的な目的に使われる可能性が高い。君はそのことに自覚的であるべきだよ。日本人もまた戦争で苦しんだんだよ。君がそのことに思いを馳せられる日が来ることを僕は待ち望んでいる。

GC(スペイン)
(DWへ)
ありがとう! 本当言うと、このテーマで描こうと決める前にはずいぶん悩んだんだ。もしかしたら日本人ばかりでなく中国人の気持ちをも逆なですることになるかもしれないと思ったからだよ。

僕は中国と日本の関係が将来、改善されることを望んでいる。僕は僕の絵が人々の考え方を変えるだろうなどとは思っていない。しょせんこれは僕の視点に過ぎないしね。それは南京虐殺の話を聞いた時に僕の頭に去来したイメージを描いただけだ。

マヤ・リンという人のことは聞いたことがないな。今度グーグルで調べてみるよ。ベトナム戦争もとても興味深いテーマだよね。そこにはベトナム人側から見た多くの話がいっぱいあるんだろうね。そしてそれらは僕たち西洋人が聞いたことのない話のはずだ。最近、ベトコン側から撮影された写真を見たけど、本当に興味深いよ。

日本人も原爆という人類歴史上初めての苦しみを味わったよね。あの当時、日本はすでに降伏を望んでいたんだけど、どうしても原爆を使いたかったアメリカはそれを拒否したっていう話も本で知ったよ。破壊力を増すため、木造家屋の多い都市を選んで投下したっていうこともね。まったく寒気がするよ。

どちらも犠牲になるのはいつも市民なんだよね。中国の詩人、杜甫はこう言っている。「Thinking of the disasters was has brought, who won´t have tears in his eyes!」(訳者注:出典不明のため翻訳不可)

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

Comment

  1. gori より:

    先ほど引用された漢詩はおそらく

    杜甫の 春望
    の一節かと。

    http://manapedia.jp/m/text/1803

    文革で失われた美しい中国古典です。

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑