反日プロパガンダをめぐる情報戦の最前線から戦況を報告いたします。歴史戦勝利のための傾向と対策マニュアルになれたらと思います。いうほど速報じゃないですヾ(- -;)

【慰安婦問題】ケント・ギルバート氏の参戦で勢いづく日本勢。マイケル・ヨン氏のFB上で繰り広げられる歴史戦

  

スポンサードアド

Comfort_women_crossing_a_river_following_soldiers

ネタ元→https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152528275045665

『ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班報告書(IWG)』をはじめ、膨大な資料を精査した上で慰安婦問題がねつ造であることを暴露したアメリカ人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏。彼のフェイスブック上ではいまも訪れた多くの人によって熱い議論が交わされています。そのなかに同じく慰安婦問題の嘘を糾弾しているアメリカ人弁護士のケント・ギルバート氏がコメントしたことで始まった一連の議論がありました。なかなか面白い議論でしたので、ここに翻訳してご紹介いたします。なお翻訳と転載を快く承諾してくださったマイケル・ヨン氏にはあらためて感謝の意を表します。
Michael,Thank you for your generosity!

 

↓まずこちらが議論の元となったマイケル・ヨン氏によるコメントです。

 

第二次世界大戦中、韓国人男性が臆病者だったとでも言うつもりか?

第二次世界大戦中、大日本帝国陸軍が20万人もの韓国人女性を強制連行して、性奴隷(慰安婦)にしたという疑惑について、裏付けの取れない主張が現在も拡大し続けている。それらは主に韓国からの主張である。

慰安婦たちの主張を裏付ける証拠を求めて、米政府は3000万ドル(30億円超)の費用を掛けて調査を行った。

(中略)

その当時の韓国(朝鮮半島)は実際のところ日本の一部だった。プエルトリコが米国の一部であるようなものだ。

日本軍には韓国人の兵士がたくさんいた。だから日本軍が20万人の女性を強制連行したのであれば、韓国人兵士が韓国人女性の強制連行に加担していたことになる。これはやっかいな現実である。しかし、もっとややこしくなる。

(中略)

戦争中、韓国の人口は約2,300万人だった。そして現在、テキサス州の人口は約2,600万人である。

テキサス州の女性を20万人強制連行しようとしたら何が起きるだろうか。きっと辺りは血の海に染まるだろう。その目的に動員された軍隊は何千人もの兵士を失うし、その報復として何千人もの市民が軍隊に虐殺されることは間違いない。

(中略)

この件について日本軍の将軍や提督の立場からも考えてみよう。日本は米国、オーストラリア、イギリス、中国、さらに連合国とも戦争している最中である。どう考えても手いっぱいのはずだ。特に米国は海軍と海兵隊が進軍し、日本兵を見つけ次第どこであろうと攻撃していたのである。

(中略)

米軍と連合軍の攻撃がのど元まで迫ってきているのに、日本軍の将軍たちが貴重な資源を女性の強制連行に費やすはずが無い。彼らは戦争の真っ最中だった。春休み中だったわけではない。

真面目な軍人やビジネスマンであれば、20万人の女性を強制連行することの愚かさが常識として分かるだろう。全く馬鹿げているし、そんなことをしたら朝鮮半島内で新しい戦争を生み出してしまう。朝鮮半島(韓国)は日本の陣地である。そして韓国人は米国人を相手に戦争をしていたのだ。韓国人は我々(米国人)の敵だったのである。

(中略)

ということは、韓国人男性は韓国人女性を守ろうとこぶしを振り上げる人間が一人もいないほど臆病者なのだと我々は信じればいいのか? 数多くの女性が強制連行されるのを黙って許したのであれば、確かに韓国人男性は臆病者であり、その息子である現代の韓国人男性は、臆病者の父親を持っていることになる。

(中略)

今までほとんど誰も存在すら知らなかったIWGの報告書を読んで欲しい。もし全部を読む時間が無いようなら、報告書の中で慰安婦(Comfort Women)を検索して、その部分だけでも注意深く読んで欲しい。

http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf

*日本語訳はケント・ギルバート氏によるものを抜粋して転載させていただきました。

*全文をお読みになりたい方はこちら→http://ameblo.jp/workingkent/entry-11958461771.html

 

↓以下、訪問者によるコメントです。

●ケント・ギルバート
マイケル、この件で君にメッセージを送ったから見てくれないか。+91


●マイケル・ヨン
いま見たよ。ありがとう。+11

●TM
ハーイ、ケント! ここで会えてうれしいよ。産經新聞のZakzakに寄稿した君の記事を読んだよ。アメリカと日本社会を理解する君のような人が声を上げてくれたことに勇気づけられたよ。+20
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141118/dms1411181140003-n1.htm

●OM
親愛なるマイケルへ。君にマッカーサーの電文に関するメッセージを送ったから、よかったらみてくれないか。+6

●WS
マッカーサーの電文は、僕も読んでみたいな。それとTM氏が張ってくれたリンクだけど、英語版はないのかな? ケント・ギルバート氏がどんなことを言っているのかすごく興味があるんだ。できればでいいんだけど。

 

●SM
君のレポートを読むまで、僕は「慰安婦」の話はすべて真実だと思い込んでいたよ。僕たちが教えられてきたことの多くが実は嘘っぱちだということもよくわかった。これからはみんなが信じ込んでいることには眉につばをつけてから見るようにするよ。+31


●マイケル・ヨン
僕もそうだったよ。よく観察すればわかるけど、僕たちは「この世界を知っている」と思いこんでいる。だけど、実のところ何も知っちゃいないんだよ。+26

●CNT
僕もそうだよ。日本人でさえ多くの人が慰安婦の嘘を信じていた。だけどインターネットのおかげで真実を知ることができた。ネットは偉大だね。+2

 

●JK
マイケルはじつにいいところを突いている。じつのところ日本兵の4割は、戦闘ではなく飢えによって死んだんだよ。そんな日本兵が20万人ものよけいな食い扶持を連れてくるなんてどう考えてもおかしいだろ。また慰安婦が飢え死にしたなどという記録もない。
もうひとつマイケルが指摘したよい点は、韓国人が日本人と一緒に戦ったことだ。現在のパク・クネ大統領の父親、故パク・チョンヒ元大統領も当時は高木正雄という日本名を名乗っていた。『THE NEW KOREA―朝鮮が劇的に豊かになった時代』という本には併合時代の韓国の真実が描かれているよ。+68


●マイケル・ヨン
奇遇だね。ちょうど昨日、その本を取り寄せようとしていたところだよ。教えてくれてありがとう。+14

●CNT
私の祖父は飢え死にした。36歳だった。戦友の話によるとカエルを食べるのを拒否したらしい…。+6

●マイケル・ヨン
ご愁傷様。だけどカエルを食べなかったとは驚いたな。日本人はカエルを食べないのかい?僕は足の部分が好きだけどな。+4

●CNT
日本人は普通食べないと思う。フランス料理に出てくるのは知っているけど…。+7

●DR
>JK
いや、餓死した慰安婦はいたよ。ビルマ戦を調べてくれ。「食料不足のなか、どうして20万人の食い扶持を…」というが、ほとんどの韓国人は戦争初期に太平洋戦線に送り込まれたんだよ。それはウエイク島やタラワ島、硫黄島で米軍によって韓国人が捕らえられたことからもわかる。+1

●HC
これに関しては日本側が正しい。慰安婦は誘拐されたんじゃなくて騙されたんだよ。募集に応じたのは看護婦や工場労働者としての職が得られると思ったからだ。だけどいったん船に乗せられた後は、彼女らには性奴隷になる以外になかったんだ。たとえそれが彼女らの意に反することであってもね。また食料が不足した際などはもちろん兵士たちが優先された。慰安婦たちは天皇のために犠牲になることを強いられたんだよ。

 

●JB
ナチスドイツは敗戦直前までユダヤ人を殺していた。ドイツと日本の狂気は誰にも止められなかったんだよ。+5

スポンサードアド


●マイケル・ヨン
ナチスドイツのホロコーストに関しては山のような証拠がある。それは誰も否定できない事実だ。彼らはユダヤ人ばかりでなく、同性愛者やジプシーなどじつに多くの人々を絶滅させようとした。
しかし日本人はむしろユダヤ人を救っていた。
ナチスドイツの犯罪に関しては誰も否定できない。だが、この慰安婦問題はホロコーストとはまるで次元が違う。慰安婦には信用に足る証拠が一切ない。
+43

●JB
日本とドイツが同じ行為をしたかどうかは別にして、1930年代から40年代にかけての日本が一種の狂気の中にあったことは間違いない。それを示すのが「レイプオブ南京」だ。
私は慰安婦やホロコーストといった特定の出来事に言及しているわけではない。私はドイツと日本の狂気と無能さを指摘しているんだ。
それと中国人がユダヤ難民を受け入れて、その命を救ったのは知っている。しかし日本人が同じことをやったとは知らなかった。+2

●マイケル・ヨン
常識的に考えてみてくれ。仮に20万人もの少女たちが誘拐されたなら、そこには何百万もの証言があってしかるべきだ。だけど慰安婦問題などというものは、1977年まで存在しなかった。その年、吉田清治という左翼日本人による「小説」が出版されたわけだが、慰安婦問題が持ち上がったのはその後だ。そしてその「小説」は後にフィクションだと判明した。要するに、それ以前、慰安婦問題などというものは存在しなかったし、それは80年代になってから「創作」された作り話だということだよ。+36

●MI
A級戦犯となった東条英機は2万人のユダヤ人を救った。日本のシンドラーといわれる杉原千畝も6000人のユダヤ人を救った。いずれもナチスドイツからの抗議を無視した行動だった。信じられないかもしれないけど、そうした行為は当時の日本の国策でもあったんだよ。世界初の人種的差別撤廃法案は1919年に大日本帝国によって提出されたものだ。そしてそれを却下したのはアメリカだった。+16

●マイケル・ヨン
昨日ちょうど、兄弟とそのことを議論していたよ。僕たちは、今の日本人はよい人たちだが、戦時中は悪魔のような人間たちだって教わってきた。しかし、成長するにつれ、またより多くを学び、より多くの国を旅するにつれ、そんなものはわれわれがでっちあげた虚像でしかないことに気がついた。もちろんなかには残虐な行為もあっただろう。だけど、それはあの当時、多かれ少なかれどの国にだってあったことだ。
日本人がユダヤ人を救ったという史実はアメリカ人にはほとんど知られていない。僕の兄弟は高い教育を受けた聡明な人間だが、日本人が(そして中国人も)ユダヤ人を救ったという史実は知らなかった。+22

●LA
>JB
下のリンク先に日本軍占領下の南京を撮った本物の写真がある。それらは中国政府が出してくるような出所不明なものではなく、いつどこで誰が撮影したのかきちんと確認済みの写真だ。
そこには、日本兵から食料をもらって笑顔を見せる中国人がいる。
病院で日本人に看護されている中国兵がいる。
日本兵と手をつないで遊んでいる中国人の子供がいる。
日本兵がいるすぐそばで商いをしたり、畑を耕したりする中国人がいる。
日本軍による占領期間中、南京市の人口はむしろ増えている。避難民が帰還したからだ。
日本兵は戦死した中国兵のために墓をつくりねんごろに弔った。
仮に本当に日本兵が中国人女性をレイプしまくり、市民を虐殺してまわっていたなら、こんなことはありえないはずだ。
もっとも私は当時の南京で何もなかったと言ってるわけじゃない。そこのところは誤解しないでほしい。+20
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/nankingm.htm


●JB
日本とドイツは捕虜の待遇にはまったく関心がなかった。私は当時の写真集を持っている。そこには、日本兵が銃剣の練習のため捕虜を殺害する写真も載っている。こうした行為は無視できない事実だ。また日本人は、トンネルを掘らせる目的で韓国人を硫黄島とタラワ島へ連れて行った。フィリピンでの強制労働を思い出せ。慰安婦だって同じはずだ。+3

●CY
韓国人の妄想にはつきあってられんな。まあそれでも、というならこれをどうぞ。

10155775_766761996727775_7493037283804051707_n

10433121_766762066727768_1809633718209180593_n

535949_766762236727751_6367305974976249244_n


●MI
シベリア抑留では34万人の日本人が死んだ。ソ連が捕虜の待遇に無関心だったことは間違いない。それとバターン死の行進だけど、わずか42キロ程度の行進でいったい何がおこったのか自分にはよく理解できないよ。+3


●LW
バターン死の行進では、捕虜たちは4月の炎天下、100キロ以上もの行程を歩かされたんだよ。食料も水も薬もみな与えられないままね。700人のアメリカ兵と1万人のフィリピン人が死亡したといわれている。

●MM
>JB
大日本帝国とナチスドイツの戦争目的は異なっている。ナチスドイツのそれは「人種差別政策」だったが、日本のそれは「大東亜共栄圏」だった。両者はまったく異なる政策だよ。+7

それと「レイプオブ南京」のことだが、この映画を見てみろ。どこにそんな証拠がある?
映画 南京の真実 記録映画編(南京陥落後)
http://youtu.be/AAJhJnYH7yU

ついでにこれも上げておく。
A JAPANESE HOLOCAUST RESCUER(ホロコーストから救ってくれた日本人)
http://youtu.be/h0lizzqOxuI

●AK
>LW
バターン死の行進で犠牲になった人については気の毒に思う。けれど、あの行進は別にアメリカ人とフィリピン人を殺すのが目的だったわけではない。それに捕虜たちも全員が120キロの全行程を歩かされたわけではない。途中、48キロは汽車で移送されたし、一部はトラックに乗せられて53キロを移動した。だから彼らが実際にあるいたのはせいぜい19キロから72キロだよ。
だから、これもプロパガンダのひとつだと思う。
連合国がどんなことをしたのか、日本人はすっかり忘れてしまっている。いわゆる「War Guilt Information Program」によってね。
君は「頭蓋骨トロフィー」って知ってる?
http://www.sfgate.com/news/article/Japanese-war-dead-skulls-at-UC-museum-3220030.php

「歴史は私に好意的だろう。私が歴史を書くのだから」ウインストン・チャーチル

母は「嫌な思い出は忘れたほうがいい。さもないと幸せになれない」と言っていた。私もそう思う。憎しみは平和を破壊するものだから…。+3

●DR
私はアジアで起こったことをホロコーストと比べるつもりはない。だけど日本人が大勢のアジア人を殺したことは事実だ。それを象徴するひとつが、満州の731部隊による人体実験だ。資料を出せって? 「Materials on the Trial of former Servicemen of the Japanese Army charged with Manufacturing and Employing Biological Weapons. Foreign Languages Publishing House. Moscow. 1950」を見てみな。

●HC
>MM
ナチスドイツも似たようなプロパガンダ映画を撮っていたから、そんな映画に説得力はないよ。日本がいかにやさしかったかと訴えるプロパガンダ映画でもって人を信じさせようとするなんて笑止千万だよ。それと「メイドインジャパン」じゃないものはみな嘘だと主張するのもおかしな話だよね。


(スレッドはまだまだ続きますが、今日のところはこのくらいにしときます)

スポンサードアド

「歴史ニンシキガー速報」ツイッターでもつぶやいてます!

 -慰安婦, 歴史戦 ,