みんなで大満洲国を再建しようぜ! 満洲国の動画をめぐる海外の反応と議論

「王道楽土満洲国万歳!」「日本人は満洲人を助けてくれた!」

Manchukuo (Manchuria) 1938
満洲国 1938

ひさしぶりに満洲国の動画を取り上げます。今回取り上げたのは、ここ1年ほど新しいコメントのついていない比較的静かな動画ですが、それ以前はかなり活発な議論が繰り広げられていたらしく、なかには驚くほど洞察に満ちたコメントが数多く見られました。その中から興味深いものをピックアップしてご紹介いたします。

スポンサードアド

 

●戦前、日本は満州に電線網や鉄道ネットワーク、製鉄所、灌漑設備などを建設した。戦後、シナ人はそれをただで使った。

 ↓
日本は満州人(中国人)のために満州国をつくったわけではない。満洲人を日本人の奴隷として使役するために作ったんだよ。

 

●アメリカ、中国、そして韓国は、戦前の日本が悪辣な国だったという嘘を世界中に広めている。しかしこの満州国に関していえば、日本の何が悪かったのか私にはさっぱり理解できない。このビデオをみるかぎり日本人が中国人、満州人、朝鮮人を奴隷にしていたようには見えないし、むしろ医療や教育など多くの社会インフラを建設したことがみてとれる。このビデオはたぶんアメリカや韓国、中国では閲覧禁止になるんじゃないかな?

 

●大满洲国王道乐土(楽土) 关东军(関東軍)万岁(万歳) 满洲国万岁(万歳)!

 

●日本人は満洲人を助けてくれた。

 

●いくつかの国はチベットを独立させようと画策している。しかしその表向きの看板とは異なり、目的は人権保護などではない。やつらが目論んでいるのはチベットを満洲国のような傀儡国家にすることだ。ここはよく理解してほしいところなんだけど、チベットは中国にとってきわめて重要な場所だ。なぜかといえば、チベットには長江と黄河という中国の二大河川の源流があるが、万が一チベットに混乱が発生した場合、中国にとって死活的ともいえるこのふたつの河もトラブルに巻き込まれるからだ。それというまでもなくチベット族は中華民族の五大民族のひとつだ。それは五本の指の一本だ。たとえ一本であっても自分の指を失くしてもいいという人はいないだろう。

 

●どこにも飢えた人なんていないじゃないか? 歴史の先生、あんたは間違っていた!

 

mankokki

 

●中国人は言う。「チベットは13世紀以来中国の一部だ。なぜなら両者とも元朝と清朝の領土だったからだ」。そんな馬鹿なことがあるか! それはこういうのと同じだ。「アメリカはインドの領土だ。なぜなら両者ともイギリスの領土だったからだ」。


「赤いインディアン」の歴史は無視か? タミール人はインド人じゃないのか? 世界には複合民族国家なんぞいくらでもあるぞ。なのにどういうわけか中国だけがやり玉に挙げられるのは不公平だ。

すべてのチベット人はみな「チベットが中国の一部でない」ことを知っている。すべてのチベット人はみな「チベットと中国が元朝と清朝の一部だった」ことを知っている。すべてのチベット人はみなチベットの自由を望んでいる。2008年の抗議活動といまも続く焼身自殺は、チベット人がいかに自由を望んでいるかの証拠でもある。私は彼らを支持する。ばかげた喩えでごまかそうとする前に私のコメントをちゃんと読め。何を言わんとしているのか理解する努力をしろ。それと「赤いインディアン」てのは何だ? 「ネイティブアメリカン」の間違いだろ?

満州は中国の一部という嘘の始まりについてはこちらをお読みください↓
革命の美名に隠れ領土拡張を図った革命詐欺師・孫文

 

●ビデオのタイトルには「中国の一地方である満洲への旅」とあるようだが…。笑っちゃうぜ。中国は1644年から1911年まで満洲(清)の一部だった。満州族の支配下に置かれた中国人は弁髪をふくむ満州族の風俗を強制された。1860年代、清朝はその領土をロシアに奪い取られた。北満洲はいまもロシア領だ。満洲が中国の一部だという奴は、そこへ行ってこう言ってみるといいよ。「お前が住んでいる土地は中国の領土だ」ってね。ハハハハ。

 

●みんなで大満洲国を再建しようぜ!

 

●満洲独立。中共崩壊。

 

●チベットは中国の一部だ。白豚どもは黙りやがれ!

 

●満州は私の故郷だ。愛する故郷だ。私は当時の日本人がそれほど優しかったとは思わない。しかしいまの共産中国がしていることに比べたら日本人の方がましだ。共産中国がわれわれの満州に何をしてくれたっていうんだ? 我々の資源を奪い、川を汚染しただけじゃないか!

 

images

 

●中国人の満州への人口流入は日本人のそれをはるかに上回っていた。とくに山東半島からは仕事と豊かな生活を求める移民が毎年のように流入していた。内戦中だった中国と異なり、満州国は戦争もなかったし、飢饉もなかったからだ。


満洲国は後にソ連に占領され、共産党の武器庫となり、そうして結果的に共産党の勝利をもたらした。君をふくむ日本人はそのことをきちんと認識すべきだ。君らの祖父たちは共産主義と戦っていたわけじゃない。

 

●ダライラマによると2009年のチベットの人口は600万人で、そのうちチベット人は44%だ。中国はチベット占領後、60年の間に750万人の中国人を移住させた。これは民族浄化というべきだ。いまやチベット人はチベットで少数民族の地位に転落してしまっている。


おいこらウスノロ! 西洋人による「民族浄化」はどうなんだよ? やつら18世紀にネイティブアメリカンに何をした? たしかに共産主義国家はろくでもないことばかりやってきたよ。だけどそれとこれとは別だろ? お前の非難はたんなる人種差別でしかないよ。

 

●中国兵の質はきわめて劣悪だった。彼らは兵士というよりほとんど匪賊というべき存在だった。アメリカ人ジャーナリストのフレデリック・ビンセント・ウイリアムと中国人歴史家の黄文雄は、日本人はそうした中国人匪賊と腐敗した満洲政権を追い出して満洲国を樹立したと言っている。実際、満洲の人口はその後、目に見えて増大した。大勢の中国人が平和を求めて満洲国に移住してきたからだ。さらに日本人は鉄道を敷設し、銀行や学校、病院など近代国家に必要な社会インフラを満洲の地につくりあげた。


私は満洲人だ。当時、満洲人は日本語学習を強制されたってことを忘れてないか? 私の祖父母が上手に日本語の読み書きができるのはそのせいだ。だけど彼らはいまそのことを恥じているよ。なぜだかわかるかい?

 

●もしも日本が韓国、満州、台湾を保有することで満足していたら、これらの地域はいまごろきわめて繁栄していただろう。だが、日本は少々欲張りすぎた。そのことが中国との戦争を引き起こし、第二次世界大戦へとつながった。そして日本は結局すべてを失ってしまったんだよ。

自虐史観撲滅カレンダー2017

 

●満洲の日本支配と中国のチベット支配が同じ理屈で正当化されているようだな。どちらも悪逆な支配者を追い出し、近代的なインフラを建設したという理屈でね。

スポンサードアド

 

●日本はアジアを近代化させようとしたんだよ。ベトナムやフィリピンをみてみな。フランスやアメリカがそこに重工業施設を建設したりしたか? 満洲国はあの当時、世界最先端の産業設備をもつ国だった。もし当時日本と中国が協力し合っていたらアジアの生活水準はいまよりずっと高いものになっていただろう。それに近年の中国の発展は、日本による投資の結果だということも忘れないでほしいね。

 

●日本が満州を租借したのは清朝との正式な条約にもとづくものだった。また日本軍が中国に駐留していたのも平和維持が目的であり、それも正式な条約に基づくものだった。日本は中国を侵略などしていない。この歴史的事実を忘れるな。

 

●全世界は日本の庇護のもとひとつになる。それが八紘一宇だ。


そりゃまたとんでもねえ世界になっちまうだろうな!

 Manchukuo_Hsinking_avenue

 

●日本は偉大な仕事を成し遂げたと思う。ビデオに出てくる中国人は今の共産中国での生活より幸せそうに見える。もちろん奴隷労働のようなきつい仕事をしている姿も見られるが、それは今の中国でも同じだ。低賃金労働に従事する人はいつの時代にもいた。

 

●満州人の多くは今の中国共産党の統治下ではなく、満洲国での暮らしの方を希望していると思うよ。


私は満州人だけど、故郷が再び日本の傀儡国家になることは望まない。満州国政府は満州人の労働環境を改善しようとしなかったし、そこで恩恵を受けたのは日本人移民だけだった。

君は共産中国に併合されたままの方がいいと言うのかい?

 

●満州で何が起こったにせよ、そこから学ぶべきことがある。俺は日本人が嫌いだ。やつらにもっと核兵器を落とすべきだ。自分らがどれだけひどいことをやったかを思い知らせるためにもね。


当時の日本人は洗脳され、軍部に利用されていたのよ。私は日本人がみな冷酷で利己的なケダモノだったとは思わない。あなたが言うような「目には目」のやり方だと、あなたも大勢の無辜の市民を虐殺し、レイプした冷酷な日本兵と同じになってしまうんじゃないの?

 

●それが日本の侵略であろうとなかろうと、あのままいけば満洲国はおそらく日本以上の経済大国になっていただろう。私は満州で学生時代を過ごした多くの日本人を知っている。彼らは満州人と中国人と机を並べて学んでいたんだ。彼らは当時を懐かしんでいる。満州と日本の関係は、ちょうどアメリカとイギリスのようなものだよ。

 

Emperor Henry Pu Yi, Puppet Monarch

 

●アルバニアから一言いわせてもらうよ。満洲国よ永遠なれ! かつて満洲人が軍閥支配下でどれほど苦しんでいたか、また現在も共産中国の支配下でどれほど苦しんでいるかを私は知っている。私たちはあなたがたと共にある。いつか新生満洲国を訪れる日が来ることを願うよ。


悪いがウスノロの君に言っておく。満州への漢民族の入植を禁止したのは満州人だ。それにロシアの侵略に対抗するため、それを緩めたのも満州人だ。満州人は自ら中国語を学び、自らの言語を忘れてしまったんだよ。それは誰が強制したものでもない。これは自殺した人を殺したといって誰かを非難するようなものだ。

アルバニア人の君にいったい満州の何がわかるっていうんだ? 中国は満州地方を開発するためさまざまな努力をしてきた。満州文化を保存したり、満州語を復活させたりもしている。それに満州族は中華民族の主要なグループのひとつなんだよ。

 

●素晴らしいビデオだ! 日本人が満州国をつくったのはいいことだった。そして満州国経営に専念すべきだった。そうすれば白人どもがちょっかいをださないかぎり、満州国はいまも繁栄していたことだろう。日中戦争は大きな間違いだった。


そう考えるのが自然だよね。だけど実際には日中戦争の前から反日運動があちこちで発生していたんだ。そしてその裏にはソ連やアメリカの使嗾があった可能性がある。ここからわかるのは戦争を欲していたのは日本ではなく中国だったということだ。

ということはなんだ? 君は日本は中国を侵略しなかったとでもいいたいのか? 笑わせるな。日本は1932年にすでに上海を奪おうとして撃退されているじゃないか。そうして1937年にようやく念願かなったわけだろうが。

 

●満洲国はアメリカの傀儡国家であるいまのイラクや、戦後GHQの統治下にあった日本、さらには南北朝鮮よりも独立を保持していた。なかでも重要なのは満洲国は欧米的な意味での植民地ではなかったということだ。そこには先進的な社会インフラが建設され、住民はその恩恵を享受していた。

 

●当時、毎年100万人の中国人が満洲国に移住してきた。日本はそれをみな受け入れた。それが、満洲国の建国理念である「五族協和」というものだ。満洲国はロシア人も拒まなかったし、ナチスドイツに迫害されたユダヤ人さえ受け入れた。

 

満州国建国ポスター

 

●ロシアは1900年に満州を占領し、さらに朝鮮半島へも侵入しようとした。日露戦争が起こったのはそのためだ。日本はなんとかロシア軍を打ち破り、かろうじて勝利を得た。仲介したのはアメリカだった。アメリカはその後、満州の共同経営を日本に持ちかけた。しかし日本は拒否した。そのことがアメリカを怒らせた。アメリカは「オレンジ計画」を作成し、満州から日本を追い出す計画を練り上げた。そうして日本はそれ以来、満州軍閥による反日活動に悩まされることになったんだ。

 

●やがて中国の攻撃に日本側が反撃するという形で日中戦争が勃発した。アメリカは戦争の間ずっと蒋介石を資金的、軍事的、政治的に支援した。アメリカは中国を救う正義の味方になろうとし、中国はそれを欧米との対等な同盟を結ぶチャンスととらえた。

 

●中国戦線では、日本が中国軍を圧倒していた。しかし蒋介石政府を欧米が支援し続けたため、戦線はこう着状態に陥った。連合国からの支援物資を運ぶビルマルートを遮断するため日本はベトナムへ進攻した。それに対し、連合国は日本への禁輸措置をとった。窮地に追い込まれた日本は真珠湾を攻撃し、その結果敗戦の憂き目にあった。そして侵略戦争を引き起こした「悪玉国家」というレッテルを貼られた。これらすべてはアメリカの満州共同経営案を日本が蹴ったことから起こったものだ。この共同経営案を日本は受け入れるべきだったのか? それはわからない。

 

●アメリカはイギリスの傀儡国家だった。オーストラリアもそうだ。
ベトナムとカンボジアも初期の頃は共産中国の傀儡国家だった。
誕生したばかりの国が強国の保護を受けるのは必要なことなんだよ。

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

Comment

  1. 名無し より:

    私は満洲人だ。当時、満洲人は日本語学習を強制されたってことを忘れてないか? 私の祖父母が上手に日本語の読み書きができるのはそのせいだ。だけど彼らはいまそのことを恥じているよ。なぜだかわかるかい?

    この祖父母さんたちが漢語をしゃべってるのも同時に恥じて、消滅しそうだといわれている満州語を必死に守ってるんだったら何も言うことはないんだが・・・w

  2. 匿名 より:

    当時の日本はソ連と敵対的になりつつある英米に対抗するために猛烈に働き,それを支える人口と資源が必要だった。(実際に必要だったのは外交だったわけだけど)

    台湾と朝鮮の例から分るように,それぞれの地で搾取するのでなく,近代化して働いてもらいたかった。現在の中共の様に民族浄化して取込もうと結婚の制限などはしていない。まぁ何だかんだで日本人の方が優遇されていたみたいだけどね。

    今から見た過去の常識が,強国が抑圧搾取をしていたというもので,しかも現在の中共のチベットや東トルキスタンへ,米国の中東に対する態度もたいして変わらん。良識的な,しかも調べていない普通の人ほど,他国を支配していた日本は非道だったと言ってしまう。日本は敗戦国だからよけいにバイアスがかかる。

    今から見れば上手いやり方じゃなかったね。米英列強が過去の日本や,現在でもやっているように,反政府軍や独立派を支援するなりしていいなりにしていれば,独立を支援してくれた,とか言って感謝されたかもしれんねww・・・・悲しいねぇ‥

  3. 匿名 より:

    何で外人は第二次世界大戦のことにしか目を向けられないのかね。
    昨日今日で世界情勢が決まるわけではないのにある程度事前に予測を立てたりするのが普通なのに。
    いくら当時の日本が何も考えていなかったとはいえある程度の方針があったはずなのにね。
    日清、日露、一次大戦とそれだけでも見れば分かるはずなのに。
    より詳しく言うなら、日韓併合や義和団、辛亥革命、共産主義台頭だとかもあるけど。

  4. ななし より:

    黒水靺鞨→金→清→満州この国をきちんと残していたら、チベットも東トルキスタンもパレスチナも大きな問題になっていなかった可能性がある。満州国にはユダヤ人の自治区が計画されていた。モンゴルや高麗に迫害されながらも、生き延び、清をつくった女真族、満州国は当然OKで、蒋介石も承認していた。

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑