「盧溝橋事件は中国共産党がしかけた!」海外の人が作成した日本擁護動画が正論すぎてびっくり パート2

The Politically Incorrect Truth About Japan in World War II Part II
第二次世界大戦における日本に関する「政治的に公正でない」真実 パート2

スポンサードアド

前回取り上げた『第二次世界大戦における日本に関する「政治的に公正でない」真実』シリーズ、そのパート2をご紹介します。パート2では、日中戦争(支那事変)に焦点を当て、とくにその発端となった盧溝橋事件が中国共産党の策謀であったことをさまざまな角度から論証しようと試みています。以下、動画内容とそこについていたコメントを翻訳してご紹介いたします。

 

【以下、動画の要約】

盧溝橋事件は中国共産党がしかけた陰謀だった!?

今回は日本による中国侵略という説を検討してみよう。

一般に日中戦争は盧溝橋事件が発端だったとされている。

盧溝橋事件は1937年7月に謎の発砲事件をきっかけに起こった日中の武力衝突である。

謎の発砲事件の犯人は今も不明である。

日本軍が駐屯していた以上、衝突は避けられなかったと言う人もいる。だが、当時軍隊を駐屯させていたのは日本だけではない。

欧米の部隊もそこに駐屯していた。それは義和団事件後に結ばれた条約に基づくもので、居留民保護が目的だった。

さて盧溝橋で何が起こったのか。

その夜、演習を行なっていた日本軍に突如数発の銃弾が撃ち込まれた。

一人の兵士が行方不明になったこともあり混乱が発生した。

中国軍に攻撃されたと思った日本軍は中国軍を攻撃した。

それに対して中国側から反撃がなされ、それに日本側が反撃し、さらに中国側がそれに反撃するという形で、いつのまにか日中の全面戦争へと発展してしまった。

これがいわゆる日中戦争のはじまりである。

この日中戦争に対し、中国側は「日本が侵略戦争をしかけ、中国はその犠牲になった」と主張している。

しかし、あまり知られていないことだが、当時、両軍の将校はかなり友好的な関係を築いていた。

そのため衝突が発生した後、彼らはただちに停戦協定を結んだ。

もちろん両政府の内部には好戦的な人物もいたが、現地軍にかぎれば両軍とも衝突の拡大をふせぐため最大限の努力をはらった。

この間、少なくとも2回の停戦協定が結ばれた。しかしどういうわけか協定はいずれもすぐに破られた。

誰が協定を破ったのかについては議論がある。しかしきっかけとなったのが日本兵の殺害事件だったことからして日本側でないことはあきらかだ。

日本側は、衝突を拡大させないようあらゆる努力をおこなった。一方で中国側は各地に大部隊を送り込んでいた。

ここからいえるのは、誰がこの戦争をはじめたにせよ、それを煽ったのは間違いなく中国側であったということだ。

しかし現在の常識では、日本がこの戦争を始めたということになっている。

その根拠とされるのが「満州侵略」だ。

満州事変がしめしたのは、日本には領土的野心があるということだった。その日本が満州だけにあきたらず、今度は中国本土にも食指を伸ばしてきたというわけだ。

しかし、前回、説明したように満州はもともと中国の一部ではないし、中国にも満州を領有する権利はないはずだった。

それは独立戦争の際、アメリカがイギリスとアイルランドも自国領土だと要求するようなものだ。それは馬鹿げている。

一方、日本人歴史家のなかには盧溝橋事件の裏にいたのは共産党だったと主張する人もいる。

しかし多くの人はそのような説を日本人右翼のたわごととして信じようとしない。

それは、彼らが「日本人は何も悪い事をしていない。最初に悪い事をしたのは中国であり、欧米諸国だ」と自己弁護に終止しているせいでもある。

日本人の主張にはたしかに一定のバイアスが入っているかもしれない。

では、欧米人歴史家はこれについてどうみているのだろうか。

たとえば『ライジングサン』の著者であるアメリカ人のジョン・トーランドは、あの戦争をしかけたのは中国だったと言っている。

もう一人、アメリカ人歴史家のジェームズ・B.クロウリーもこう言っている。「あれは大規模な戦争になるような衝突ではなかった。だが、中国側がそれを拡大させた」と。

このように日中戦争をしかけたのは、中国共産党だったという説が日本以外からも出てきている。

これはたんなる陰謀論なのだろうか。

もう少し事実にそってみていこう。

盧溝橋事件の直後、上海で日本軍の将校が中国軍によって殺害されるという事件が発生した。

これは両軍の全面衝突を不可避にした事件ともいわれている。

これは共産党の犯行だった。

なぜ共産党の犯行といえるのか?

毛沢東自身がそう言っているからである。

毛沢東は後に、自分たちがそれをやったと自慢げに話しているのだ。

上海での事件の裏に共産党がいたとしたら、北京においてもそうでないとは言い切れないだろう。

ということは盧溝橋事件の裏にも共産党がいた可能性は高い。

なぜ共産党はそのようなことをしたのか?

共産党は、日本軍と国民党軍を戦わせ、両軍が疲弊した後、その隙をついて自分たちが政権を奪取しようともくろんでいたのである。

日中戦争の勃発にともない、共産党と国民党は内戦を停止し、両軍は一致協力して日本軍と戦う事を互いに約束した。

しかし、実際のところ共産党軍はほとんど何もしなかった。

日本軍と正面から戦ったのは国民党軍だけである。

共産党軍はせいぜいときどきゲリラ戦をしかける程度で後はほとんど山の中に隠れていた。

その後、アメリカが参戦し、戦局は大きく変化した。

やがて日本が降伏すると、それまで身をひそめていた毛沢東が突然、表舞台に姿を現した。そしてまたたくまに国民党を追い払い、中国全土を制圧してしまった。

これらはみな最初からしくまれていたことだった。

こうしてみると日中戦争の裏に共産党の策謀があったことは間違いないように思われる。

自虐史観撲滅カレンダー2017

ところで、ここにはもうひとつ謎がある。

それは、もともと戦争の拡大を望んでいなかった日本が、その後どういうわけかなし崩し的に戦線を拡大していったことである。

この戦線の拡大が、その後の第二次世界大戦へとつながっていくわけであるが、そのあたりについては次回話そう。

 

広告

 

eat2(不明)

だとしたら日本はどうして朝鮮やインドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール、香港、そしてハワイを侵略したの?


jp(日本?)

白人の植民地支配から解放するためだよ。当時、東南アジアのほとんどがフランス、アメリカ、イギリス、ポルトガル、オランダ、そしてロシアの支配下にあった。


us(アメリカ)

朝鮮に関してはもし日本が併合していなかったらロシアが植民地にしていただろう。他の国に関しては戦略的な行動だった。資源を獲得することとアメリカの軍事的脅威を除くことが目的だったんだ。
アメリカは禁輸措置を取ることで日本を戦争に追い込もうとしていた。もし日本があのときそうしていなければ、わずかに残っていた勝利のチャンスすら逃してしまっただろう。
日本の戦争に関しては、残念なことにその実像がひどく歪められているんだよ。+1

 

eat2(不明)

歴史は勝者によって書かれるものだ。そして歴史は繰り返す。繰り返したくないと思っても、ねつ造歴史が横行しているいまのような状況では無理だ。愚か者になりたくなかったら自分で調べようぜ。


ph(フィリピン)

アジアを暗黒におとしめていた日本の虐殺行為にストップをかけたのは、あの二つのキノコ雲だった。あれはとても効果的だったよ。


eat2(不明)

虐殺なんぞ連合国側にもあったよ。マッカーサーは戦後、こう言っている。「日本が戦争に立ち上がったのは資源のためだった。もし同じ境遇に置かれた場合、自分たちも同じように立ち上がっただろう」と。


eat2(不明)

(フィリピンへ)日本はミッドウエイ海戦の後、すでに降伏を打診していた。だけど連合国はそれを拒否した。無条件降伏という現実的でない条件に固執していたせいでね。要するに連合国は日本に対し、怒りと憎しみをぶちまけようとしただけだったんだよ。+2

 

eat2(不明)

日本の中国侵攻の最終目的はなんだったの? 全中国を征服することが目的だったのかな? それとも清朝の復興が目的だったの? あるいは沿岸部のみの占領が目的だったのかな?


ph(フィリピン)

やつらの目的は中国人を奴隷化し、その後、皆殺しにして、中国全土を自分たちの領土にすることだったんだよ。


us(アメリカ)

プッ!笑わせるなよ。もしかしてお前馬鹿だろ?

スポンサードアド


ph(フィリピン)

どうやらおまえは洗脳されているようだが、他のアジア人はみなおまえら日本人が悪逆非道だったことを知っているぞ。
そのことを否定すればするほどおまえら日本人は愚かしくみえるし、尊敬を失うことになる。
日本人は正しい歴史を学び、それときちんと向き合わうべきだ。おまえらのそういう無知なところがアメリカから原爆を二発もくらった原因なんだよ。+1
(管理人注:「否定すればするほど日本人は尊敬を失う」というこの脅し文句を最近よく目にします。論理的に反論できないがゆえの苦しいレッテル張りでしかないわけですが、裏を返せばそんな捨て台詞しか出せなくなっているほど向こうさんも追い込まれているということなんでしょうね。)


us(アメリカ)

僕はアメリカ人だよ。まぬけ。僕はこれまで反日プロパガンダに囲まれて育ってきた。僕は洗脳などされていない。むしろ目覚めたんだ。
僕は大学で世界史を専攻した。合計12年間学んだ。もちろんアメリカ以外の資料にもあたったよ。

日本は僕たちの敵だった。だから僕たちは日本を悪者として描いたんだ。世の中というのはそういうもんだ。

だけど実際はアメリカだってけっして正義の味方ではない。1945年から1947年にかけて150万人の日本人が連合軍兵士によって強姦された。もちろん殺人や暴力もあった。それらはみな資料に記録されている。

日本人が邪悪だって? 馬鹿をいうな。人間自体が邪悪なんだよ。敵を邪悪だと非難するのは、そうすることで自分たちが少しはましだと思えるからだよ。

とにかく君はもっと歴史を勉強し直すべきだ。君はこの世界の仕組みがわかっていない。もちろん歴史というものがどういうものかもまるでわかっていない。


ph(フィリピン)

日本占領時代のフィリピンについてなら、僕はどんな歴史学者よりもよく知っている! 僕の家族の3分の1は日本軍によって惨殺された。僕はそんな話を生まれたときから聞かされて育ったんだ。話をするときの苦悶の表情もよく覚えている。ある晩、うなされた祖父が突然叫びだしたこともある。自分自身、当時の虐殺現場や銃弾の跡などをいくつも見た。僕を信じろ。日本人は本当に邪悪なんだよ!


us(アメリカ)

伝言ゲームってのを知っているかい? 人づての話ってやつがいかに不正確か君は知らないようだな。


ph(フィリピン)

実際に体験したことはそのへんの本などよりずっと正確だよ。僕の祖母の家族全員が殺されたんだ。君は僕の祖母が嘘を言っているとでも? その事実を証拠づける本だってある。とにかく日本軍はこれ以上ないくらい野蛮な獣だったことは間違いない。


us(アメリカ)

心理学によると人間の証言の80%はなんらかのバイアスがかかっているといわれている。要するに目撃談なんてものは当てにならないっていうことだよ。

1、それらの本は誰が書いたんだ。多くのライターはたいてい仮説をもとに自分の主張を組み立てるものだ。彼らはちょっとした写真と何人かへのインタビューだけで何千人もの殺害があったなどと主張するんだ。ナチスの収容所での犠牲者数がいつのまにか何百万人にまで増えていったのもそのせいだよ。

2、韓国人は1950年代にアメリカ兵が韓国人を虐殺したと主張しているが、それを信じろっていうのか? 二人の元アメリカ兵がそれを認めたという話だが、そんな不確かな証言だけでアメリカ兵による「朝鮮大虐殺」が本当の話になってしまうのか?

3、君の話を信じろったってそれは無理な話だ。なんの裏付けもないのにどうやって信じられるんだ? 君が嘘を言っているかもしれないし、もしかしたら君の家族が嘘を言っている可能性だってある。


ph(フィリピン)

僕は嘘などついていない。一方、君らは自分たちの親は間違ったことなどしていないと頭から信じ込んでいる。そんなやつらに、どうやったら証明できるっていうんだ?
君は犠牲者の死体を墓から掘り起こして証明してみせろっていうのか? たとえそうしたとしても君は頭から否定するだろう。
(管理人注:このあたりの「日本人は頭から否定するから証拠を出しても無駄だ」という論理展開は某国人のいつものパターンとそっくりです。本人はフィリピン人と言ってますが、果たしてどうなんでしょうか?)

神様はいま君らの祖先が地獄の業火に焼かれているのを見ているよ。

神様が日本に二発の原爆を落としてくれたのは幸いだった。しかし、一方でそれは日本に自らの戦争犯罪を矮小化する口実を与えてしまった。
とにかく日本人は嘘つきで臆病だ。そのことは全アジア人と世界中の人が知っている!


us(アメリカ)

だから、僕は日本人じゃないって何度も言ってるのに=.=;


jp(日本)

満州にいた大勢の日本人がロシア人、朝鮮人、中国人に惨殺された。その残虐ぶりはここではとても言い尽くせない。だが、私は誰も非難しようとは思わない。
戦争というのはそういうものだからだ。
またわれわれには、自分の不幸ほど悲惨なものはなかったと思う傾向がある。
君は次の二点を心にとめておくべきだ。

1、君の家族はアメリカ軍の味方だった。すなわち日本軍の敵だった。もし君らの家族を殺さなかったら、日本軍は逆に君たちから殺されていただろう。それが戦争というものだ。だからこそわれわれは戦争の原因を探り当てる必要がある。戦争を避ける方法は、恨みを持ち続けることではない。戦争を避けるために必要なのは、真実を知ることだ。

2、君らは独立するより奴隷のままでいることもできたんだよ。だけど独立というのはそう簡単なことではない。そのためには今まで以上に働かなくてはならないし、場合によっては血も流さなければならない。つまり命がけの努力が必要なんだよ。
あの当時、日本人をふくむアジア人全員が独立と生存権をかけて命がけで戦っていた。君がもし日本だけを非難するのなら、それは君らフィリピン人が臆病で怠惰だと言っているようなものだ。いまさらそんな恨み言を言うんだったら身の丈に合わない独立など望まず、ずっと奴隷状態のままでいた方がよかったんじゃないのか?

 

eat2(不明)

君はとても博学な人物のようだ。

 

eat2(不明)

これはとても啓発的な動画だな。

 

eat2(不明)

日本の歴史家の議論はとても興味深いね。たしかに当時の日本人は共産主義を心から恐れていた。だけど、盧溝橋事件が共産党がしかけたというのはちょっと陰謀論に傾きすぎているような気がするな。


(動画主)

日本の極右的な歴史家が言っていることの多くは実際に正しいと思う。だけど、彼らの論理には問題もある。彼らは日本国内において主流派の(自虐的な)歴史観を非難する一方で、欧米植民地主義を非難するときはほかならぬその主流派の歴史観を根拠にそうすることが多いんだ。その二重基準が彼ら自身の説得力を減殺してしまっている。
だけど、事実は事実だ。事実をもってすればやがて真実はあきらかになるだろう。


eat2(不明)

極右(それと「第三の道」主義者も)はいつもろくなことをしないってのには同意だ。

 

eat2(不明)

まあ興味深い切り口だとは思うよ。だけど、君は当時の日本政府がシビリアンコントロールを失いつつあることを忘れているようだ。当時、日本政府は現地の日本軍を完全にはコントロールできていなかった。中央政府が攻撃を控えるよう命令しても現地軍がそれに従わなかったことも何度かあった。それと満州のことだけど、中国に満州を領有する権利はあったと思うな。それがないというのは、アメリカ合衆国にメイン州を領有する権利がないというのと同じだよ。満州は1600年代からずっと中国の一部だったわけだし…。


(動画主)

メイン州は自らの選択で合衆国に参加したわけで、これとは違うよ。中国は満州族によって征服されたけど、中国人はその支配を望まなかった。さらにいえば、中国が満州の一部になったことはあったけど、その逆、つまり満州が中国の一部になったことは一度もないんだよ。+1


eat2(不明)

アメリカがカナダの領有権を主張するといった方がたとえとしてより適切なんじゃない? どっちも大英国の一部だったわけだし、それになにより歴史的に近いものがあるしね。実際、アメリカは何度かカナダを領有しようとしたよね。


(動画主)

その通りだ。しかしこの場合、満州はイギリスにたとえる方がより適切だと思う。というのもどちらも支配者の故郷であるという点が同じだからだ。当時のイギリス国王だったジョージ三世がアメリカ植民地の王ではなくなった後も、イギリスとアイルランドの王であることに変わりはなかった。同様に、満州を統治した清朝皇帝が中国を統治しなかったとしても満州の皇帝であることに変わりはなかったはずだ。


eat2(不明)

満州は中国の一部ではない。これはジョージア(グルジア)にも同じことがいえる。スターリンがグルジア人だからといってジョージアがソ連の一部であるとはいえない。

 

 

広告

こちらもご覧ください→「満州は中国ではない」海外の人が作成した日本擁護動画が正論すぎてびっくり

スポンサードアド

これは情報戦です。敵は嘘を拡散しています。私たちは真実を拡散して対抗しましょう。この記事が拡散されることはそれだけ敵にダメージを与えることになります。情報戦の勝利のために積極的な拡散をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

励ましのコメントをお寄せくださった方へ。コメント欄にはできるだけしゃしゃりでないことをポリシーとしておりますので、失礼かとは存じますが、ここでまとめてお礼を申し述べさせていただきます。 ありがとうございます。孤独な作業でもあり、みなさんが想像する以上に、本当に、本当に励みになっております。今後とも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

Comment

  1. 匿名 より:

    今日このサイトを知りました。
    とても興味深く読ませていただいています。

    日本人ではない人がこういう発信をしてくれることはとても意味深く、本当に心強く嬉しく感じています。
    翻訳ありがとうございます。

  2. 匿名 より:

    こういう歴史検証物のサイトには必ずと言っていいほど外国人のフリした五毛党が湧いてくるのが定番ですね。そしてパターン化した文章を書きこんでくる。外国の方々もそれが皮膚感覚としてわかるようになればいいですね。

広告

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本は言霊のさきはふ国です。汚い言葉でのコメントは控えていただけると嬉しいです。汚い言葉は本人だけでなく日本国の誇りをも傷つけます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑